NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【FPS】にゃーぐるの使用デバイス紹介!

f:id:FPSgamer:20200312195909j:plain

にゃーぐるの使ってるデバイスってどれ?良さを教えて!

 

この記事では『NYA-GAME』の執筆者  にゃーぐる@FPS_Nyagleが使用しているデバイスを紹介しています。デバイス選びで悩んでいるなら参考にしてみてください。

 

  • ヘッドホン・イヤホン
    • HyperX Cloud Ⅱ
      • 性能面の話
      • ☑︎7.1バーチャルサラウンドサウンド問題
  • マウス
    • Logicool G Pro Wireless
  • キーボード
    • Logicool G PRO X
  • 大事なお話

 

ヘッドホン・イヤホン

HyperX Cloud Ⅱ

2年前に購入した有線の密閉型ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱです。

 

ヘッドホン本体の端子はステレオミニプラグになっていて「USBオーディオコントロールボックス」を使うことでミニプラグからUSB端子に変換できます。(※付属しています。)

 

ミニプラグを接続するとこんな感じ。(印字がハゲてるけど許してください。)

f:id:FPSgamer:20210130185131j:image

マイクをミュートしたい場合は横についてるやつをスライドすればOK。(下の画像)

f:id:FPSgamer:20210130185138j:image

マイクやヘッドホンの音量調節やマイクのミュートなどを片手で操作することができ便利です。またUSBを機器に接続するだけでマイクも機能するので、取り扱いがシンプルで使いやすい点も魅力的です。

 

性能面の話

f:id:FPSgamer:20200713040508j:plain

音関係に関して苦労しませんでした。方位性がかなり優れていて、後ろを見なくても敵の位置がはっきりと分かります。

実際、ダイヤ帯で3人に追われても撒くことができました。当然、僕自身の経験や知識あってのことですが、このヘッドホンなくして再現は不可能です。

 

最大の魅力はコスパの良さ。

 

僕が購入した時は、8000円〜9000円くらいだったと思います。「ほぼ1万円じゃん!」と思いながらしぶしぶ買った記憶があります。
元々使ってた3000円のヘッドホンと10000円のイヤホンでは足音がほとんど聞こえなかったので...ゲーミングデバイス全てを信用してなかったのも正直あります(笑)

そんな僕が10000円近いデバイスを買ったわけですよ。残念な結果になっても良いように期待せずヘッドホンを接続してゲームをやり始めま 

 

感動しました。

 

「今までのヘッドホンはなんだったのか。」「デバイスって値段じゃないんだな」と心から思いました。今、昔使ってたイヤホンを使うとプールに潜りながらゲームをしてる気分になります。それくらい聴きやすいです。

最近、値段を見たらかなり良心的な数字になっていたので〝コスパ最強〟だと思います。

 

・・・ここまでベタ褒めだと。そろそろ「案件か??」「なんか胡散臭いな」「星1レビュー見たるか」となってきた頃でしょう。ここからは巷で聞く「HyperX Cloud Ⅱ」の悪い噂について触れていこうと思います。

 

☑︎7.1バーチャルサラウンドサウンド問題

まず 7.1chについて話していきます。この数字が意味しているのはスピーカーの数です。例を出すなら「7.1chなら7方向から聞こえる。」「5.1chなら5方向から聞こえる。」と言った感じで、数字が大きければ大きいほど敵の方向がわかりやすくなります。

 

このヘッドホンは7.1サラウンドという機能が存在します。付属している「USBオーディオコントロールボックス」の真ん中に書いてある数字を押すと7.1サラウンドになるというものです。

f:id:FPSgamer:20210130220830j:image

 

これを使ってみた正直な感想ですが...

・音がこもって聞こえる
・方向がむしろ分かりづらくなる

 

ぶっちゃけた話、あまり良くないです。

「7.1にしたらもっと索敵力上がるじゃん!」と思って購入したプレイヤーは裏切られるわけです。僕も裏切られました。なんなら使って2日目以降、7.1を押してません。印字のハゲかたで分かるはずです。

 

とにかく7.1に期待するのはやめよう。

 

結論: 7.1は大したことない。ただ、方向がはっきりわかるくらいデバイス自体はめちゃくちゃ良い。

 

マウス

f:id:FPSgamer:20210131125557j:image

Logicool G Pro Wireless

ゲーマーなら誰もが知ってるであろう最高のデバイス。「Logicool G Pro Wireless」です。ワイヤレスなのに遅延を感じさせず、充電の持ちも半端ないです。持ちやすさや軽さの面でも付け入る隙がないくらい完璧です。

 

ぶっちゃけ、値段は高い。

 

僕自身このマウスを購入する前に、2つのゲーミングマウスを購入しました。初めから「Logicool G Pro Wireless」が気になってはいたのですが「マウス1個でこの値段はなぁ・・・」とか「もっと上手くなってから〜」とかいろんな言い訳を考えて敬遠してました。

 

その結果、後悔しました。

 

マジで5000円くらいの中途半端なマウス買うくらいなら、思い切ってこのマウスを選んだ方が良いと思います。妥協して買った2つのマウスは今も無惨に部屋に転がってます。「この2個でG Pro買えたなぁ」と何回後悔したかわかりません...

 

ゲーミングデバイスは決して安い買い物じゃないです。後悔しないためにも実際に触ってみることがお勧めです。店頭に置かれている商品を握ってみて自分の握りにあってるかなど入念に調べよう。

 

キーボード

Logicool G PRO X

ちょうど1年くらい前に購入した「Logicool G PRO X」ローセンシ(低感度)やミドルセンシのプレイヤーにおすすめのキーボードです。僕は赤軸を使っているのですが、音も静かで打鍵感もよく仕事でも愛用しています。

 

テンキーレスが最大の魅力。

 

思いっきりマウスを左側に動かした時、キーボードにぶつかったことありませんか?その悩み解決してくれます。この「Logicool G PRO X」ならね!!

テンキーがないのでキーボードとマウスの干渉が格段に減ります。潜在意識が働いて「マウスを左に動かすのが苦手」という人がいると思います。その潜在意識も根本から解決することができてしまいます。

 

まさに・・・

ゲームをやるためのデバイス。

 

これは僕が繊細なだけかもしれませんが...ゴミがキーボードの中に入ることだけが気に入りません。性能面は最高ですが、清掃面は最悪です。綺麗好きにはちょっと堪えるかも...

 

大事なお話

f:id:FPSgamer:20200314020535j:plain

これで最後なのでしっかりと読んでください。

正直な話。上達したいならデバイスがすべてではないです。なのでどんなデバイスでも良いです。

 

ただ、上達しない人は言い訳が多い傾向にあることを覚えておいてください。「マウスが~」「椅子が~」「回線が~」とか「安いヘッドホンのせいで~」とか、いろんな言い訳をします。上達するためには自身の弱点と向き合って克服しなくてはいけません。

 

なので、購入時に意識すべきことは「言い訳をしないデバイスを選ぶこと」です。

「言い訳しない!」と言い切れるデバイスなら安くても高くても無名の会社でもなんでも良いです。それが〝上達の秘訣〟です。

 

以上!『にゃーぐるの使用デバイス紹介』でした!これからも『NYA-GAME』をよろしくお願いします!!  by にゃーぐるの中の人

 

続きを読む

【Apex Legends】上達したい初心者におすすめのエイム練習方法!

f:id:FPSgamer:20210128213157j:image

エイム力をつけたい...!

今回はそんな悩みを解決していきます。

 

この記事では効率よく上達するエイム練習方法について書いています。

 

練習方法を覚えられれば 効率よくエイム力をつけることができます。 専門的な用語なども出てくると思いますが、細かくかみ砕いて解説していくので身構えず最後まで読んでくれると嬉しいです。

 

 

  • オススメの設定方法
  • エイム関係の専門用語
    •  フリックエイムとは
    • トラッキングエイムとは
    • リコイルコントロールとは
  • トレーニング方法
    • 練習を行う前に覚えておくこと
    • フリックを鍛える練習
      • 的当て
      • ダミーでフリック
      • 向きたい方向を向く練習
    • トラッキングを鍛える練習
      • 敵に合わせ続ける
      • 友達と1対1
      • KovaaK's FPS Aim Trainer(KovaaK 2.0)
    • リコイルの練習
  •  最後に

 

オススメの設定方法

f:id:FPSgamer:20210123041351j:plain

どんなFPSゲームでも〝自分にあった感度〟というものが存在します。高い感度が合う人もいれば、低い感度が合う人もいます。

 

自分の身体にあった感度を探すのが、上達への近道です。

 

YouTubeでプロゲーマーのけんきさん(@T_kenki)が自分にあった感度の探し方を紹介しているので設定が済んでない方は見てみてください。

 

エイム関係の専門用語

f:id:FPSgamer:20200706181002j:plain

エイム力を上げるには〝フリック〟〝トラッキング〟〝リコイルコントロール〟の3つの要素がカギになります。ここでは各用語の解説を軽くします。「知ってる!」という人は飛ばしてください。

 

 フリックエイムとは

「フリック」とは瞬時にエイムを合わせる技術です。急に攻撃された時にすぐ撃ち返したり、単発銃を使う際に使用したりします。

プロとかが音だけで反応して即座にエイムしたりするやつです。画面内で移動させたい距離を正確に覚える必要があるので、マスターするには感度やマウスをコロコロ変えずに反復練習を怠らないことが重要になってきます。

 

トラッキングエイムとは

「トラッキング」とは敵に当て続ける技術で、体力が多いAPEXでは必須の技術です。通称〝追いエイム〟

「初弾しか当たらない!」「当て続けることができない!」という悩みがある人はこれを覚えれば大体改善します。トラッキングでは細かい調整が重要になってくるため、手首や指先の細かい動きが求められます。

 

リコイルコントロールとは

銃の反動を制御する技術です。真っすぐに上に跳ね上がる〝縦リコイル〟と横にブレる〝横リコイル〟の2種類が存在します。APEXの銃で話すなら「R-99」は縦リコイルがメイン  「フラットライン」は横リコイルがメインといった感じです。

 

武器によってリコイルが違うので、使う頻度の高い武器を使って練習するのがオススメです。

 

トレーニング方法

f:id:FPSgamer:20210128213528j:image

ここからは上で紹介した技術のトレーニング方法を解説していきます。

 

あ、そういえばマウスってなんでもいいの?

ゲーミングマウスであれば 何でも良いです。

感度と同じでマウスもコロコロ変えない方が良いです。デバイスを変えると持ち方が変わり、前のマウスに慣れた時間が無駄になります。

 

〝将来的にマウスを変える気があるなら〟変なクセがつく前に変えることを視野に入れよう。

 

個人的にオススメのデバイスは「Logicool G Pro Wireless

充電の持ちが良い面ワイヤレスで紐が邪魔にならない面がオススメの理由です。シンプルなデザインで軽いのも魅力的。

 

ただ個人的には...
 
自分でお店に行って触ってみた方が良いと思います。
 

マウスは見た目や性能だけではなく、サイズや掴み心地なども大切なので〝後悔したくないなら〟お店などで触ることがオススメです。デバイスの見た目や性能を調べてから、お店に足を運んでみよう!

 

 

練習を行う前に覚えておくこと

f:id:FPSgamer:20210118042300p:plain

練習をする時は楽しみながら、実戦に近い練習をするのがベストです。実戦に近づけるために僕が普段やっていることをまとめてみました。

 

採用するかは皆さんにお任せします。

・レレレ撃ちをしながら練習する
・バレルスタビライザーはレベル2 or 3
・音楽を聴く

 

「レレレ撃ち」はAPEXでは必須のテクニックなので練習時にも使用しましょう。バレルスタビライザーはレベル4を拾える機会は少ないので、レベル2や3がおすすめです。

 

音楽を聴く。これイチバン大事。

 

全然実戦向けじゃないですが、 「練習しなきゃ!」という気持ちでやっても3日坊主でやめてしまうのがオチです。音楽を聴きながら練習してると長い時間練習してても苦じゃないです。

自分を飽きさせないようにするのもテクニックだニャ!

 

フリックを鍛える練習

「腕をこれくらい動かしたら画面内でこれくらい動く」というのをどれだけ正確に覚えられるかがフリックを極めるコツです。どういう人向けの練習なのかを各練習の冒頭に記載しているので、そちらを参考にしてどれをやるか決めてみてください。

 

的当て

射撃演習場の的はかなり大きく当てやすいので「APEXが初めてやるFPS」という人や「始めたばかり」という人におすすめの練習です。

最終目標はくて正確なエイムを身に着けることです。はじめのうちは速さはいらないので、ゆっくりとエイムを合わせる練習をしましょう。

 

とにかく的当てすればいいので、撃つ順番は気にしなくて良いです。斜めに撃ったりひとつ飛ばして撃ったりといろんなパターンで練習してみよう!

 

ダミーでフリック

この練習はダミーからわざとエイムを外して撃つ練習です。レレレされると当てられない」という人や「初弾を外したあと 修正できない」という人におすすめです。

最終目標はどの位置からフリックしても当てられるようになることです。「レレレ撃ち」を使われると右に行くか左に行くかが分からないので、感覚で当てるこの練習が対策として効果的です。

 

ステップ1. エイムをダミーから外します。

f:id:FPSgamer:20210126130003p:plain

 

ステップ2. フリックしてダミーに当てます。

f:id:FPSgamer:20210126130004p:plain

これを繰り返します。いろんな方向からスタートして当てられるようになると〝修正する力〟が身に付きます。 スナイパーなどの単発銃を扱う時などに役に立つ技術なのでしっかりとできるようになっておきましょう!

 

向きたい方向を向く練習

「向きたい方に向けない」というプレイヤーにおすすめの練習です。

視覚外の敵にすぐエイムを合わせられるようになるには、左右180度ずつ正確に振り向けるようにならないといけません。個人的におすすめなのが、360度回転して正面を向く練習です。

 

初めに言っておきます。実戦で360度回転することはほぼないです。

 

左右それぞれ180度見れれば、足して360度なので....〝魅せるプレイ〟以外で使用することはないです。ただ、この練習をやってたらめちゃくちゃ上達した過去があるので個人的にオススメしています。

 

 

トラッキングを鍛える練習

残念ながら、APEX内で行えるトラッキングの練習はほぼないです。しっかりとした練習がしたい場合、友達が必要だったり ソフトを購入しなくてはいけなかったりといろいろと条件があります。

 

敵に合わせ続ける

「微調整が苦手」「敵を狙い続けるのが苦手」という人におすすめの練習です。指先や手首の微調整する技術が付きます。

初心者時代は止まっている敵を狙い続けるのも割と難しいのでしっかりと出来るようになっておきましょう

 

友達と1対1

f:id:FPSgamer:20201122092703p:plain

フルオートの銃で1対1をやります。実戦に限りなく近いので、フリックやトラッキングのどっちの練習にもなります。

1対1が苦手というプレイヤーにはオススメです。エイム関係以外の立ち回りなどの感覚等も養える点も魅力です。

 

最大の難点は撃ち合いをしてくれる友達がいるかどうか。

 

KovaaK's FPS Aim Trainer(KovaaK 2.0)

steamで購入可能な有料エイム練習ソフトです。フリックからトラッキングまで幅広い練習をすることができます。値段は約1000円で購入できます。

 

どれを練習すればいいの??

いくつか、個人的におすすめの練習を紹介しておきます。

【1wall6targets TE】

f:id:FPSgamer:20210128090036j:plainフリックの練習 (※的は移動しません。) 

はやく的に照準を合わせる練習です。決して的が小さすぎるわけでもないので、老若男女問わず練習することが可能です。

 

感覚を覚えるにはもってこいの練習です。

 

【1wall 6targets small】

f:id:FPSgamer:20210128090039j:plain

上の小さくなったタイプの練習 (※的は移動しません。)

的が小さいのが特徴で細かい操作の練習になります。細かいエイム操作が苦手なプレイヤーにおすすめの練習です。

 

【Ascended Tracking 90 Smooth】

f:id:FPSgamer:20210128195106p:plain

トラッキングの練習

的が左右に移動するので追いエイムが苦手というプレイヤーにおすすめの練習です。この『Ascended Tracking 90 Smooth』は的の動きがシンプルなので、マウスの感覚に慣れていない初心者でも楽しめるマップです。

 

ほかにもたくさんの練習があるからやってみるニャ!

 

 

リコイルの練習

この練習は全弾的に当てる練習です。

最終目標は全弾フルバーストで一番遠い的に当てることです。武器は自分の好きな物を選んで使いましょう。

 

R-99を使って流れを説明します。

①一番手前の的に向けて全弾撃ち切ります。全弾当たっていたら次のステップに進みましょう。

f:id:FPSgamer:20200214144044j:plain

 

②前から2番目の的。たくさんありますが、どれでも良いので全弾撃ち切ります。①と同じように全弾ヒットするまで繰り返します。ヒットしたら次のステップへ

f:id:FPSgamer:20200214144104j:plain

f:id:FPSgamer:20200214144114j:plain

 

③最後は1番奥の的。かなり難易度が高いですが練習していればコツが掴めるようになるので諦めず頑張りましょう!

f:id:FPSgamer:20200214144100j:plain

f:id:FPSgamer:20200214144052j:plain

 

惜しい!!

 

f:id:FPSgamer:20200214144049j:plain

 

うーーーーーん。

 

f:id:FPSgamer:20200214144057j:plain

 

・・・・・・・・

 

f:id:FPSgamer:20200214144012j:plain

と、まぁこんな感じです。(※金バレつけた)



レレレしながらやるのがベストですが慣れないうちは棒立ちで練習するのも全然アリ!ストイックにやり過ぎないのが継続のコツです。

 

 最後に

f:id:FPSgamer:20201017071903j:plain

最後まで読んでくれてありがとうございました。「マウスにとにかく慣れる!」まずはそこからです。一日5分でも10分でもマウスやコントローラーを握れるようになりましょう!

 

以上!『初心者におすすめのエイム練習方法でした!』

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると運営継続の励みになるのでどうかよろしくお願いします!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】戦闘中の回復と蘇生のタイミングを知ろう!

f:id:FPSgamer:20220620124136j:image

回復と蘇生のタイミングがわからない....

 

という悩みを持ってる人向けの記事になってます。読むのにかかる時間は約4分くらい。

 

この記事が向いてる人

・回復中にノックダウンしがちな人
・回復のタイミングが分からない人
・蘇生できるかの見極め方が知りたい人

 

 

 

  • この記事が向いてる人
  • 回復中にノックしちゃう問題
  • 回復のタイミング
    • ヘイト管理をする
  • 蘇生のタイミング
    • 第三部隊の乱入
    • 敵もノックダウンしてる時
    • レジェンドのスキルを使う
  • 最後に(まとめ)

回復中にノックしちゃう問題

「索敵」「射線管理」が出来ていないと回復中に横から撃たれたりしてしまいます。そもそもダメを食らわないようにすることが大切ということを忘れないようにしましょう。

 


この画像は結構な頻度で紹介していますが、まじで大切です。よくノックダウンする人は「索敵・射線管理」を徹底しましょう。

回復のタイミング

ここでは回復のタイミングについてを解説します。

 

ヘイト管理をする

f:id:FPSgamer:20220620122855j:image

回復ができるタイミングなのかどうかを判断するには、「ヘイト管理」がめちゃくちゃ重要です。

 

ヘイト管理: 誰が敵に狙われてるのかを把握すること。

 

これは銃声やマップ上の味方の位置などから判断します。この時にヘイトが自分に向いてなければ回復するタイミングと覚えておきましょう。

 

もっと詳しいヘイト管理のコツについては別記事を読んでちょ。

蘇生のタイミング

自分たちが有利な状況を除いて、戦闘中に蘇生をすることはほぼ不可能だと思ってください。

 

以下のケースのみ最後の一人になっても蘇生可能です。

・第三部隊の乱入
・敵もノックダウンしてる時
・レジェンドのスキルを使う


この状況であれば、ワンチャン蘇生ができる可能性があります。この3つのケースだけでも覚えておくと良いでしょう。

 

第三部隊の乱入

f:id:FPSgamer:20220620123206j:image

戦闘中に蘇生できる確率が一番高いのが「第三部隊の乱入」です。

分かりやすく言うなら7人以上でごちゃごちゃ戦闘してる時は、別のチームがヘイトを集めてくれてるので蘇生しやすいです。

 

敵もノックダウンしてる時

f:id:FPSgamer:20220620122841j:image

お互いが痛み分けになってる状況であれば、敵が蘇生してるタイミングで蘇生します。

(※相手の蘇生に合わせて詰めるのもあり。ただ個人的には蘇生してるフリの可能性を考えて堅実に蘇生して仕切り直すのがオススメ。)

 

レジェンドのスキルを使う

レイスの『ディメンションリフト』を使えば、1人の蘇生くらいはいけます。使い方は別記事みてくれ。

 

バンガロールのスモークとかを使うのもあり。

最後に(まとめ)

回復も蘇生も「ヘイト管理」や「戦況の把握」が大切ってことです。とはいえ、自分の身を守ることが前提なので、あまり欲をかかずゆっくり頑張っていきましょう。

 

以上!「回復と蘇生のタイミング」についての解説でした!

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいっす。

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】パスファインダー使い必見!グラップルテクニックの使い方!

f:id:FPSgamer:20211012155940j:image

グラップルを上手く使いたい!!

今回はそんな悩みを解決していきます。

 

この記事ではパスファインダー使いなら覚えておきたいグラップルテクニックのやり方・使い方について詳しく話していきます!

グラップルを使いこなせるかでパスファインダーはかなり化けます。この記事はそんなに長く書いていないのでパパッと読んで、パパッと使えるようになりましょう。

 

 

  • グラップルのキャンセル方法
    • キャンセルのやり方
  • グラップルハイジャンプ
  • 振り子グラップル
  • 最後に(まとめ)

 

グラップルのキャンセル方法

f:id:FPSgamer:20211011180037j:image

パスファインダー使いはしっかりと頭に入れておいて欲しい文があります。それがこれ。

 

グラップルが使えないパスは普通のロボット。

 

「は?そんなの当たり前だろ」と思った人もいるかもしれませんが、皆さんよく思い出してみてください。グラップルで移動した先に敵がいたことないですか??

 

そう、パスファインダーはアビリティが使えない状態で敵と鉢合わせるとただのゴミ。 普通のロボットになってしまいます。なので使うタイミングなども知っておかないといけません。

 

自分の使うキャラの使い方を知っておくだけでも普段より立ち回りがよくなったりするから読んでおこう!(多分、3分くらいで読める)

 

んで本題なんですが、今回ここで話すのはグラップルのキャンセル方法です。

グラップルで移動する直前に敵がいることに気がついた場合はキャンセルを使えば、普通のロボットになっちゃう問題を減らすことが出来るんです。

 

キャンセルというとちょっと大げさなので言い直しますが「グラップルを自分の意思で切る」って感じです。なので当然、クールタイムも発生します。ですが、これができれば進行方向を変えたり無謀な突撃をしなくて済みます。

 

キャンセルのやり方

f:id:FPSgamer:20211011180440j:image

ここからはやり方を紹介します。パスファインダーを使う上ではめちゃくちゃ重要な知識です。覚えておきましょう!やり方はすごくシンプル。

 

グラップル中にCtrl(しゃがみ)

 

所詮は大惨事にならないようにするためのテクニックに過ぎないので「これだけで強くなる!」ということはありません。自分の身を守る対策として覚えておくだけで、3人いる所に突っ込んじゃうみたいな事故が減ります。

 

ちなみにキャンセル方法を覚えれば、ずっとアンカーが外れないでグルグル回っちゃう問題も解決できます。また後半で紹介する『振り子グラップル』でも使うので当たり前のように使えるようになっておこう。

 

グラップルハイジャンプ

f:id:FPSgamer:20211012162459j:image

地面にグラップルを刺したと同時にジャンプを入力することで移動距離を伸ばすテクニックです。

 

まずは下の動画を見比べてください!

上の動画を見比べてみればわかると思いますが、移動距離がかなり違うのが分かると思います。結構な頻度で使うので覚えておこう。では、やり方を説明します。

 

「普通のグラップル」+「ジャンプ」

 

地面にグラップルを刺したら身体がフワッと浮く感覚があります。このタイミングで「ジャンプ」を入力すると通常のグラップルより遠くに移動することができます。

※ちなみに冒頭の動画は戦闘中にこの『グラップルハイジャンプ』を使ってます。

 

注意 

普通のグラップルはただの失敗だと思っていいくらい使い道がないので、基本的に「グラップルハイジャンプ」を使いましょう。

 

振り子グラップル

f:id:FPSgamer:20211011170522j:plain

高所にアンカーを刺して、振り子のように移動するテクニックです。敵から逃げる時にオススメ。

 

弧を描くように移動することで勢いがつき飛距離を伸ばすことができます。またこの時、軽くプレイヤーの視点を動かすと距離が伸びます。上の動画でもしっかりと視点操作を入れているので参考にしてみてください。

 

「ちょっと大げさに孤を描こう!」くらいの気持ちで使うのがオススメ。思いっきりプレイヤーの視点を動かすとアンカーが勝手に外れてしまうので気を付けてください。

 

最後に(まとめ)

f:id:FPSgamer:20210509102818j:plain

以上がグラップルの使い方でした。

今回の記事は「シンプルに知識がない人向け」の記事になっていたので、これを覚えたからと言って強くなるわけではないです。もっと大切なのは「使い所やタイミング」です。

 

「使い所がわからない!」とか「どんな場面で使うの?」と思っている人はパスファインダーの特徴や強みを理解する必要があります。

 

「パスファインダーの特徴や強み」「テクニックの使い方」の両方を覚えて初めてパスファインダーは強くなります。使い方はもう大丈夫だと思うので、あとは「パスファインダーの特徴や強み」だけです!自分の実力を考えて読むかどうかは決めてくれ〜!

 

んじゃ!また別の記事でお会いしましょう!

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています。フォローしてくれると運営継続の励みになるのでどうかよろしくお願いします。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】加速して被弾を減らす!いろんなスライディングのやり方!【PC】

f:id:FPSgamer:20201120025603p:plain

この記事はこんな人におすすめ

・キャラを滑らかに動かしたい
・被弾を減らしたい
・小技を覚えたい

こんにちは、にゃーぐるです!

今回は上級者が当たり前のように使うスライディングテクニックについて話していきます!いつも使っているモーションから派生させるやり方をいくつか解説していきます。

スライディングのテクニックを覚えれば、戦闘中の動きが滑らかになり攻撃が当たりづらくなります。強いプレイヤーは当たり前のように使っているキャラコンなので、しっかりと抑えておきましょう!

 

 

  • 着地スライディング
    • タイミング・コツ
  • クライムスライディング
    • タイミング・コツ
  • バニーホップ
  • 最後に

 

着地スライディング

ジャンプして着地した時に「しゃがみ」を入力することでスライディングに移行できるテクニックです。

「WASD」を組み合わせることでスライディングの方向も決めることができます。着地後に急激に速度が上がるので敵と距離をとったり、射線を切ったりと色々な場面で役に立ちます。

操作もそれほど難しくないのでタイミングだけ覚えておきましょう!

 

タイミング・コツ

ジャンプ中に「しゃがみ」を入力しておきます。スライディングしたい方向に合わせて「WASD」のいずれかを押しましょう。

(例1:ジャンプ中に「W(前進)+CTRL(しゃがみ)」で前にスライディングします。)

(例2:ジャンプ中に「D(右移動)+CTRL(しゃがみ)」で右にスライディングします。)

 

どの方向にスライディングしようと、ある程度の助走が必要です。動画を見ればわかるように前進するときは〝ジャンプをする前〟に進行方向にステップを踏みます。後退するときは後ろにステップ・右にスライディングする時は右にステップといった感じです。

 

注意

ステップしてから使わないと、ただのしゃがみになっちゃうから気を付けよう!

  

クライムスライディング

クライム(登りアクション)を使った瞬間に「しゃがみ」を入れることですぐ加速することができるテクニックです。

登ってすぐ加速するので、建物での戦闘中や逃げる時に使えば射線を切りやすくなります。「クライムスライディング」と「足音での索敵」を掛け合わせるだけで、一気に被弾率が下がり生存率が上昇します。

 

タイミング・コツ

普通にクライミングを使った〝後〟に「しゃがみ」を入れます。瞬間に入れるというよりかはキャラが登り切って走り出したらという感じです。

早く入力しすぎると、しゃがんで的になってしまうので気を付けてください。

 

バニーホップ

被弾率を下げたりヘッドショットラインをずらしたりできるテクニック。

うさぎのようにピョンピョン跳ねることで被弾率を下げることができます。あまり僕は使わないというか「使う機会がないな」と思っていますが、オクタン使いはバニーホップと回復を合わせたバニホヒールが使えるので覚えてみてはどうでしょう!

より細かい解説は【Apex Legends】バニーホップの簡単なやり方とコツについて!【PC】をご覧ください。

 

最後に

個人的にバニーホップは 「走る→スライディング→ジャンプ→走る(以下繰り返し)」で十分だと思うのでそこまで重要視しなくていいと思います。

ですが「着地スライディング」「クライムスライディング」はどっちもかなり使うので覚えて欲しいです。戦闘中でも使えるようになれば、一筋縄では倒せない厄介なプレイヤーになれます。

簡単に倒されないというだけで、味方の態勢を立て直す時間を稼いだり、敵を簡単に撒けるようになったりメリットがたくさんあります。派手さはないものの上手くなるには絶対無視できない存在なのでしっかり練習しておきましょう!

 

以上が「被弾率を減らすスライディングテクニック」でした!

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると運営継続の励みになるのでどうかよろしくお願いします!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】射線管理ができないと詰む!?射線の切り方とコツ!【初心者講座】

すぐノックダウンする。どうすればいいの...

そんな悩みを解決していきます。約5分で読み切れます。

 

この記事に向いてる人

・どこから撃たれてるかわからない人
・すぐにノックダウンする人
・安全な場所がわからない人

 

今回は初心者が絶対に押さえておくべき「射線管理」について話していきます。


射線管理は自分の身を守るためにも敵の位置を把握するためにも使います。ちなみに...

 

ここが出来ないとマジで詰む。

 

 

  • この記事に向いてる人
  • 射線管理とは?
  • 射線管理で意識すること
    • 音で情報を得る
    • 画面の表示で〝逆探知
  • 射線を切るコツ
    • 障害物の近くを走る
    • 相手より高い位置を取る
  • まとめ

射線管理とは?

そもそも「射線」とは何なのかですが、いわば「敵の目線」です。

 

相手のモニターに自分が写っていたら「射線が通っている」

 

これだけ理解していれば問題なしです。とにかく相手の画面に写らないように立ち回れれば、それは紛れもなく「射線管理」です。

射線管理で意識すること

敵の位置がわかってないと「敵の視線」を把握することができないですよね。

ということで索敵をちょっとおさらい。

音で情報を得る

足音や銃声を聞けば方向が分かります。音の方向がわからない人はちゃんとしたヘッドホンやイヤホンを持っておこう。

(僕はこれ使ってます。割と安くておすすめ。)

音で把握することはバトロワ系のゲームでは必須級なので、甘くみないように。

 

画面の表示で〝逆探知

f:id:FPSgamer:20220603005842j:image

攻撃を受けた時に画面に表示されるマーカーの位置を把握できれば、逆探知が可能です。(※上の画像)

 

初弾は食らってもいいので、音と画面の表示から敵の位置を即座に判断して近くにある障害物に身を寄せましょう。

 

これで索敵は7割くらい終了。もっと詳しくしりたいなら別記事みてくれ

射線を切るコツ

f:id:FPSgamer:20210717185308p:plain

敵の位置さえ分かれば「射線管理」は7割習得したといっていいでしょう。あとは普段の行動とつなぎ合わせてスムーズに行うだけです。

 

障害物の近くを走る

これが一番の基礎になります。とにかくすぐ隠れられるように障害物の近くを走りましょう。

 

しゃがみ状態で敵に見えないくらいの物なら何でも良いです。(※例:「岩」「コンテナ」「サプライボックス」「塀」など

 

相手より高い位置を取る

よく立ち回りの講座などを見ていると出てくるやつです。普段から高い位置を取るように心掛けておくとよいでしょう。

高い所を取るメリットがわからん...

 

めっちゃ簡単にまとめるならこんな感じ。

・「心理的に有利」
・「しゃがめば射線が切れる」

 

しゃがむだけで敵から見えなくなるので攻撃が当たりません。逆に、立てば攻撃を仕掛けることができるため主導権を握ってるといっても過言じゃないです。

まとめ

f:id:FPSgamer:20220320122052j:plain

これで「射線管理」は終了です。これさえできれば弾が当たらない位置が分かるようになり、詰める時や逃げる時に役立ちます。

薄々気づいてると思いますが、この記事を上から読むと「索敵(ヘッドホン)」→「射線管理」→「立ち回り(高所を取る)」という流れになっています。

 

立ち回りに関してはほんの少しだけ触れた程度なので、向上心のある人は『初心者が差をつけるための立ち回り講座』を読んでみると良いかもしれません!

 

以上!『射線の切り方とコツの解説』でした!

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【初心者講座】初心者が知っておくべき基礎の基礎【PC】

f:id:FPSgamer:20210107163122j:image

やってるけど、上手くなる気がしない...

そんな悩みの原因を探して解決していきます。

 

この記事では初心者が絶対に覚えるべき基礎の基礎をまとめています。

 

この記事が向いてる人

・なにをやれば良いかわからない初心者
・FPSが初めてレベルの初心者
・自分の弱点を探したい人

 

 

 

  • この記事が向いてる人
  • FPSの基本・設定
    • 感度の設定
    • キーボード・マウスの設定
  • 立ち回りの基本
    • 索敵能力をつける
    • 射線・ヘイト管理を知る
    • 戦闘時の基本的な立ち回り
  • 撃ち合いの基本と練習方法
    • レレレ撃ち
    • 屈伸撃ち
    • ピーク撃ち
    • タップストレイフ
  • エイム力をつける練習
  • 最後に

FPSの基本・設定

FPSを語る上で絶対避けては通れない基礎中の基礎『設定編』です。まじで大切。
 

FPSゲームを一言で表すなら「いかに感覚を極めるかゲー」です。

 

 

「マウスをこれくらい動かしたら、画面ではこれくらい動く」

 

このズレをいかに少なくするかがエイム上達の秘訣です。上手くなるために練習は必須なのですが、まずは自分にあった設定を探すことから始めて行きましょう。

ちゃちゃっと設定するニャ!

 

感度の設定

「感度どうやって決めたらいいかわからない!」というプレイヤーは結構いますが、自分の感覚を信じて設定しましょう。

 

設定方法に関してはプロゲーマーの〝けんきさん〟(@T_kenki)が動画であげているのでこちらを参考にしてみてください。

 

キーボード・マウスの設定

f:id:FPSgamer:20220728130004j:image

ボタン配置のコツをひとことでまとめるなら、使用頻度の高いボタンを自分流にカスタマイズするのがオススメです。たとえば....

 

・しゃがみボタン
・ジャンプボタン
・アクションボタン
・武器の切り替え
・リロード


ぱっと浮かぶだけでもこれくらいあります。人によってはマップをマウスに設定したりする人もいます。

この手の話は本人の価値観に依存するから自由だニャ!

 

 

自己流の設定だと難しいテクニックを覚える時などに弊害になりかねないのが鬼門。

キーボードの設定を自己流にすることで難しいテクニックを覚えようとした時に配置を組み直さないといけなくなることがあります。

 

f:id:FPSgamer:20220728114854j:image

自己流で設定するならデメリットがあるということもしっかりと覚えておきましょう。高難易度のテクニックのことも考えた設定は別記事『初心者におすすめのキーボード設定とボタン配置!【PC】』をご覧ください。

立ち回りの基本

「これを意識しているだけで生存率が大幅に上昇するよ!」というものをいくつか紹介しています。

自分の弱点を探してみるニャ

 

索敵能力をつける

まずは「敵を見つけること」「敵の位置を把握すること」の2つが非常に重要になってくるということを覚えておきましょう。

 

「索敵」と「射線管理」は本当にできないと詰む要素です。

 

敵の位置がわからなければ、どんなにエイムが良くても不意打ちされますし、立ち回りもうまくしようがありません。なのでまずは「敵の位置を把握する!」これが大事です。

 

ちゃんとできるようになっておくのが上達の近道っ....!

 

射線・ヘイト管理を知る

戦闘で役立つ「射線管理」「ヘイト管理」

 

f:id:FPSgamer:20220728112836j:image

まず「射線管理」ができると銃弾が飛び交う戦場で安全な場所を見つけることができるため、回復中のノックダウンが減ったり被弾が減ったりとたくさんのメリットがあります。

 

f:id:FPSgamer:20220728112839j:image

次に「ヘイト管理」です。ヘイト管理は視野を広げて誰が狙われているのか、誰がフリーかを把握するテクニックです。

 

これができるだけでカバーやスイッチといったチーム連携がうまくなります。

 

視野を広げるにしてもキーボードやマウスの慣れが必要なので、初心者はまず「射線管理」から覚えてみましょう!

 

戦闘時の基本的な立ち回り

・高所を取る
・不意を突く
・チーム連携

はい。この3つだけでOKです。

 

基本的な立ち回りはこれだけです。理由等を知ることでどんな状況でも柔軟に対応できるようになるので、向上心のある人だけ見てちょ。

撃ち合いの基本と練習方法

f:id:FPSgamer:20210105154143j:plain

ここでは撃ち合いで役に立つ技術等を紹介しています。

 

使用頻度の高いテクニックから優先して紹介していきます。高難易度のテクニックも少し触れますが、自身のレベルを考えて練習するか決めてみてください!

 

レレレ撃ち

隠れる場所がない時などは左右に移動しながら戦う『レレレ撃ち』が基本。

 

上の動画でもちゃっかり「レレレ撃ち」を使っています。当たり前のように使う技術なので、使いこなせるようになっておきましょう。

 

屈伸撃ち

撃ちながら「しゃがみ」を連続して入力することで使えるテクニック。

 

相手の動揺を誘ったり、被弾を減らしたらできます。「しゃがみ」ができれば、誰でも使えるのが最大の魅力。

 

ピーク撃ち

一瞬だけ身体を出して撃つ。被弾を減らすテクニック。

 

これを繰り返すことで大ダメージを食らうことなく勝つことが可能です。

ショットガンやウィングマンなどの単発銃と非常に相性が良く、遮蔽物にすぐに身を隠すことで被弾を減らせます。

 

タップストレイフ

少し初心者向けではなくなってきましたが、将来的に出来るようになると強いテクニックを紹介しておきます。

 

『タップストレイフ』は空中で身体の方向を変えるテクニックです。動画を見る限りかなり地味ですが、かなり使えるテクニックです。

 

ちなみに    

実はこれでも『タップストレイフ』を活用してたりします。

エイム力をつける練習

とにかくエイム力をつけるには練習あるのみです。

 

先述した通り、FPSは「いかに感覚を極められるか」が重要になってきます。そのためには感度を変えることなく何度も同じことを繰り返していく(反復トレーニング)が大切になってきます。

 

だから、一番最初に感度を設定したわけだニャ。

最後に

f:id:FPSgamer:20201017073606j:plain

うまくなるために心がけてほしいことは「言い訳をしない」「背伸びをしない」の2つです。現実をしっかりと弱点を埋めていくことが上達に繋がります。

 

それではまた他の記事でお会いしましょう! 

普段ツイッターで動画をあげたりテクニックの記事を貼ったりしてるのでフォローしてくれると嬉しいです!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】索敵が下手な人必見!敵の見つけ方とコツ!【PS4 / PC】

f:id:FPSgamer:20210807004248j:image

索敵が下手で敵が見えない...

今回はそんな悩みを解決していきます。

 

この記事では、頭で考えて索敵する方法について話していきます。

この記事を読みきった時には、視覚や聴覚に「頼る」ではなく「活かす」という意識が芽生えるようになるはずです。

 

 

  • 目で索敵する方法
    • 通り道を見る
    • 形跡を探す
    • マップを見る
      •  
      • 1️⃣ 来る可能性が高い場所を見る 
      • 2️⃣ リングのことを考える
    • 有利ポジ(強ポジ)を見る
  • 耳で索敵する方法
    • 銃声編
      • 1⃣ 敵との距離と場所
      • 2⃣ 敵を知る
    • 足音・効果音編
    • 回復・蘇生音
  • 最後に

目で索敵する方法

f:id:FPSgamer:20210806235652j:plain

索敵で一番大切なのは...「可能性を考えること」です。

 

要は考えながらプレイするということです。画面全体を見てヤミクモに探すのではなく、可能性を考えてピンポイントで索敵するだけでも見落としが減り発見率が上昇します。

正直、敵が来なさそうな位置を見ていても時間の無駄です。ここからはその無駄を省くための方法を紹介していきます。

 

通り道を見る

f:id:FPSgamer:20210805193601p:plain

「通り道を見ること」は初心者でもすぐ実践できる索敵術です。

 

実況者や配信者の動画を見ていて「あれ?今、敵いたのに気づかないんだ」とか人のプレーを観戦している時「いま、右にいたよ?」と思った経験があると思います。

これらの事から分かるように、どんなにうまいプレイヤーでも全画面を常に把握することはほぼ不可能に近いです。なので索敵する時は最も敵が通りやすい道などを意識して見てみると良いでしょう。

 

形跡を探す

f:id:FPSgamer:20210805200945p:plain

プレイヤーが通ったあとは必ず〝形跡〟が残ります。この小さな変化に気づけるかどうかで発見率は大きく変わってきます。

 

「形跡を見つける」
    ↓
「可能性を考える」
    ↓
「(予想が当たれば)敵を見つけられる」

 

ここでもしっかりと「可能性を考えること」が大切になってきます。いくつか例を挙げておきます。個人的によく見る場所はこんな感じです。

 

 

形跡が残っていたら警戒態勢に入りましょう。まだ近くにいる可能性があります。

 

マップを見る

f:id:FPSgamer:20210404154940j:plain

マップで敵の位置分かるの?

結論を言うと分かりませんが、敵の動きを予想するのに役立ちます。

 

「安置に走らないといけない」というゲームのルールを利用する。

 

先ほど解説した「通り道を見る」と併せて使うことがオススメです。高ランク帯の戦いではどのプレイヤーは当たり前のように使う索敵方法なので、しっかり覚えておきましょう!

 
1️⃣ 来る可能性が高い場所を見る 

f:id:FPSgamer:20210805210740j:plain

はじめはとりあえず、以下の2点を押さえておけばOK

 

・銃声がする方向を見る
・激戦区と繋がっている場所を見る

 

通ってくる道は限られています。リングの収縮する時間などを考えれば、通ってくる位置を大まかに絞ることが出来ます。銃声は聞こえるけど方向が分からないという人はしっかりとしたサウンドデバイスを買うことをお勧めします。

 ※詳しく後で話す予定ですが、キーボードとかどうでもいいのでヘッドホンやイヤホンを優先して購入しましょう。

 

2️⃣ リングのことを考える

f:id:FPSgamer:20210805210329p:plain

上でちょろっと話した内容をより具体的な例を挙げて話していきます。

 

次のリングは『エネルギー貯蔵庫』なので『タービン』や『ガーデン』『ハモンド研究所』などの激戦区から集まってきます。

 

自分のパーティーはリフトを完全に制圧した後だったため、脅威になるチームは「ガーデンから迂回してリフトを通ってくるチーム」もしくは「タービンから流れてくるチーム」「エネルギー貯蔵庫で待ち伏せしているチーム」です。

 

こんな感じでマップを見るだけでも注意する場所をある程度絞れます。

 

f:id:FPSgamer:20210805212539p:plain

上で想定されていた「エネルギー貯蔵庫で待ち伏せしているチーム」がいる場合、非常に攻めづらいのでしっかりとクリアしておくことが大切になります。(※この時は運よくエネルギーの向かい側で撃ち合いが始まっていたので、待ち伏せされないで済みました。)

その次に背後を取られないように「タービン」「送電網」を警戒します。

f:id:FPSgamer:20210805204624p:plain

「タービンから流れてくるチーム」は大回りするか、上の画像の通路を通ってきます。

 

f:id:FPSgamer:20210805213411p:plain

案の定、来ました。

 

以上「敵の動きの読み方」についての具体的な解説でした。やり方は何度か読み返して慣れてください。正直考え方さえ分かれば、あとは慣れです。

 

有利ポジ(強ポジ)を見る

f:id:FPSgamer:20200412040902j:plain

位置どりが重要だと理解しているプレイヤーは確実に有利ポジションを取って来ます。細心の注意を払いましょう。

 

「あそことかいるんじゃね?」くらいの感覚で見るのがコツ

 

場所によっては2試合に1回は絶対いるというような場所もあるので余裕がある時に見てみましょう。ちなみに有利ポジ(強ポジ)と呼ばれる場所の共通点はこんな感じです。

 

・一望できる高い場所
・攻めづらい場所

 

マップがコロコロ変わるので「ここ!」と言い切れないのが歯がゆいですが、何度も同じマップで遊んでいれば雰囲気で「たぶん、ここが強ポジなんやろなぁ....」って場所が出てくると思います。多分、そこが強ポジです。知らんけど。

 

耳で索敵する方法

f:id:FPSgamer:20210118010650j:image

視覚で処理できる情報には限度があります。ゲームの仕様上、正面を見てる時に後ろは見れないですし、左を見ている時に右を見ることもできません。そんな時に役立つのが〝聴覚情報〟です。

 

もうぶっちゃけ言いますが、初心者や伸び悩んでいる人はしっかりとしたヘッドホン(もしくはイヤホン)を1つ購入しましょう。

 

マジで世界変わります。

 

キーボードがどんなにピカピカ光ってたとしても、敵の方向や位置を把握することができるかという点が勝敗を分けます。ちゃんとしたデバイスを持っていない人はしっかり選んでおきましょう。

 

銃声編

f:id:FPSgamer:20210118042300p:plain

広い範囲に轟く銃声はたった1発でさえ、たくさんの情報を与えてくれます。誤射ですら見逃さない堅実なプレイを目指しましょう。

 

それでは、銃声からわかることをひとつずつ解説していきます。

 

1⃣ 敵との距離と場所

f:id:FPSgamer:20210704015509p:plain

敵との距離と場所を把握すれば、ランクマッチなどで無駄な接敵を避け順位を上げることが可能になります。

 

また攻める時も位置をある程度把握しておくことで、背後を取られることが大幅に減ります。「いつも漁夫られちゃう」という悩みを持っているプレイヤーは背後の敵との距離を考えて短期決戦にしたり、戦闘を避ける等の対策を行いましょう。

 

2⃣ 敵を知る

f:id:FPSgamer:20210218005030j:plain

敵の武器を知ろう。

 

敵の武器を知ることで、攻め方や戦い方を変えることが可能になります。「 敵を知り、自分のことを知る」ということです。

 

極端な話ですが「ショットガンを持ってる敵に近距離でロングボウで挑む」のは誰に聞いても愚策だというはずです。武器によって得意な距離が違うのは大半のプレイヤーが知っているでしょう。

 

「(敵が)スナイパーを持ってるからバレずに間合いを詰めて近距離で戦闘しよう」とか「(敵が)ショットガンを持ってるから中距離で削ってから詰めよう」とか。武器種を知ることで有効的な作戦を立てることが出来ます。

 

相手の弱点につけ込めてこそ上級者。

 

自分の土俵で戦わせるところから駆け引きは始まってるニャ!

 

ひとことポイント

「自分の弱点を知りたい!」という人は『初心者が上手くなるために知っておくべき〝本当の基礎〟 』を読めば見つかるかも。

 

足音・効果音編

f:id:FPSgamer:20210118032412j:image

主に近距離での戦闘時に使います。「上の階にいるのか」「下の階にいるのか」などを足音で大まかに把握できるだけでも一気に生存率が上昇します。また、『落下音』などの細かい音も聞き取れれば、常に敵の位置を把握することができます。

 

ちなみに逃げる時のコツに関しては別記事で触れているので、気になる人は『逃げる時にノックダウンしてしまう人必見!逃げるコツ』をご覧ください。

 

回復・蘇生音

f:id:FPSgamer:20201231213002p:plain

蘇生中の敵はねらい目。

 

回復・蘇生音はかなり聞こえやすいのでしっかり聞きとりましょう。いち早く音に気づけば、体力有利(もしくは人数有利)の状態で戦闘を開始することが出来るため、スムーズに敵チームを壊滅させることができるようになります。

 

「何人ノックダウンしているのか」「だれが蘇生されたのか」などの細かい情報を共有できるように頑張りましょう。

 

最後に

f:id:FPSgamer:20201017071903j:plain

視覚と聴覚の両方を使いこなせるだけで、一気にプレイヤーのレベルは向上します。FPSで大事なのは「エイム力」「立ち回り」などと言われますが、そもそも敵の位置がわからないのに「立ち回り」なんて上手くいくはずないです。

 

 

射線管理では撃ってきた敵の位置を調べる方法を解説しています。索敵の基礎ができるようになったら次のステップとして「射線管理」を覚えることがおすすめです。

 

以上!APEXの基礎索敵についての解説でした!

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると運営継続の励みになるのでどうかよろしくお願いします!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む