NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】心理的に攻めて勝率を上げよう!勝てない面白くないを解消する戦術

f:id:FPSgamer:20200715133641j:image

こんにちは、にゃーぐる(@FPS_Nyagle)です。この記事は約5分ほどで読みきれます。

今回は勝率を上げるために覚えておきたい心理的な戦術の紹介です。上級者の立ち回りを見ても「なにを考えて戦っているのかあんまり解からないなぁ・・・」という人向けになっています。かなり基礎的な内容になりますが少し覚えておくだけでかなり変わってくるので意識してプレイしてみましょう!

 

  • 心理的な戦術を使うとなぜ勝率があがるのか
  • 心理的に有利な戦術紹介
    • 敵より高所を取る
    • 待ち伏せをする
    • 漁夫の利
  •  まとめ

 

心理的な戦術を使うとなぜ勝率があがるのか

f:id:FPSgamer:20200715133925j:image

細かいことを学ぶ前になぜ勝率が上がるのかを話していこうと思います。(※めんどくさかったら飛ばして大丈夫です。)

大きく分けて2つあります。心理的に攻められると

  1. シンプルに気持ちが折れる(萎える)
  2. 逃げるか攻めるかでチームの判断が鈍る

数々の経験や修羅場を超えている猛者なら臨機応変に対応してきますが、ほとんどのプレイヤーは気持ちで負けることが多いです。気持ちで負けたプレイヤーは普段のパフォーマンスを出すことができず負けていきます。なので心理的に有利になる攻め方をすれば勝率に直結するわけです。

 

心理的に有利な戦術紹介

敵より高所を取る

f:id:FPSgamer:20200715134130j:image

よく立ち回りの解説動画でも見かける〝とにかく上をとれ〟というやつです。単純に上から下を撃つと頭から足まで全身が丸見えですが、逆に下から上を撃つと岩などで隠れてほぼ頭しか見えないという状態になります。なので敵より高所をとっていたほうが有利なわけです。

ただイチイチ解説しなくても感覚で大体のプレイヤーは理解しているはずです。この〝理解している〟ということが相手の隙を生みます。「下にいる=不利」というイメージから「ヤバイ!」「まずい!」などの焦りが生まれます。この焦りを何層にも重ねて冷静さを失くさせることを意識しましょう。

 

待ち伏せをする

f:id:FPSgamer:20200715134402j:image

卑怯とは言うまいな・・・

「正々堂々としてない」「汚い」「ゲスい」「人間のクズ」「絶対クラスで友達いない」「根暗」 多くの敵・味方・友達から呼ばれた異名は数知れず・・・〝待ち弾正〟にゃーぐるがオススメする最強戦術

 

 

待 ち 伏 せ

 

 

シンプルに待って懐深く潜り込んできたところを包囲・殲滅することが目的として作られたAPEX最強の陣形。ただ難易度も高いです。地形の把握・統率力の高さ・勝機を見逃さない才能 どれも必要不可欠な要素です。

まぁ、カッコつけて勝機だの統率力だの抜かしましたが実際のところ下の要点を押さえておけばOK

 

下の4つを完璧にこなせたなら君も待ち伏せマスターだ。

  1. 敵に待ち伏せしていることを悟らせてはいけない
  2. 小さい範囲で広がるように布陣する
  3. 「高所をとる」と併用する
  4. 仕掛けるタイミングを味方と合わせる

一番重要なのは〝待ち伏せしていることを悟らせてはいけない〟ということです。なので待つときは徹底して待ちましょう。ただ一試合ずっと待っているわけにはいかないのでリング収縮時に狙うのがおすすめです。

f:id:FPSgamer:20200715124535j:image

 例としてはリング収縮の少し前から陣形を整えておくのがベストです。高ランク帯では逆に待たれている可能性があるので気を付けましょう。(青:味方 赤:敵の動き

 

漁夫の利

〝不意打ち〟はバトロワの常とう手段です。【Apex Legends】漁夫のタイミングと対策!成功するか見極めるコツ! で細かいタイミングや成功するかの見極め方に関して書いているので参考にしてみてください!

blog.fpsnyagame.com

 

 まとめ

心理的に攻めるときに意識することは〝焦らせること〟

性格が悪いけど口が悪くない。それが真の猛者なのかもしれない・・・

 

以上!にゃーぐるの心理的に攻める戦い方でした!ゲーマー兄貴たちはよかったらフォローよろしくお願いします! 

 

続きを読む

【Apex Legends】敵の位置がどこかわからない!抑えるべき索敵のコツ【PS4 / PC】

f:id:FPSgamer:20200713035521j:image

この記事はこんな人におすすめ

・敵の位置がわからない
・索敵のやり方がわからない

こんにちは、にゃーぐるです!

ここでは絶対覚えておくべき基礎。〝索敵のコツ〟について詳しく話していきます!敵を見つけられるようになれば『爪痕バッジ』取得の役に立ったり、漁夫の対策になったりします。

索敵できるようになれば『基本的な立ち回り』や『射線管理のやり方』も自然と身につきます。『テクニック』や『小技』のように人を魅了できる派手さはないですが、重要性に関して言えばトップクラスです。

どんなに上手い人も共通して基礎がしっかりしています。彼らは「基礎のすごさを気づかせないくらい平然と使いこなしている」ということをよく覚えておきましょう!

上手くなるのに近道はないニャ!焦らず地に足をつけながら歩んでいくニャ!

 

注意

しっかりとしたPCやモニターなどが整っていることが前提となっています。環境が整っていない人は【FPS】流行のバトロワで敵が見えない!原因と対策一覧をご覧ください。

 

 

  • 索敵のコツは可能性を考えること
    • 通り道を見る
    • 痕跡を探す
    • マップを見る
    • 有利ポジション(強ポジ)を見る
    • 音を聞いて判断する
  • 組み合わせて索敵に磨きをかけろ!
    • 「マップを見る」+「音を聞く」+「通り道を抑える」
  •  最後に

 

索敵のコツは可能性を考えること

索敵のコツは〝居そうな位置〟〝来そうな位置〟を見ることです。

画面全体を見てヤミクモに探すのではなく、経験やマップや音などの情報を頼りに来る位置を予想して索敵します。簡単に使えるものから順に紹介していきます。

通り道を見る

「通り道を見ること」は初心者でもすぐ実践できる索敵術です。

f:id:FPSgamer:20200713151806p:image

画面全体からアリのサイズほどの敵を当たり前のようにポンポンと見つけるのは至難の業です。なので一番通る確率の高い〝道〟を抑えるようにしましょう!

 

痕跡を探す

f:id:FPSgamer:20200713040125j:image

いきなり某狩りのゲームのような表現になりましたが〝痕跡〟を見つけることも重要です。

例えば途中までサプライボックスが開いているのに、そこから先が開いていない場合「もしかしたら誰かが漁っている最中なのかも・・・」という予想することが可能です。

脳死して敵を探す回るより、小さな変化に気づいて予想しながら探したほうが簡単に見つけることができます。

 

マップを見る

f:id:FPSgamer:20200713040224j:image

マップに敵の位置が表示されるわけじゃないし見なくても・・・

キルをするにしても、逃げるにしてもマップを見ることはとても重要だニャ!

バトロワでは基本的にリングがあります。このリングを見ることが実は重要になってきます。合流地点になりやすい場所を軽く描いてみました。

f:id:FPSgamer:20200714132517p:image

「漁夫対策でリングギリギリで来るチーム」と「リングを食らいながら入って来るチーム」が合流地点でぶつかることがよくあります。

もし「もっと敵と戦いたい!」「キルがとりたい!」という人は積極的にリング際の合流地点に足を運んでみましょう!逆に「戦闘したくない」という人は大きく回って合流地点じゃないところから安置に入りましょう。

合流地点で待ち伏せしてれば心理的にも有利に戦えるニャ!

 

心理的に攻めて勝率を上げる方法についてはこちら

 

有利ポジション(強ポジ)を見る

位置どりが重要だと理解しているプレイヤーは確実に有利ポジションを取って来ます。

「あそことかいるんじゃね?」くらいの感覚でチラチラみるのがコツです。場所によっては2試合に1回は絶対いるというような場所もあるので抑えておきましょう。有利ポジと呼ばれる場所の共通点はこんな感じです。

・一望できる高い場所
・攻めづらい場所

アビリティやULTを使わないと待ち伏せされてしまうようなポジションはとても強いです。 やることがない時、そういう場所を優先して見るクセをつけましょう!

 

音を聞いて判断する

f:id:FPSgamer:20200713040508j:image

今までは〝目で敵を見つける方法〟についてを書いてきましたがバトロワは基本的に〝音で判断して戦う〟のが基本のゲームです。なのでしっかりと銃声や足音などを細かく聞けるデバイスを選んでおきましょう!

 

サウンドデバイスに関しては購入した方が良いです。
キーボードなどはそこまで大した差にならないですが、モニターとサウンドデバイスはかなり差がつきます。しっかり選んでほしいです。

 

僕は下のデバイスを使用して4000ハンマーを取りました!

これ以外にも、良いデバイスはたくさん売っているので後悔しないように選ぼう!

後悔したくないなら下の4つを意識しよう!

  1. 好みのデバイスを選ぶ(形や色)
  2. レビューを見る
  3. 実際に見に行って、手で触ってみる
  4. 値段を気にせず妥協しない!!
 
 

これから一緒に練習する相棒・・・悔いが無いように選ぶニャ!

 

組み合わせて索敵に磨きをかけろ!

 上の4つは索敵の〝基本〟です。慣れてきたらこれから書く組み合わせ技を試してみよう!「まだ基礎もできてないよ・・・」 というプレイヤーは基礎ができるようになった時もう一回この記事読みに来てね!

 

「マップを見る」+「音を聞く」+「通り道を抑える」

確率を考えながら通り道を抑えます。マップや銃声を頼りにどの位置から入ってくる可能性が一番高いのかを考えましょう。

この時一番重要になってくるのは自分の位置です。どの位置も一望できる完璧でスキのない有利ポジションをとれているなら油断さえしなければ大丈夫です。が、もし「あの位置に来られたら不利になるな・・・」と思う場所がある場合はしっかりと「コースティックの毒ガス」「ワットソンのフェンス」や投げモノなどで対策をしておきましょう。

【Apex Legends】チャンピオンになれない人が意外とやってない〝牽制〟のコツ

 

 最後に

以上が索敵のコツでした!敵の発見率が高くなれば戦闘できる回数も増えるし、逃げる時の方向に迷わなくなったりと良いことづくしです!

こういった〝深い基礎〟はいろんなゲームで使うことができます。他にもいくつかあるので、もっと深い基礎が知りたいという人は【Apex Legends】上手くなるために必要な〝より深い基礎〟【PC】をご覧ください。

 

それではまた他の記事でお会いしましょう! 

普段ツイッターで動画をあげたりテクニックの記事を貼ったりしてるのでぜひチェックしてみてください!!

 

  

続きを読む

【VALORANT】クロスヘア(レティクル)のおすすめ設定

f:id:FPSgamer:20200703064752j:image

こんにちは、にゃーぐるです。(@FPS_Nyagle

今回は『Valorant』のレティクルの設定についてです。

レティクルに正解はないので個人的にオススメの設定をいくつか紹介していきます!気に入ったのがあったら設定してみてね!

 

  • クロスヘア(レティクル)とは
  • クロスヘアの細かい用語解説
    • センタードット
    • インナーライン
    • アウターライン
  • おすすめのクロスヘア(レティクル)紹介
    • まとめ

 

クロスヘア(レティクル)とは

f:id:FPSgamer:20200629083131p:plain

腰撃ち時に画面に中央に表示されているものです。一言で言うなら照準です。『Valorant』ではこのクロスヘアの大きさや形などを自分好みに変更することが可能です。

頭にどっちが先に当てられるかで勝敗が決まってしまうゲームなのでしっかりと設定して最高のパフォーマンスを引き出せるようにしておきましょう!

 

クロスヘアの細かい用語解説

センタードット

センタードットはクロスヘアの中心に存在する点のことを指します。大きさ不透明度などを調整することが可能です。

インナーライン

インナーラインは十字線のことです。主に長さや厚さ、不透明度などを調整することができます。

アウターライン

アウターラインは移動したときの精度を表してくれます。ただどう動いたら精度が落ちずに済むのかなどを理解しているプレイヤーには不必要なラインだと思います。

初心者のプレイヤーはアウターラインをしっかり設定して効率のいい動き方や撃ち方などを学びましょう。

 

おすすめのクロスヘア(レティクル)紹介

f:id:FPSgamer:20200630043615p:plain

基本的なクロスヘアをギュッと小さくした感じ。結構な頻度で見かける。単純に小さいのでしっかりと狙うことが可能です。

【設定方法】

インナーラインの不透明度 1

インナーラインの長さ 8

インナーラインの厚さ 3

インナーラインのオフセット 0

センタードットとアウターラインの不透明度を0にしたら完成します。

 

f:id:FPSgamer:20200703041145p:plain

十字線を細くしてすこし伸ばした型。線が細くスタイリッシュな型なので敵をしっかりと視認しながら戦闘することができます。また輪郭を付けることで周りのテクスチャとメリハリがつき狙いやすくなります。

【設定方法】

輪郭の不透明度 1

輪郭の厚さ 1

インナーラインの不透明度 1

インナーラインの長さ 10

インナーラインの厚さ 3

インナーラインのオフセット 0

こちらもセンタードットとアウターラインの不透明度を0にしたら完成します。

 

f:id:FPSgamer:20200630043611p:plain

ヘッドで仕留めることにロマンを感じる変態やシンプルなデザインが好きだという人におすすめです。

基本的な十字のデザインと比べてかなりシンプルなデザインになっていて画面に1点しか表示されていないため心なしか集中することができます。

ちなみにですが、にゃーぐる(執筆者)はこのクロスヘアを使用しています。

【設定方法】

センタードットをオン

センタードットの不透明度 1

センタードットのサイズ 4

インナーラインとアウターラインの不透明度を0にして完成です。

 

まとめ

冒頭で述べたようにどのレティクルが正解というのはないので気に入ったレティクルを選んで使って見てください。この記事で紹介されたものの中に気に入ったものがなければ自作することもオススメです!

 

お わ り

Twitterなどもやっているのでよければ運営継続のためにもフォローよろしくお願いします!

 

 

続きを読む

【Apex Legends】種類別「ハンマーバッジ」の取り方を徹底解説

f:id:FPSgamer:20201031191225j:plain

ハンマーが取れない・・・

そんな悩みを解決していきます。

 

この記事では各ハンマーの立ち回り方法やオススメの武器構成などについて話しています。
バッジを取るためにやっていることを覚えられれば、入手のイチバン難しい4000ハンマーも夢じゃなくなります。

 

バッジを集めてプロフィールをおしゃれにできるよう頑張るニャ!

 

  • ハンマーバッジとは 
  • 立ち回りとおすすめの武器
    • 2000ハンマーと2500ハンマー
      • 取得方法
      • おすすめの武器
    • 3000ハンマー
      • 取得方法
      • おすすめの武器
    • 4000ハンマー
      • 取得方法
      • おすすめの武器
  • 最後に

ハンマーバッジとは 

f:id:FPSgamer:20210103192809j:plain

『Apex Legends』に出てくるバッジの名称です。ハンマーは〝強さの象徴〟として機能しており、多くのプレイヤーが憧れ目標にするバッジのひとつです。

全部で「4種類」存在していて、取得難易度の低いモノから順に 2000→2500→3000→4000となっています。

どのハンマーも「1試合中に与えたダメージ」がそれぞれの数字を越えることで取得することが可能です。

 

 

立ち回りとおすすめの武器

f:id:FPSgamer:20200715134402j:plain

各ハンマー別の立ち回りを軽く紹介しています。意識することやおすすめの武器なども紹介しているので、欲しいハンマーのところを読んでみてください!

※ここで細かい説明をしてしまうと長文になってしまうため、短い解説になっています。ハンマー別のより詳しい解説記事を現在作成しています。しばらくお待ちください。

完成次第Twitterに投稿するニャ!

 

2000ハンマーと2500ハンマー

f:id:FPSgamer:20201030155403p:plain

f:id:FPSgamer:20201030155405p:plain

初心者時代に誰もが憧れるハンマー。

「2000ハンマーを取ろうと思ってたら、2500が取れた」なんて話もよく聞くので、ひとつにまとめています。

 

取得方法

1試合で2000/2500ダメージ以上を稼ぐことが条件です。

このハンマーで意識することは〝しっかりと敵に当てる〟ということです。ただその前に基礎的な動きを知っておく必要性があります。主に以下の3つが最低限求められます。

 

・射線管理
・敵の索敵
・基本的な立ち回り

 

しっかり当てても序盤や中盤で負けてしまってはダメージが伸びません。なので、より正確にいうなら〝最後まで生き残る〟 かつ 〝しっかりと敵に当てる〟 という2つが必須になるわけです。

ちなみに、取得難易度の高いバッジでは〝最後まで生き残る〟ことが基本になってくるので、そのためにも上で紹介した3つをできるようになっておきましょう 。

ひとつでもできるようになるだけで生存率は大幅に上昇するニャ!

 

射線管理→ノックダウンが減る!?射線の切り方・射線管理のコツ!

敵の索敵→敵の位置がどこかわからない!抑えるべき索敵のコツ

基本的な立ち回り→瞬殺されちゃう初心者必見!立ち回りの基本を徹底解説! 

 

おすすめの武器

・トリプルテイク
・R-301
・フラットライン
・スピットファイア
・ボルト

 

ハンマーを取るにはしっかりと当てることが重要になってくるので、安定性のある武器がオススメです。G7スカウトやロングボウがオススメされることが多いですが、自分の身の丈にあった武器を選択しましょう。

 

注意

ここで紹介した武器は「2000ハンマーを取りたいという人」のレベルを考えて選んだものです。これ以外に「もっと使いやすい武器があるよ」という場合そちらを使ってもらって大丈夫です!

 

序盤の動き方や中盤以降の動き方について解説しています。詳しくは【Apex Legends】2000/2500ハンマーの取り方・武器構成のより詳しい解説をご覧ください。

 

 

3000ハンマー

f:id:FPSgamer:20201030155406p:plain

中級者や上級者と呼ばれるようなプレイヤーが所持していることの多いハンマー。通称『縦ハン(縦ハンマーの略)』

 

取得方法

1試合で3000ダメージ以上を稼ぐことが条件です。

このバッジから〝ダメージ稼ぎ〟が重要になってきます。ダメージ稼ぎで使うのは〝確殺〟です。なので基本的に近距離での戦闘がメインになります。

 

近距離で連戦を重ねるなら「漁夫」を覚えておく必要性があります。引くタイミングや攻めるタイミングなどの立ち回りを覚えることで、生存率が飛躍的に向上します。

 →【Apex Legends】うざい漁夫に悩まされてる人向け!漁夫対策とタイミング!

 

おすすめの武器

・R-99
・R-301
・フラットライン
・ボルト
・ショットガン系

 

確殺がカギになる3000ハンマーでは、確殺のためにショットガン系を1本持つことがオススメです。ショットガンだと1、2発で確殺することができるので時間をかけずに済みます。

 

4000ハンマー

f:id:FPSgamer:20201030155411p:plain

「爪痕バッジ」と並び評される猛者の証 そして最高位のバッジ。通称『ダブハン(ダブルハンマーの略)』

 

最高難易度のハンマーだニャ・・・頑張るニャ!!

 

取得方法

1試合で4000ダメージ以上を稼ぐことが条件です。

2000/2500ハンマーでの立ち回りと3000ハンマーの立ち回りを併せていきます。序盤は確殺を入れて ダメ稼ぎ  中盤以降は中距離から回復させたり蘇生させたりして ダメ稼ぎ します。

 

降下場所は激戦区がおすすめです。正直4000ハンマーに関しては〝運の要素〟が強く初動でどれくらいダメージを稼げるかも重要になってきます。

より詳しい解説は「4000ハンマーを取るための動き」でするのでしばらくお待ちください。

 

おすすめの武器

・R-301
・R-99
・フラットライン
・ボルト
・G7スカウト
・ヘムロック
・トリプルテイク
・ウィングマン

・ショットガン系

 

序盤以外は中距離からのダメージ稼ぎが基本になってくるので、中距離系の武器を一本持っておきましょう。中距離で当てられる武器なら何でも大丈夫なので得意なモノを選びましょう!

個人的には単発のヘムロックやトリプルテイクがおすすめです。

 

 

最後に

f:id:FPSgamer:20201017073606j:plain

以上が『各ハンマーバッジの取り方』でした。

ハンマー取得において、一番重要なのは間違えなく〝基礎〟です。「エイム力がないから~」とよく聞きますがエイム力だけが強さではないです。

 

「立ち回り」や「カバー」などの〝より深い基礎〟を学ぶことで 生存率を上昇させることができます。野良の強さはピンキリですが、自分が円滑油になることで〝チーム〟としてうまく機能する場合があります。

 

当サイトではこの〝より深い基礎〟に関しての記事をまとめています。読んでくれたらうれしいです!

 

それではまた別の記事でお会いしましょう! 

普段ツイッターで動画をあげたりテクニックの記事を貼ったりしてるのでフォローしてくれると嬉しいです!

 

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】『ウォールジャンプ』のやり方と簡単にする設定方法!【PC】

f:id:FPSgamer:20200515134109j:plain

この記事はこんな人におすすめ

・壁ジャンプを覚えたい
・タイミングやコツが知りたい

 

今回は上級者や猛者が使いこなす『ウォールジャンプ(壁ジャンプ)』について話していきます!

『ウォールジャンプ』を使いこなせれば、意表をついた立ち回りができるようになります。戦闘でも逃げでも役に立つので余裕があれば覚えてみましょう!

 

注意

基礎ができていないと実戦で使うのは困難です。「基礎ができていない」という人は【Apex Legends】撃ち合いが強くなるテクニック・小技!【PC】で、簡単に勝率があがる別のテクニックをいくつか紹介しているので参考にしてみてください。

 

 

  • ウォールジャンプとは
    • 使える場所
      • 壁・塀
      • 棒・柱系 
    • キーボードとマウスの設定 
  • ウォールジャンプのやり方
    • ウォールジャンプのコツ
      • タイミングの問題
      • 「壁にぶつかる瞬間」のボタン
      • 壁と接触時の角度
    • ウォールジャンプ【応用編】
  • 最後に

 

ウォールジャンプとは

壁をジャンプするテクニックです。別名:壁ジャンプ

冒頭でも述べたように攻撃にも逃げにも使える高難易度テクニックです。ウォールジャンプは入力のタイミングがシビアで成功率が低い点から、実戦で使えるのは〝一部の極めた者のみ〟となっています。

この動画を見ればわかるように攻撃で使う場合は、敵の位置を把握する能力やエイム力も求められます。

 

使える場所

やり方を覚える前にどういうところで使えるのかを書いておきます。

壁・塀

f:id:FPSgamer:20200515130227j:plain

f:id:FPSgamer:20200515130245j:plain

棒・柱系 

f:id:FPSgamer:20200515130228j:plain

 

注意

高さが足りないと「クライミング」に移行しちゃうから気をつけよう!

 

 

 

キーボードとマウスの設定 

f:id:FPSgamer:20201108024449j:plain

ウォールジャンプに限った話ではないですが、キャラコンを覚える上で一番重要になってくるのがキーボードとマウスの設定です。

設定を変えなくても使用することはできるのですが・・・

 

じゃあ変えなくていいや。

ちょ〜〜と待ったぁ!実戦で使う時を想像してみてほしいニャ・・・

 

実戦で使う時は「敵から逃げている時」「戦っている時」以外ありません。 戦っている時、通常の操作にキャラコンのテクニックを足し、さらにエイムもすることを考えたら・・・

 

キャラコンの操作を簡単にした方が良くね?

 

【Apex Legends】初心者におすすめのキーボード設定とボタン配置!【PC】

 

ウォールジャンプのやり方

まず、動画を見ながら流れをつかんでみてください!

  1. 走って最高速度まで上げる
  2. 壁の手前でスライディング
  3. 勢いを失速させないようにしながらジャンプ(スペース)
  4. 壁と接触した瞬間にもう一度ジャンプ(ホイール)

 

ウォールジャンプのコツ

ここでは「ウォールジャンプができない!」という人が、よくつまずく点を解説します。

タイミングの問題

タイミングがかなりシビアで「説明通りやってるのにできない・・・」という人をちらほら見ます。1回目のジャンプは適当で良いのですが、2回目のジャンプは集中していきましょう。

対策としては〝マウスホイール〟を使います。キーボードとマウスの設定方法で話した通り〝絶妙なタイミング〟を「入力の多さ」でカバーすることができます。

 

「壁にぶつかる瞬間」のボタン

2回目のジャンプの瞬間から「W」を押さない。1〜4まではボタンを押したりタイミングを気にしたりとめんどくさいですが、4が終わった瞬間から左手は何もしなくていいです。(※ホイールにジャンプを割り当てていることが前提)

なんなら、ホイールを入力し始めた時と同じタイミングでキーボードから手を離して大丈夫です。

 

壁と接触時の角度

f:id:FPSgamer:20201208184557p:plain

上の画像くらいの角度でできるようになるまで練習しましょう!最初はウォールジャンプを使うことが重要です。

進入角が狭すぎる(壁に近すぎると)、壁を蹴らずクライミングに移行してしまいます。細かい角度に関してはわからないので色々試してみてください。

 

平行した壁でどうしてもやりたい場合は下のウォールジャンプ【応用編】」をご覧ください。

 

ウォールジャンプ【応用編】

f:id:FPSgamer:20201209171727p:plain

この記事で紹介したのは〝ウォールジャンプ〟単体です。空中で方向を変えるキャラコンと併せることで平行の壁でも使えるようになります。【図を参照】

 

「空中移動」と「ウォールジャンプ」の両方が使えるようになって初めて完成します。ウォールジャンプ単体が簡単に使えるようになったら、次のステップとして「空中移動」も覚えてみたらどうでしょう!

【Apex Legends】壁ジャンプの成功率を上昇させる!空中で方向を変える小技!

 

最後に

以上がウォールジャンプのやり方でした!ウォールジャンプは他のキャラコンと比べてもタイミングがシビアで実戦で使うのは類い稀なセンスが必要になってきます。

〝エイム力〟〝空間把握能力〟〝正確なコマンド入力〟〝自信のどれも欠けてはいけません。「ウォールジャンプは問題なくできるのになぁ・・・」と感じている場合は他の要素が出来ていない可能性があるので1つずつ改善していきましょう!

 

〝習得〟と〝体得〟は違うニャ。練習あるのみ!!

 

それでは他の記事でまたお会いしましょう!

普段ツイッターで動画をあげたりテクニックの記事を貼ったりしてるのでフォローしてくれると嬉しいです!

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】キャラコンとは?テクニックの紹介とやり方【PC】

f:id:FPSgamer:20200507050822p:plain

この記事はこんな人におすすめ

・どんなキャラコンがあるか知りたい
・キャラコンを覚えたい

 

この記事ではいろんなキャラコンの紹介とやり方・コツについて詳しく話しています!

この記事では簡単にできるものから順に紹介していますが、キーボード操作に慣れている人は自由に選んで大丈夫です。やりたいものを選んで練習してみましょう!

こんな感じで応用すれば、戦闘中にも使うことができるようになるので頑張っていきましょう!
 

 

  • キャラコンとは?
  • キャラコンの紹介と練習方法
    • スライディング関係
    • ジップハイジャンプ
    • Dizzy式ジップライン
    • ウォールジャンプ
  • 最後に 

 

キャラコンとは?

f:id:FPSgamer:20200515133755j:plain

キャラコンとはキャラクターコントロールの略」です。 「キャラクターコントロール」とはキャラクターを操作することを言います。

 

極めれば滑らかで無駄のない動きができるようになり、被弾を抑え勝率を上げることができます。キャラコン=派手な動きのイメージが持たれがちですが、実際は地味なキャラコンも多く存在しています。

普段のプレイでは見慣れないような動きができることも特徴で、戦闘中に使えば敵の意表をつくことができます。ただ操作も簡単ではないのでエイムをする余裕を作れるくらい何度も練習して体得しましょう!!

 

注意

地味なキャラコンを当たり前のように使えることで派手なキャラコンの成功率があがります。地味だからと言ってスルーしないようにしましょう。

 

キャラコンの紹介と練習方法

f:id:FPSgamer:20201205175401p:plain

基本的なキャラコンから順に紹介していきます。前半の方は地味ですが、キャラコンの基礎となる部分なので絶対に抑えておいてください!(主にスライディング)

 

スライディング関係

f:id:FPSgamer:20201120025603p:plain

キャラコンの基礎。APEXの中でも使う回数が多いスライディングです。 

動きに派手さがないので意外と無視しがちですが、スライディングできる場面で使えるプレイヤーと使えないプレイヤーでは差が〝圧倒的〟です。

クライミングした直後に加速するスライディングや、ジャンプ着地後に使えるスライディングなどを紹介しています。

【Apex Legends】加速して被弾を減らす!いろんなスライディングのやり方!【PC】

〝使用頻度の高さ〟が差になりやすいニャ!

 

ジップハイジャンプ

ジップラインを使ったキャラコンです。

こんな感じで高くジャンプすることができます。これを使って「登りアクション」をカットしたり、戦闘中に変化を加えるために使ったりと使い方は多岐にわたります。

1試合に1回は触れるジップライン。ジップラインで使えるテクニックのやり方を知っているかどうかで生存率が変わってきます。

テクニックの中でも使う頻度が多い方なので覚えておきましょう!

 

Dizzy式ジップライン

上の記事でも紹介している高等テクニック「Dizzy式ジップライン」です。

縦についてるジップラインで使えるキャラコンです。普通は縦に登って行くだけですが「ジップをつかむ」→「ジャンプ」→「ジップをつかむ」→「ジャンプ」を繰り返すことで〝弾除け〟や〝待ち伏せ対策〟をすることができます。

少し難易度が高いですが慣れてしまえば忍者のように移動することもできるようになります!→【Apex Legends】Dizzy式ジップラインのやり方とコツ!【PC】

カッコいいし使い所も多いし!1番おすすめのテクニックだニャ!

 

ウォールジャンプ

「ウォールジャンプ」は壁を蹴ってジャンプするテクニックです。逃げる時に使えば「登りアクション」を短縮することができ、戦闘中に使えば普通のプレイヤーとは明らかに異なる戦闘スタイルになります。

実戦で使うとなると失敗は許されません。逃げるにしても戦うにしてもしっかり『ウォールジャンプ』ができていないと〝ただ壁にぶつかっただけ〟になってしまいます。

他のキャラコンと大きく違うのは〝タイミング〟です。タイミングがシビアすぎる故に、焦っている実戦では成功率が低くなってしまいます。

習得も難しいですが、使いこなすのはもっと難しい。そんな癖の強いテクニックのやり方や簡単にする設定方法は下の記事からどうぞ

【Apex Legends】『ウォールジャンプ』のやり方と簡単にする設定方法!【PC】

 

最後に 

以上キャラコンの紹介でした!

初めのうちは難しいと思いますが練習していれば感覚がつかめてきます。とにかくやり続けること!」それが一番重要です。

練習あるのみニャ!

 

それではまた他の記事でお会いしましょう! 

普段ツイッターで動画をあげたりテクニックの記事を貼ったりしてるので、フォローしてくれると嬉しいです!

 

【オススメの記事】

にゃーぐるが今まで投稿してきたAPEX関連の記事の中から本当に必要なもの「キーボード・感度の設定」「射線管理」「エイム上達の練習方法」「立ち回り(基礎から応用まで)」「ウォールジャンプなどの小技・テクニック」をまとめた記事になっています。

 

 

続きを読む

【Apex Legends】瞬殺されちゃう初心者必見!立ち回りの基本を徹底解説!

f:id:FPSgamer:20210107155558j:plain

敵の位置がわからないまま、気づいたらいつも負けてる。

そんな悩みを解決していきます。

 

今回は立ち回りの基本や意識することについて詳しく話していきます!

 

立ち回りを覚えられれば、ノックダウンしなくなったり、有利に戦闘を行えるようになり最後まで生き残れるようになります。最後まで生き残れれば戦闘する回数も必然的に多くなるので、一試合でたくさんの経験を積むことができ、効率よく「エイム力」などを成長させることが可能です。

注意

この記事は敵の位置は分かることが前提になっています。「そもそも敵の位置がわからない」 という問題に直面しているプレイヤーは『ノックダウンが減る!?射線の切り方・射線管理のコツ! 』で詳しく敵の位置を把握するコツを説明しているのでそちらをご覧ください。

 

どんなに強いプレイヤーでも初心者の時代は必ず存在します。一番最初から上手い人はいません。センスがないと嘆かず「自分が足りていないものはないか」を一個ずつ確認してみてください!

発見できたら弱点を克服すればいいだけニャ!

 

  • 戦闘時の立ち回り
    • 高所を取る
      • 有利ポジション・不利ポジション
      • カウンターしやすい
    • 遮蔽物(しゃへいぶつ)を探す
    • 各個撃破を心がける
    • 回復/蘇生するタイミング・カバーについて
  • 場面別の立ち回り
    • 漁夫・漁夫対策
    • 初動・初手降り
      • 敵と降りる場所が被った場合
      • 被らなかった場合
    • 最終局面
  • 最後に

 

この記事は〝初心者が負けないようになるための〟記事です。なのでより具体的な内容にするため、立ち回りを大きく2つに分けて解説しています。

  1. 戦闘時の立ち回り
  2. 場面別の立ち回り

 

「戦闘時の立ち回り」では主に交戦する直前にやることや、回復/ 蘇生するタイミング、カバーに関しての解説。

「場面別の立ち回り」では初動や最終局面、漁夫などの判断が難しい立ち回りに関しての解説となっています。 

 

 

戦闘時の立ち回り

f:id:FPSgamer:20201213033457p:plain

「交戦する!」と決めた瞬間から使える立ち回りを紹介していきます。「高所を取る」理由や交戦するときにどういうプレイをすれば良いのかを具体的に書いています。

ここを読めば「戦闘中にどう動けば良いかわからない」という問題などを解決することができます。〝立ち回りの基礎〟として飛ばさず読んでみてください。

 

高所を取る

f:id:FPSgamer:20200412040902j:plain

「なぜ高所を取ったほうがいいの?」

その理由を細かく解説していきます。強い人が高所をよく取る理由がわかるはずです。

 

戦闘するときのコツですが、常に上をとることを意識しましょう。高所を取ることによって敵が思うことは以下の2つです。

・狙いづらい
・攻めづらい

 

逆に上からは狙いやすく、守りやすいです。ただポジションが上か下かというだけで、気持ちにこれだけ影響を与えます。

仮に上でノックダウンしたとしても、簡単には攻めて来れないので蘇生の余裕がありますし、すぐに敵が攻めてきたとしても地形的に有利なので2対3でも勝ち筋があります。

 

「攻める時はとにかく上から」を常に意識しておきましょう。 

高所を取ることの大事さがちょこっと伝わったと思います。が、「なんで狙いづらいの?」などの疑問が残っていると思うので、もう少し深堀していきます!

 

有利ポジション・不利ポジション

「狙いづらい」の解説をしていきます。上と下で撃ち合うことを想定した画像を用意しました。

f:id:FPSgamer:20201218041910p:plain

f:id:FPSgamer:20201218044100p:plain

上からだと敵(ここではダミー)の全身が見えています。

次にダミーの後頭部から撮影した、上をとっているプレイヤーの写真です。

f:id:FPSgamer:20201218041913p:plain

f:id:FPSgamer:20201218042119p:plain

「完全に撮影を協力してくれない友達がいない」という問題に直面してることがわかってしまう1枚です。なんとなくクリプトからも哀愁が漂ってきます。

 

じゃなくて!本題は下から見ると上半身しか見えないということです。

自分で自分を撮影してるので影が透けてみえてしまっています。もう少しわかりやすく編集してみます。

f:id:FPSgamer:20201218043150p:plain

はい。編集してきました。

足が岩で隠れています。一枚前の画像と見比べればわかると思いますが、全体の1/2くらいしか見えてないです。これが一つ目の高所を取るべきメリットです。

 

「狙いづらい」の本質を理解したところで次に進んでいきます。

 

カウンターしやすい

次に「攻めづらい」の解説です。下の敵が上に攻めるなら間違いなく、クライミングをしなければいけません。

ここでは小さな家を例に話していきます。「別にクライミングくらいよくね」と思うかもしれませんが「登りモーション」を甘く見てはいけません。

f:id:FPSgamer:20200423194629j:plain

このモーションには登るのに力を入れすぎて銃が撃てなくなるという戦場において〝最も致命的なスキ〟が存在します。

上にいるプレイヤーは音をしっかり聞いて、待つだけで簡単に返り討ちにすることができます。

注意

スキを絶対に逃さないようにしよう。
スキを逃すと一気に劣勢になるよ、恋愛と同じ(誰うま)

 

ちなみにプラチナ帯以上になってくれば、この「登りモーション」のスキをついて当たり前のようにカウンターしてきます。そんなときに役に立つのが「壁ジャンプ(ウォールジャンプ)」だったりします。

派手さがあってカッコいいですが、最優先で覚えるべきものではないのでオススメしていません。「こんなテクニックがあるんだ~」くらいでOKです!

(※どうしても知りたい人は上の動画の下にやり方の記事を貼っておくので、そちらから飛んでください。)

 

以上が「高所を取る」についての解説でした。逆に高所の敵と戦わなければならない時もあります。チームメイトの実力や物資の量などを配慮して、逃げるか戦うかを決めましょう!

 

 

遮蔽物(しゃへいぶつ)を探す

壁や塀、岩などの遮蔽物を利用して移動しましょう!基本的に開けた場所を走るのはNGです。「射線管理」と組み合わせれば大幅に被弾を抑え、ノックダウンを減らすことができます。

【NG例】

f:id:FPSgamer:20201225041001p:plain

撃たれた時すぐ隠れられる場所がない場合、開けた場所を走っている証拠です。はじめのうちはとにかく〝意識して〟立ち回ってみましょう!

 

ある程度慣れてくれば、過去に負けた経験などによって「感覚」で出来るようになりますが、初心者時代は「もし、敵に撃たれたらここに隠れよう!」くらいの意識を持ってプレイすることがオススメです。

何度もプレイしてれば慣れてくるニャ!それまでは意識するニャ!

 

 

各個撃破を心がける

 

f:id:FPSgamer:20201222074432p:plain

『Apex Legends』は3人1組が基本のバトロワです。敵のチームを2人と1人に分断して対1の構図を作り、これを繰り返すことを意識しましょう。

ダイヤ帯レベルになれば、アークスターやグレネードなどで牽制をかけて分断したり、レイスのポータルで1人だけ捕まえて来たりといろんな方法があります。

  

ただ、それは難しいので・・・ここでは各個撃破する方法ではなく〝されない方法〟を紹介します。

「攻撃は最大の防御」と言いますが、これは攻撃力がなければ成立しません。

一方的に撃たれてしまう初心者プレイヤーには少し難しいと判断しました。なので、チームプレイについて軽く話していきます。

心掛けることは以下の3つ

・はぐれないこと
・ビビらないこと
・とにかく撃つこと

 

チームプレイというにはかなりざっくりしてますし、中級者以上が見れば「は?」となってしまうでしょう。ですがとにかく「戦闘に参加して連携が決まった時の楽しさ」「敵を倒した時の気持ちよさ」「銃声の良さ 」を経験してほしいです。

挫けず何度もプレイしていれば操作にもなれて、動きも良くなっていくはずです!

恐れずとにかく楽しむニャ! 

 

 

回復/蘇生するタイミング・カバーについて

f:id:FPSgamer:20201222110413p:plain

これができるようになれば、まぎれもなく〝チームプレイ〟です。いままでの「役に立てない」という歯がゆさも消えることでしょう。

上で紹介しなかった〝各個撃破〟についても詳しくここで触れています!ぜひ読んでみてください!

 

 

 

場面別の立ち回り

f:id:FPSgamer:20201227150703p:plain

場面別の立ち回りです。上で話した「戦闘時の立ち回り」は言わば〝基礎〟なので、ここから紹介する「場面別の立ち回り」でも意識して使ってみてください。

 

漁夫・漁夫対策

『漁夫(ぎょふ)』とは、敵チームが戦いあってボロボロになっている所に攻めることを言います。かなり卑怯な技のように見えますが、戦場に卑怯など存在しません。ガンガン使っていきましょう。

初心者から中級者になるには漁夫のタイミングや対策を覚えることが必須です。ほとんどのプレイヤーが使ってくるのでしっかり押さえておきましょう。

 

ただ!初心者は〝余裕があれば〟で大丈夫です。この記事の執筆者(@FPS_Nyagle)はゆっくり一歩ずつできるようになればいいと思っています。この記事だけでも長いので・・・先を急がず、また別日に読みに来てくれたらうれしいです!!

 

 

初動・初手降り

 

降下するときの立ち回りから解説します。

  1. 周りを見渡し、敵がいないかを警戒
  2. 降りる建物にピンを指す

この2つだけでもやっておくだけでかなり違います。もう少し余裕があるなら、どこに何チーム降りているかなども頭に入れておきましょう。

 

敵と降りる場所が被った場合

味方同士、近い位置に降りましょう。「各個撃破」を忘れてはいけません。とにかく1人がはぐれる(遠くに降りる)ことはないようにしましょう。

3対1が理想ですが、3対3でも問題はないです。もっとも最悪なのは1対3になることです。これだけは何としても阻止しましょう。

 

被った部隊数が3部隊以上の場合は、「漁夫の立ち回り」を使って突破しましょう。物資がなかったら逃げるのも視野に入れよう!

 

被らなかった場合

ラッキーです! 建物にピンを指してチームの漁る(あさる)スピードを上昇させましょう。この時、味方が漁った場所は漁らないことがコツです。

序盤は物資の差が勝敗を左右することがあります。近場の集落やサプライボックスのある場所に移動して物資を極力集めましょう!

 

短時間でたくさん漁れるように心掛けるニャ!

 

 

最終局面

終盤で気に掛けることは〝残りの部隊数〟です。右上に表示されています。

f:id:FPSgamer:20201222013021p:plain

上の画像の左側が残りの部隊数です。ここには自分のチームも含まれているので注意しましょう。(例:残り3部隊の場合 自分のチーム & Aチーム & Bチーム )

 

最終局面は基本的にガツガツいかず、複数の部隊が交戦し始めるまで待つことがオススメです。

リングが小さくなり漁夫祭りになりやすいです。複数パーティーでの戦闘は極力さけて最後の1部隊だけを狙いましょう。なので動きとしては

  1. 「3部隊残存」から行動を始める
  2. 銃声が聞こえたら間合いを詰める
  3. しばらく観戦
  4. 勝った方のチームを攻めます

 

 いわばただの「漁夫」です。

 

もし2部隊残存だったら・・・?

しっかりと回復して安置を先に取ることを心がけましょう。先に安置に入っておけば強いポジションを取れるので、戦闘面で有利になります。

(※最終安置が開けている場合だと、先に行くと不利になるケースも存在するので臨機応変に対応しましょう。)

 

「調査ビーコン」が使えればもっと最高です。

 

 

最後に

以上が立ち回りの基本についての解説でした。お疲れさまでした!

 

それではまた他の記事でお会いしましょう! 

普段ツイッターでは動画などをあげたりテクニックの記事を貼ったりしているのでフォローしてくれるとうれしいです!

 

続きを読む

【Apex Legends】初心者向けのランクマッチ解説!効率良くポイントを稼ぐコツ! 

f:id:FPSgamer:20200419232543p:plain

この記事はこんな人におすすめ

・ブロンズ帯から上がれない
・シルバー帯から上がれない
・ゴールド帯から上がれない

こんにちは、にゃーぐるです。

この記事ではランクマ(ランクリーグ)のルールと降下するときの注意点や立ち回りのコツなどを書いています。

ランクマッチのルールを理解しているという人は目次から読みたいところまで飛んでください!

 

  • ランクリーグとは
    • 昇格に必要なランクポイント(RP)
    • ランクポイントの取得方法 
    • ランクごとの参加費
  • ポイントを稼ぐために意識すること
    • 降下場所
    • 自分の降りるところにピンをさす
    • 周りの索敵
  • ランクマの立ち回り
    • 漁夫ムーブ
    • 忍者ムーブ
  • 戦闘で意識すべきこと
    • チームプレイ
    • 撃ち合いで意識すべきこと
  • 最後の手段
    • サーバーを変更してみる

 

ランクリーグとは

 

同じレベルのプレイヤーとマッチングして腕を試すモードです。

昇格や降格があるのでどのプレイヤーも隙のない動きをしてきます。隠れたり逃げたり、漁夫ったりと〝勝ち〟に固執したプレイが多いのが特徴で、普段のマッチとは一味違うピリピリとした雰囲気が楽しめます。

またリーグが閉幕した時のランクに応じて報酬を受け取ることができるので目標にしてみましょう。(※ウェーブ軌道と呼ばれるかっこいい降下エフェクトや武器のチャームなど)

 

昇格に必要なランクポイント(RP)

ランク名 昇格に必要なポイント
ブロンズ 0RP
シルバー 1200RP
ゴールド 2800RP
プラチナ 4800RP
ダイヤ 7200RP
マスター 10000RP
APEXプレデター 上位500人のプレイヤー

どのランク帯も共通して、ブロンズ Ⅳ→ブロンズ Ⅲ→ブロンズ Ⅱ→ブロンズ Ⅰ→シルバー Ⅳ という感じで昇格できます。

仮に連敗したとしてもランクが落ちることはないので安心してください(例:シルバー Ⅰ →シルバー Ⅱに降格することはありますが、シルバー Ⅳブロンズ Ⅰ になることはありません

要するにシルバー帯になった時点でシーズンが終わるまで永久にブロンズになることはないということです。ゴールドもプラチナもダイヤも同様です。 

 

ランクポイントの取得方法 

ランクマッチの取得方法は主にキル(キルアシスト含む)ポイントと生存ポイントの2種類あります。キルすればポイントがもらえますが順位に応じて倍率が変わるので「生存しながらキルを取る」というのが一番合理的と言えます。

またキルポイントの取得はアシストを含めて最大5キル分のポイントしかもらえないので気をつけてください!

5キル2キル+3キルアシスト5キルアシストキル+4キルアシスト といった感じでどのパターンでも同じポイントしかもらえません。倒しまくればいいということじゃないことを覚えてくれればOKです。 

f:id:FPSgamer:20200419232711p:plain

ランクマッチのキルポイントと生存ポイントの表です。プレイしていればポイントについて理解できるようになるので「ちょっとキル(アシスト)して5位くらい」を目標に頑張ってみましょう。

 

ランクごとの参加費

ランクではRPが参加費として引かれた状態から試合が始まります。

キルや生存で稼いだポイントが参加費を上回ればプラス。逆に開幕即死してキルが0で順位はビリだったとするなら貰えるポイントは0なので参加費分マイナスになっています。

ランク名 参加費として引かれるRP
ブロンズ 0RP
シルバー 12RP
ゴールド 24RP
プラチナ 36RP
ダイヤ 48RP
マスター 60RP
APEXプレデター 60RP

f:id:FPSgamer:20201020102540j:plain

右上に出てる RP を見れば今プラスなのかマイナスなのかわかるよ!

ルールもわかったことだし!ここから意識することやコツなどを書いていくニャ!

 

ポイントを稼ぐために意識すること

f:id:FPSgamer:20200713040224j:plain

ポイントを稼ぐ上で一番意識することは開幕です。カジュアルと同じ感覚で降下するとなかなかランクが上がりません。割り切りましょう!

カジュアルはカジュアル!ランクはランク!

降下場所

とにかく激戦区は避ける。

「ランクリーグとは」で話した通り生存して順位を上げない限りどんなにキルを取っても効率が悪いです。開幕の方がキルを取りやすいというのはありますが、ランクを上げたいという人は激戦区に降りるのはやめておきましょう!

自分の降りるところにピンをさす

まずはピンをさすことで味方と漁る場所が被らないようにしましょう。これは別チームが自分たちと同じ場所に降下した時用の対策です。

マイナーなところを選んでもどうしても別チームと被ってしまうことがあります。その時全員同じ建物に降りてしまうと「弾がない」「武器がない」「アーマーがない」などの物資的に不利な状況に陥ってしまいます。

この不利な状況から1部隊と交戦するのはかなり厳しいですし、仮に勝てても回復不足になり中盤戦で後手後手の苦しい戦いを強いられてしまいます。

自分のためにも味方のためにもしっかりとピンをさしてあげましょう。

周りの索敵

自分たちの降下する場所に敵がいないかの警戒。と倒しに行けそうなチームをあらかじめ探しておきましょう。開幕は装備がどのチームも整っていないので中盤や終盤に比べてキルが取りやすいです。

 

ランクマの立ち回り

f:id:FPSgamer:20200820225026j:plain

ここからはランクマッチで効率よくポイントを稼ぐための立ち回りを紹介していきます。

漁夫ムーブ

基本的にランクマッチでは〝漁夫〟をメインに戦闘していきます。

漁夫というのは別チームと別チームが争っている最中は戦闘に参加せず、勝負のついた瞬間に攻めるという戦術です。戦闘が終わった直後で弱っている瞬間を見逃さず攻めかけましょう!

ただ敵が弱っていないと返り討ちにあってしまうこともあります。
攻めるタイミングや弱っているかの見極め方を【Apex Legends】漁夫のタイミングと対策!成功するか見極めるコツ! で解説しているのでぜひ読んでください。

忍者ムーブ

ランクでは隠れることも重要になってきます。

せっかく5キル取れたのに倍率がかからなかったらもったいないニャ!

なので隠れて順位を伸ばす〝忍者ムーブ〟がオススメです。

忍者ムーブのやり方は見えづらそうなポジションを見つけて微動だにしないことです。動くと上質なイヤホンやヘッドホンを使っているプレイヤーにはバレてしまいます。足音が聞こえてもじっと敵がいなくなるのを待ちましょう!

・戦うのか隠れるのかよくわからない中途半端なプレイングだけはやめよう!!

 

序盤からずーーっと忍者プレイをしているのは効率が悪く、何より退屈です。

なので序盤は積極的に戦いに行って、中盤あたりから忍者ムーブをするのがオススメです。序盤で必ず5キルを取らなくても大丈夫です。中盤終盤で少しでも戦闘に絡めば2キル・アシストくらい増えます。

 

戦闘で意識すべきこと

チームプレイ

戦闘するときに重要なのはチームプレイです。

気づいたら味方がいないということがよくある人はマップを見ていない証拠なので少し意識してみましょう。実力がほとんど変わらない人たちとマッチングする以上、1対1で互角です。なので1対3なんて99%無理です。しっかりと分隊行動を心がければ3対3で互角です。あとは戦い方次第!

 

撃ち合いで意識すべきこと

戦い方はここで解説すると長くなってしまうので下にリンク貼っておきます。5分もあれば読み切れるので読んでみてください!

 

最後の手段

f:id:FPSgamer:20200919115351j:plain

サーバーを変更してみる

東京サーバーは強いプレイヤーが多いです。どうしてもランクが上がらない!という人はサーバーを変更してみましょう。

 

もしこれでダメなら練習しましょう!!

シンプルに実力がそのランク帯だったという事実を受け入れ前に進みましょう。受け入れて努力すれば成長を感じることができますよ!

 

それではまた別の記事でお会いしましょう!

普段ツイッターで動画をあげたりテクニックの記事を貼ったりしてるのでぜひチェックしてみてください!!

 

【APEXの絶対に押さえておきたい点のみをまとめた記事】

にゃーぐるが今まで投稿してきたAPEX関連の記事の中から本当に必要なもの「キーボード・感度の設定」「エイム上達の練習方法」「立ち回り(基礎から応用まで)」「ウォールジャンプなどの小技・テクニック」をまとめた記事になっています。

伸び悩んでいるプレイヤーは【Apex Legends】ガチ初心者から上級者になるために必要な知識大全【PC】で細かく解説しているので興味のある人は読んでみてください!

 

 

続きを読む