NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】牽制ができると味方のノックダウンが減る!?やり方とコツ【まわりと差がつく】

f:id:FPSgamer:20220620123519j:image

体力の低い味方を助けるにはどうすればいいの!

そんな悩みを抱えている人向けの記事になっています。

 

今回は中級者が覚えるべき地味テク〝牽制〟について話していきます。

 

牽制のやり方やコツが覚えられれば、高ランク帯でも「なかなかノックダウンしない粘り強いチーム」を作ることができるようになります。

中級者以上の人にオススメだニャ!

 

 

  • 牽制とは
  • 牽制をする理由と使う場面
  • 牽制を使うタイミング
    • 「味方を守るため」
    • 「有利なポジションを守るため」
  • 牽制のやり方とコツ
  • まとめ

牽制とは

f:id:FPSgamer:20220311160157p:plain

牽制とは...敵側に発砲して威圧することです。

覚えておいてほしいことは「威圧する」という行為がもたらす効果が絶大ということです。

 

「牽制する」=「威圧する」→「(敵が)攻めるか悩む」という状況を作ることが出来ます。これが出来れば味方をゆっくり蘇生することもできますし、敵が攻めるのをあきらめたりするようになります。

 

1人でカジュアルに入ればわかると思いますが、APEXは個人プレーだけでは勝ちづらいゲームです。だからこそ、チームプレーの基礎だと思って、牽制を学んでみると良いでしょう。

 

牽制をする理由と使う場面

f:id:FPSgamer:20220220072234j:plain

  1.  「味方を守るため」
  2.  「有利なポジションを守るため」

使う場面はこんな感じです。細かい解説については後ほど。

 

牽制をする理由は共通して「相手の動きを制限する」ということです。

簡単な例を挙げるなら「有利なポジションに移動させないために〜」とか「敵が攻めてこないように〜」とかです。

 

牽制を使うタイミング

f:id:FPSgamer:20210225181757j:plain

上で紹介した2つの場面を詳しく解説していきます。

 

「味方を守るため」

f:id:FPSgamer:20210717185308p:plain

味方が逃げられるようにするためだったり、ノックダウンした味方を蘇生する時に使います。(別名:カバー)

 

体力に余裕があるプレイヤーが敵に向かって発砲するのが理想です。

攻撃が当たれば当たるほど敵も回復の手間が増えるので「キルをする」というより「怪我をさせる」ということを目標にすると良いでしょう。

 

「有利なポジションを守るため」

f:id:FPSgamer:20210204194734p:plain

ランクマッチなどでは強いポジションをとることで試合の展開を有利に進めることができます。当然強いポジションなので他のチームも狙ってきます。そういう時にも牽制が使えます。

 

・ 自分たちの場所に近づかせない

・ 自分たちより有利な位置に行かせない

 

という感じでかなり使います。実力にそこまで差が生まれないランクマッチだからこそ、有利なポジションを作るためにも牽制は使えるということも覚えておくと良いでしょう。

 

f:id:FPSgamer:20220306090440p:plain

 

ランクマッチで意識することについては別の記事を参考にしてみてください(※記事作成中 3/11)

 

牽制のやり方とコツ

f:id:FPSgamer:20220311193231j:image

牽制をするうえでポイントになるのは序盤に話した通り「威圧すること」です。なので極力、ビビらせる努力をすることが大切です。

 

また、牽制は威圧することが目的なので...

最悪、弾が当たらなくても良いです。

 

敵のいる位置に適当に撃っておきましょう。(※極力当てる努力はすべき)

牽制時の注意点は「被弾し過ぎないこと」「ノックダウンしないこと」です。同じ位置から何度も発砲していると敵の3人に集中砲火されて即落ちする可能性が高いので注意が必要です。

 

まとめ

f:id:FPSgamer:20211017034835j:plain

牽制は中級者以上にオススメのテクニックで、取得優先度は極めて低いです。初心者プレイヤーは「射線管理」「索敵」「立ち回り」等の基礎ができるようになってから、練習しましょう。

 

以上!「牽制ができると味方のノックダウンが減る!?やり方とコツ」についてでした。

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】うざすぎる漁夫の対策方法【まとめ】

f:id:FPSgamer:20220221024648j:image

漁夫ばっかりでうざい。どうしたらいいの...

そんな悩みを解決していきます。

 

今回は多すぎる漁夫の対策について話していきます。

漁夫の対策方法を覚えられれば、中盤以降も生き残りやすくチャンピオン争いに参加しやすくなります。

 

この記事では「漁夫られる前にできる対策」「漁夫後にできる対策」の2種類に分けて解説していきます。

 

 

  • 漁夫られる前にできる対策
    • 戦闘を長引かせない
    • アビリティ編(漁夫前)
      • クリプトの『スパイドローン』
      • コースティックの『NoXガストラップ』
      • ワットソンの『周辺セキュリティ』
  • 漁夫後にできる対策
    • 漁夫られたらどうすべきか
    • アビリティ編(漁夫後)
      • ジブラルタルの『ドームシールド』
      • バンガロール『スモークランチャー』
    • アルティメット編(漁夫後)
    • 逃げアルティメット
      • パスファインダーの『ジップラインガン』
      • レイスの『ディメンションリフト』
      • オクタンの『ジャンプパッド』
      • アッシュの『フェーズティア』
  • 最後に 

漁夫られる前にできる対策

f:id:FPSgamer:20220220170458j:image

ここで話す内容を端的にまとめるなら....漁夫られる可能性を減らす対策です。

 

単純ですが、漁夫が来なければ全部解決する。

 

ということで漁夫を減らす対策を解説していきます。と言っても100%漁夫をなくせるということではないので悪しからず。

 

戦闘を長引かせない

f:id:FPSgamer:20220220071924j:image

漁夫は基本的に銃声につられてやって来るので、シンプルに戦闘を長引かせないことが対策になります。

 

個人的にオススメなのは「瞬殺する」or 長引きそうなら「戦闘をやめる」です。状況に応じてどちらを使うかを見極めましょう。

 

瞬殺する方法が分からないという人は別記事の漁夫のやり方を簡単に解説!タイミングとコツの要点のみをご覧ください。

f:id:FPSgamer:20220217043451j:plain

↑内容はこんな感じ。

 

漁夫対策の記事で漁夫の使い方を紹介するとかいう謎展開ですが、なんやかんやで漁夫がイチバン強いんですわ....。

漁夫をもって漁夫を制す!

 

アビリティ編(漁夫前)

f:id:FPSgamer:20220131181222p:plain

漁夫られる前にできるアビリティの使い方を紹介します。

 

道においておける系のアビリティは仕掛けておくだけで漁夫が来るかを察知することが出来ます。「不意打ち」や「先撃ち」を防ぐことができるのでオススメです。

 

たとえばの例を挙げるなら....

クリプトの『スパイドローン』f:id:FPSgamer:20220203185145p:plain
コースティックの『NoXガストラップ』

f:id:FPSgamer:20220203185107p:plain

ワットソンの『周辺セキュリティ』

f:id:FPSgamer:20220203185314p:plain

来た道や狭い通り道などにおいておくだけでも結構違います。漁夫が100%なくなるわけではないですが、こういった対策の積み重ねが漁夫られる確率を減らします。

漁夫後にできる対策

f:id:FPSgamer:20220131181217p:plain

漁夫られたらほぼ全滅したと思ってください。「ノックダウンしなかった!ラッキー!」だと思えるくらいの精神力が求められます。(※ちょい盛ってる。)

 

ただ、体力面や先手を取られている面などを考えても不利なことに間違いはないです。

 

それくらいの気持ちを持って、次の行動を起こしていきましょう。

漁夫られたらどうすべきか

f:id:FPSgamer:20220220072234j:image

まず先に漁夫られた後の流れを説明します。

  1.  ドームなどでノックダウンを防ぐ
  2.  ポータルを使ってリポジ
  3.  態勢を立て直してから反撃

一番重要になってくるのは「ノックダウンしない」という点です。

 

蘇生に時間をかければ、その分回復する時間が後回しになったり、一人でカバーをしなければならない等の問題が起こります。

 

なので、自分や味方を守ることがイチバンです。(※漁夫られたタイミングで2人がノックダウンした場合は蘇生する余裕がないので、バナー回収に方針を切り替えるのがオススメ。)

 

アビリティ編(漁夫後)

f:id:FPSgamer:20220207165228p:plain

漁夫られた瞬間に次の一手をいかに早く打てるかで結果がかなり変わってきます。この記事を読んでる人は「やばい!やばい!」と焦ることなく淡々とアビリティを使いましょう。

 

オススメのアビリティ例は...

ジブラルタルの『ドームシールド』

f:id:FPSgamer:20220207165227p:plain

バンガロール『スモークランチャー』

f:id:FPSgamer:20220220093044p:plain

基本的には「撃たれたら使う」だけです。ジブラルタルやバンガロールのアビリティは味方を守ることが可能なので、仲間のためにもガンガン使いましょう。

 

アルティメット編(漁夫後)

味方がノックダウンしてるにしてもしてないにしても、次にやることは「足止め」+「リポジション」です。

 

先に足止めアルティメットについての紹介をします。

f:id:FPSgamer:20220217234011p:plain

例をあげますが、敵が攻めづらくなるアルティメットはこんな感じです。

・ジブラルタル『防衛爆撃』
・ホライゾン『ブラックホール』
・バンガ『ローリングサンダー』
(※上記のキャラ以外でも足止め可能)

 

相手の思い通りにさせないということが肝心です。「迂回させる」「カウンターを警戒させる」などの時間稼ぎとして使います。ダメージは最悪入らなくても問題なしです。

 

時間を稼いでる間に「家の中に逃げる」「高所に逃げる」「遠くに逃げる」などの行動をとりましょう。ということで、次のステップは逃げアルティメットの活用です。

 

逃げアルティメット

やり方は至って簡単で逃げアルティメットを建物内や高所などの射線が切れる位置に引っ張るだけです。

 

パスファインダーの『ジップラインガン』

f:id:FPSgamer:20220221072622p:plain

レイスの『ディメンションリフト』

f:id:FPSgamer:20210706132749p:plain

オクタンの『ジャンプパッド』

f:id:FPSgamer:20220221072554p:plain

アッシュの『フェーズティア』

f:id:FPSgamer:20220207165226p:plain

 

キャラによってポータルの展開時間が違うので、そこだけ気を付けましょう。

レイスのアルティメットアッシュのアルティメットと比べて展開するまでに時間がかかるので、漁夫の時は短いポータルを作る必要性があります。(※すぐに展開しないと味方2人が詰められて2 v3の構図になる)

 

オクタンやパスファインダーなどのアルティメットでも同じようなことが言えるので、自分のキャラの特徴だけでも把握しておくことがオススメです。

最後に 

f:id:FPSgamer:20211017034835j:plain

APEXは漁夫ゲーです。これは事実だと思います。これから先もシステムが変わらない限りは漁夫はなくならないはずです。なので、しっかりと向き合って対策をするということが大切になってきます

 

知識は得た!あとは経験のみ!

 

以上!『うざすぎる漁夫の対策方法【まとめ】』でした!

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【APEX】パスファインダーの使い方と立ち回り【初心者向け】

f:id:FPSgamer:20211019124120p:image

パスの使い方がわからん...

 

という初心者向けの記事になってます。かなり分かりやすく書いてるので約5分で読めます。目次長いけど文は短かい。

 

この記事が向いてる人

・パスの特徴を知りたい人
・パスのスキルの使い方が知りたい人
・パスの立ち回り方が知りたい人

 

 
 

 

  • この記事が向いてる人
  • パスファインダーについて
    • パッシブ 『内部情報』
    • 戦術アビリティ 『グラップリングフック』
    • ULT『ジップラインガン』
  • グラップルの使い方・立ち回り
    • 地面刺しグラップル
    • 高所を取るグラップル
    • 射線を増やす立ち回り
  • ジップラインガンの使い方・立ち回り
  • 最後に(まとめ)

パスファインダーについて

f:id:FPSgamer:20220713174022j:image

射線を増やす立ち回りが基本になるキャラ。高所などにも移動できる能力を持っているため、機動力を売りにして射線を増やしてあげるとチーム全体の攻め力が上がります。

まずはキャラの固有能力から解説するニャ!

 

パッシブ 『内部情報』

パッシブは生きている間ずっと発動している能力。

 

パスファインダーのパッシブは「調査ビーコンを使うことでアルティメットがたまりやすくなる」って感じです。

 

ランクなどでは調査ビーコンのスキャンがあるとかなり有利に進められるのでアルティメットのためにも積極的にスキャンするのがオススメです。

 

調査ビーコンの効果

次のリングが分かります。次のリングが分かれば有利なポジションを先に取ったりできます。ランクマでは超重要。

 

戦術アビリティ 『グラップリングフック』

戦術アビリティは「Q」を押して発動する小技。

 

『グラップリングフック』はワイヤーを引っかけて移動するスキルです。敵から逃げる時や態勢を立て直す時に使うのがベター。

 

ULT『ジップラインガン』

ULT(アルティメット)は大技。必殺技。

 

『ジップラインガン』は敵味方関係なく使える便利な移動用のワイヤーです。

 

基本的には高所を取るためや敵に詰める際に使います。グレネードを回避するためだったり、バンガの『ローリングサンダー』回避のために一瞬ジップを使うという機転を利かせたプレーも可能です。

詳しいことはテクニックや立ち回りはこの後話すニャ!

グラップルの使い方・立ち回り

基本は逃げる時に使う。温存。

 

攻める際に使うこともありますが、使って攻めるといざとなった時に逃げる手段を失ってしまうため、ただのロボットと化します。

なので基本は無理に使わずに温存することが大切です。

 

地面刺しグラップル

いつもこんな感じのグラップルを使ってる人はもう1段階レベルの高い地面刺しグラップルを覚えておくと良いでしょう。

 

それがこれだニャ!

移動距離が倍近く違います。地面はどこでもあるので、使う頻度は非常に高いです。習得してるかしてないかでかなり違うので、絶対に出来るようになっておこう!

 

長くなるのでこの手のグラップルテクニックが知りたい人は別記事で細かく解説してるから読んでちょ。

 

高所を取るグラップル

グラップルの移動は横だけじゃなく縦の移動も可能な点が魅力です。

なので「やばい!」と感じた時に高所にリポジションしたりすることで戦闘を仕切りなおしたり、戦線離脱して回復できたりします。

 

射線を増やす立ち回り

パスファインダーは逃げが強いキャラなので、1人だけ別動隊として機能することも可能です。展開することで射線を増やすことができ、チーム全体の攻め力を上げることに繋がります。

 

こんな感じ。自分にヘイトが向いていると感じたら、迷わずグラップルを使って味方と合流しましょう。(そのためにもグラップルは温存)

ジップラインガンの使い方・立ち回り

ジップを使ってる時は非常に単純な動きになってしまうので、大ダメージを受けがちです。だからこそ意識してほしいことがひとつだけあります。

 

敵のいない場所に張る。

 

これに限ります。敵のいる場所(敵の近く)にジップを張らないようにするのが基本です。

 

使い方に関しては「射線を増やすため」だったり「高所を取るため」だったり「逃げるため」だったりとさまざまな使い方があります。シンプルで使いやすいULTなのでガンガン使ってみましょう。

最後に(まとめ)

ジブラルタルはヒットボックスが大きいこともあり、集中的に狙われがちです。

 

だからこそ、堅実な動きが求められます。

射線管理やヘイト管理で自身の被弾を減らすことを意識すると生存率が上がりますよ!

 

以上が『ジブラルタルの能力と使い方・立ち回り』の解説でした。

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいっす。

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】逃げる時にノックダウンしてしまう人必見!逃げ切るコツ

f:id:FPSgamer:20210720163321j:plain

逃げる時にノックダウンしちゃう...

そんな悩みを解決していきます。

 

この記事では、敵から逃げる時に被弾を減らす動き方についての解説をしていきます。

 

 

  • 敵の位置を把握すること
  • 被弾を減らすには
    • 射線管理
    • アビリティ ULT
    • ウォールジャンプ
    • タップストレイフ
    • ジグザグに走る

敵の位置を把握すること

f:id:FPSgamer:20210404154956j:plain

『Apex Legends』において「音が聞こえない」「位置が分からない」というのは致命的です。索敵関係は目で見るだけではなく音をしっかりと聞き取ることも大切になってきます。

 

この記事のキーワードは〝逃げる〟なので、敵に背を向けることが前提となります。背中に目がついているわけではないので半強制的に〝音〟を頼りにしなくてはいけません。

 

なので少し厳しいかもしれませんが「音は聞こえるけど、方向がつかめない。」という人は逃げ切るのが非常に難しいはずです。方向がつかめるデバイスを購入することをお勧めします。

(オススメのデバイスが知りたい人は一番下の『Nyagleの使用デバイス』を参考にしてみてください。)

 

被弾を減らすには

f:id:FPSgamer:20210711145725p:plain

逃げ切るために意識することは「視界に入らない」「当てづらい動きをする」という2点です。視界に入らないようにするためのコツを解説した後、当てづらい動き方について解説します。

 

射線管理

f:id:FPSgamer:20210720162544p:plain

逃げ切るために最も重要なのがこの〝射線管理〟です。「あ、これは撃たれない」「あ、これは抜かれる」と自分で気づけるくらいになれば、ほぼ完成です。

(射線が通る位置を把握しているプレイヤーは上のように自分で気づけるようになります。)

 

正直これに関しては経験です。

本当に解説のしようがないので、申し訳ないですが省きます。 

 

ただ冒頭でも話した通り、「音が聞こえない」とか「方向が分からない」というのは経験どうこうの話ではないのでデバイスに問題がある場合は早めに改善した方が良いと思います。

 

アビリティ ULT

f:id:FPSgamer:20210705115630p:plain

 基本的には「射線管理」を使って温存出来るようにしましょう。

 

じゃあどういう時に使うの??

 「開けた場所を走る時」や「着地後の硬直」など。射線が通るタイミングや隙が生まれるタイミングで使うのが好ましいです。

 

個人的におすすめのキャラはレイスです。アビリティの『虚空』が強いのは言わずもがなですが、足の速さが上がったりするのも魅力的です。索敵能力が高く音だけで射線を管理できるプレイヤーと相性が良いです。

 

(レイスの記事は現在作成中)

 

※他のキャラも使えますが、解説できるほど使いこなせていないのでレイスのみ記事にしています。

 

ウォールジャンプ

 戦闘中に使う場合は壁を蹴ってエイム外すテクニックですが、逃げる時は「クライミングモーション」をカットするために使います。

 

クライミングは結構隙が多いので大ダメージを受けやすいです。そんな場面で『ウォールジャンプ』を使えば無駄な被弾を減らすことが出来ます。

 

タップストレイフ

空中で方向を変えるテクニックで逃げる時に使えば、まっすぐ走るより被弾を抑えられます。これは冒頭で話した「当てづらい動きをする」に当てはまります。

上の動画では180度方向を変えていますが、使い方によっては右や左に移動することも可能です。

 

↓右曲がりの動画

 

 使いこなせれば撃ち合いでも強くなれるテクニックなので、覚えていない人は下記の記事を参考に練習してみてください!

 

ジグザグに走る

f:id:FPSgamer:20210720151927j:plain

ジグザグに走るだけです。「どうしても開けた場所を走らなければならない」そんな時に使います。

中距離や遠距離から撃たれている時に使うと非常に当てづらく厄介なため、嫌がらせだと思ってジグザグ走ってみましょう。

 

上で紹介した『タップストレイフ』と併せて使うと更に当てづらいです。

 

 

以上!「逃げる時のコツ」についてでした!

普段ツイッターでは「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】タップストレイフのやり方と設定【PC】

f:id:FPSgamer:20220608161333j:image

プロみたいに空中でぬるぬる動きたい...

そんな悩みを解決していきます。約5分で読めるよ。

 

この記事が向いてる人

・タップストレイフを知りたい人
・空中で方向を変えたい人
・ウォールジャンプを簡単にしたい人

 

 

今回は上級者向けのテクニック「タップストレイフ」について話していきます。


こんな感じでタップストレイフウォールジャンプを併用すれば異次元の動きもできるようになります。

 

 

  • この記事が向いてる人
  • タップストレイフとは?
    • 簡単に使えるようになる設定
  • タップストレイフのやり方
    • 初手・スラジャン!!
    • 曲がってみよう
    • もっと視点移動!!

タップストレイフとは?

まずタップストレイフってなに?

 

タップストレイフとは空中で方向を変えることができるテクニックです。(動画を参照)

こんな感じで空中で方向を180度近く変えることが出来ます。

 

地味だけど結構使うから覚えておくニャ!

 

簡単に使えるようになる設定

マウスホイールに「前進」を割り当てればいいだけ。

 

f:id:FPSgamer:20210710101241p:plain※ちなみにマウスホイール上でも下でもどちらでも良い。

 

やり方はこの後に解説しますが、ホイールをぐるっと回すだけで180度曲がれるようになるので、めちゃくちゃ簡単になります。

タップストレイフのやり方

いよいよ来ました。やり方編です。めんどくさいの嫌いな人多いと思うので勢いでいきます。付いてきてください。

 

初手・スラジャン!!

一番、基本的な動きかたです。「スライディング」→「ジャンプ」をするだけ。

 

ここからは「Wの前進」は使いません。使うのは「ホイールの前進」のみ。

曲がってみよう

ジャンプ中に下の3つを同時に行います。

 

右に曲がりたいなら「Dボタン」 +視点を右に向ける +ホイールを回す(前進)

 

左に曲がりたいなら「Aボタン」 +視点を左に向ける +ホイールを回す(前進)

 

もっと視点移動!!

いままで以上に視点を移動させます。それが出来れば180度曲がれます。

視点移動が速すぎると曲がり切れない時があるから注意。右でも左でも180度前後曲がることは可能なので、いろいろ試してみよう!

 

以上!

普段ツイッターでは「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】1秒でも時間を稼ぐことが大切な理由と粘るコツ

f:id:FPSgamer:20210706140502j:image

「粘って!」「耐えて」って言われるけど粘れない...

そんな悩みを解決していきます。

 

この記事では、瞬殺されない戦い方についての解説をしていきます。

『Apex Legends』はバトロワなので鉢合わせしたりや奇襲されたり、いろんな状況が想定されます。

 

対策を打つことは可能ですが...
100%防ぐことは不可能です。

 

なのでこの記事で「予想外の状況になっても態勢を立て直す力」を身につけて不意打ちにも負けないチームを作れるように頑張りましょう!

 

 

  • 粘ることが大切な理由
  • 粘る・耐える方法
    • ドアで耐える
      • 敵メンバーが揃うまで待つタイプ
      • グレで破壊してくるタイプ
    • ジップラインでの駆け引き
    • 置きグレで耐える
    • アビリティ・ULTで耐える
  •  最後に

粘ることが大切な理由

f:id:FPSgamer:20210706132749p:plain

粘ることが大切な理由は、味方さえ来てしまえばスイッチ・カバーといった別の連携術に移行することが可能で、不意打ちされたとしても態勢を立て直し不利な状況から五分五分の状況に持っていけます。

五分五分になってしまえば「エイム力」「立ち回り」「連携」での勝負に持ち込めるわけです。

 

粘る・耐える方法

f:id:FPSgamer:20210706114809p:plain

耐える工夫を話す前に逃げる時のコツやテクニックについて軽く触れておきます。意識することは以下の点。

 

・武器をしまう
・スライディングによる加速移動
・射線管理
・タップストレイフ(上級者向け)

 

敵から逃げるためには速さが最重要になってきます。小さな差でも手数が多ければ多いほど、敵との距離を引き離すことが可能になります。

 

まず覚えておいて欲しいのがスライディングです。スライディングは速さを上げるのによく使います。10秒の間に「スライディングを2回使うプレイヤー」>>>1回使うプレイヤー」では移動距離に小さな差があります。

 

この回数が自分の方が多ければ多いほど逃げやすく、敵の方が多ければ追いつかれやすいです。『Apex Legends』ではいろんなモーションからスライディングに派生させることができるため覚えておくと敵から逃げやすくなります。

 

逆に上のような基礎が出来てないと距離を詰められやすいニャ!

 

スライディングの知識がない人は『いろんなスライディングのやり方!』の記事がお勧めです。シンプルに逃げるのが苦手という人は『逃げる時にノックダウンしてしまう人必見!逃げる時のコツ』をご覧ください。

 

ドアで耐える

f:id:FPSgamer:20210220071609p:plain

結構な頻度で使うので覚えておきましょう。

今回は「粘る」「耐える」といった退くことを前提としている内容になっているので、守りの立ち回りで解説していきます。

 

基本的な知識ですが、ドアは2回「格闘」を使う、もしくは グレネードを使う ことで破壊することが出来ます。(細かく話すとほかにもいくつか存在しますが、ここでは省略)

f:id:FPSgamer:20210707130928p:plain

f:id:FPSgamer:20210707130932p:plain

f:id:FPSgamer:20210707131341p:plain

 

上の画像を見ればわかると思いますが、ドアを破壊した瞬間は武器を使用することが出来ないので隙が生まれます。この隙に関しては大半のプレイヤーが体験・経験を経て理解していると思います。

だからこそ「ドアを格闘で壊す」という選択をしてくるプレイヤーは少ないです。大体のプレイヤーは以下の2つのうちのどれかの行動をとってきます。

 

敵メンバーが揃うまで待つタイプ

f:id:FPSgamer:20210705114026p:plain

「敵メンバーが揃いかけるまでドアを止めて時間を稼ぐ」もしくは「ドアを止めながら体力を回復しておく」

敵メンバーの足並みを崩すためにも上で話した「走りまわる」を使ってパスやオクタンなどの足が速いキャラを一人だけ釣っていきましょう。

 

ここでは守りの立ち回りで解説していますが、タイマンに自信があるプレイヤーは釣った流れでカウンターを決めても良いかもしれません。うまく決まれば「不利な状況」→「有利な状況」に持っていくことが可能です。

 

グレで破壊してくるタイプ

f:id:FPSgamer:20200720183633j:plain

グレを投げたのを見たらドアから離れて逃げましょう。IQの高いプレイヤーは〝投げるフリ〟をしてくるため、焦ってドアから離れると背後から撃たれることになるので気をつけましょう。

 

ほとんどの敵プレイヤーはグレを投げた後、別の出口から回り込んできます。(※自分で投げたグレのせいで回り込まないと自滅する)回り込んでいる隙に別の建物に移動してドアを探そう。

 

注意

上記の2パターンが多いですが、体力次第ではドアを破壊してくる可能性も十分あり得るので油断は禁物。

 

ジップラインでの駆け引き

f:id:FPSgamer:20210707132948p:plain

いつまでも逃げ回っていては長く粘ることはできません。逃げて逃げて逃げて、時たまカウンターを狙いましょう。

そんな時に役立つのがジップラインです。どんなジップラインでも良いですが、個人的にオススメなのは縦型のジップライン(上の画像)です。

 

「逃げ腰の敵」「味方のいないソロ」と言うイメージを持たせることができれば、追って側に油断が生まれます。そこを逃さずしっかりとカウンターを決めていきましょう。

 

狙うはノックダウン!深追い注意!

 

ノックダウンさせれば「(追うのを諦めて)蘇生する」という選択肢が生まれるのでガンガン狙っていきましょう。ノックダウンさせられなかったら、深追いせず「粘る」「耐える」という当初の目的に戻ることがオススメです。

 

置きグレで耐える

f:id:FPSgamer:20210705114101p:plain

置きグレは「反撃」と「足止め」の両方の役割を持ちます。足元においておくだけで攻めれなくなったり、敵が気づかなければ致命傷を与えることもできます。

 

狭い道や出口の前に置いておくと有効です。爆発まで待つか回り込むかで足止めできます。無視して突っ込めば回復せざるを得ないので、どちらにして時間を稼ぐことに繋がります。

 

丸グレはカウンター用アークスターのエフェクトは派手なので足止め用。と使い分けるのが個人的にはオススメ。

 

アビリティ・ULTで耐える

f:id:FPSgamer:20210705115630p:plain

手軽に使えるアビリティやULT(アルティメット)を使う方法です。時間を稼ぐためには出し惜しみは無しです。生存のためにガンガン使っていきましょう。

 

 最後に

f:id:FPSgamer:20201017071903j:plain

以上「時間を稼ぐ」ということについての記事でした!

「時間を稼ぐ」ということは近・中距離での戦闘でもよく使います。戦闘中での時間の稼ぎ方が知りたいという人は『カバーとスイッチのやり方を覚えて強いチームを作ろう! 』をご覧ください。

〝連携が上手くいかない〟という人にこそ読んでもらいたい記事になっています!

 

普段ツイッターでは「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】味方のノックダウンを減らす!「カバー」の重要性について

f:id:FPSgamer:20220626142422j:image

カバーが下手すぎる...できない!

 

という悩みを解決していきます。無駄なところ省けば約5分

 

この記事が向いてる人

・カバーがわからない人
・使い方やカバーの仕方が知りたい人
・カバーにオススメのキャラが知りたい

 

この記事では、中級者になるとよく耳にする「カバー」について解説していきます。


チーム連携が求められるランクマなどでは、かなり差がつくポイントでもあるのでしっかり出来るようになっておきましょう!

 

 
 
  • この記事が向いてる人
  • オススメのキャラ
    • ジブラルタル
    • バンガロール
    • ブラッドハウンド
    • レイス
  • カバーで意識すること
    • チームの態勢を整えること
    • 自分がノックダウンしないこと
    • いろんなカバーがあること
  • いろんなカバーの立ち回り
    • 銃を撃ってヘイトを集める
    • グレネードでのカバー
    • アビリティやアルティメットを使う
  • 最後に(まとめ)

オススメのキャラ

この記事の内容にあったキャラを紹介していきます。

・ジブラルタル
・バンガロール
・レイス
・ブラッドハウンド

 

カバーにもいろんな種類存在するので、一個ずつ見ていくと良いでしょう。かなり簡単にまとめているのでサラッと読み切れます。

 

ジブラルタル

f:id:FPSgamer:20210626031736p:plain

戦術アビリティ:『プロテクトドーム』
ULT:『防衛爆撃』

 

この固有のどちらも味方を守るために使えるのが魅力。ドーム中の蘇生が早いことも強み。

ガタイが良すぎて被弾が多いのはたまに傷ですが、中距離戦を得意とするプレイヤーには相性が良いでしょう。

 

バンガロール

戦術アビリティ:『スモークランチャー』
ULT:『ローリングサンダー』

 

ジブラルタルと同じように固有がどちらも味方を守るために使えるのが魅力。

またパッシブの『駆け足』(※攻撃が来ると足が一時的に早くなる)があることで、最後尾を走ってもノックダウンしづらいので単体性能のみで考えるなら、個人的に一番おすすめ。

 

ブラッドハウンド

戦術アビリティ:『全能の目』
ULT:『ハンティングビースト』

 

戦術アビリティの『全能の目』で相手にプレッシャーをかけるカバー方法です。

相手が攻めようとして来るであろう場面で「全能の目」を使うことでカウンターを警戒させ、攻めるタイミングを遅らせるスタイルです。

 

レイス

戦術アビリティ:『虚空へ』
ULT:『ディメンションリフト』

 

『虚空へ』は味方を逃がす為に最後尾を走る際に役立ち、『ディメンションリフト』は味方の救出やリポジなどに使えます。

バンガやジブとは違い、スキル自体に妨害する機能がないのでプレイヤーの能力と掛け合わせることで真価を発揮します。

カバーで意識すること

とにかく覚えておいてほしいことは以下の3つ。

・チームの態勢を整えること
・自分がノックダウンしないこと
・いろんなカバーがあること


ここからはかなり重要になって来るから、真面目に読もう。

 

チームの態勢を整えること

いうまでもなく最終目標です。理由もなくカバーをするやつなんていません。とにかく、味方がノックダウンしないようにするということだけ覚えておこう。

 

自分がノックダウンしないこと

カバーに自己犠牲の精神はいりません。

味方がノックダウンしないようにするのは大切ですが、自分がノックダウンしたら意味がないということを忘れないようにしよう。

 

連携ゲームだからこそ、自分がやばい時は味方にカバーしてもらいましょう。

 

いろんなカバーがあること

カバー方法はいろんな種類があります。一番シンプルなものから順に...

・銃を撃ってヘイトを集める
・グレネードでカバー
・アビリティやアルティメットを使う


細かい使い方などはこの後、解説します。

 

状況に応じてカバー方法が違いますが、一貫して「チームの態勢を整えること」「自分がノックダウンしないこと」は崩していないことを理解しながら読んでみてください。

いろんなカバーの立ち回り

カバーが必要な場面は「仲間の体力が低い時」です。例えば「蘇生中」「蘇生後」「回復中」「激ローで逃げてる時」など。

 

体力が多いのに一番最初に逃げるプレイヤーはよく見かけるので、心当たりのある人は〝絶対に〟カバーを使えるようになっておきましょう。

 

銃を撃ってヘイトを集める

味方に向いてるヘイトを自分側に向けさせることでノックダウンを防ぐ。最もオーソドックスなカバー方法

 

敵の心理は「体力が低いやつを倒し切りたい!」です。こういう時に動きが雑になります。運が良ければノックダウンまで持っていくことも可能なのでガンガン撃っていきましょう。

(※敵が追うのを諦めて撃ち返してきた場合は「味方をノックダウンさせない」という目標が達成できます。)

 

 

先に言っておきますが「ヘイト管理」を使うには「索敵・射線管理」ができないときついです
 


「索敵・射線管理」ができる人は別記事の『戦場を掌握する「ヘイト管理」』をご覧ください。

 

グレネードでのカバー

f:id:FPSgamer:20210626041100p:plain

f:id:FPSgamer:20210626042227p:plain

「狭い道」や「狭い場所」などで使うと効果を発揮する置きグレ。

 

敵に追われているとき、敵が通るであろう位置にグレネードを置いておくことで時間差で攻撃が当たります。走りながら足元に置いておくだけで良いので、使う頻度は高め。

(※当たったらラッキー。当たらなくても足止めになる。)

 

アビリティやアルティメットを使う

アルティメットを使うことで敵を「足止め」「ノックダウン」「警戒」させることが可能です。

 

細かくキャラ別のアビリティやアルティメットのカバー方法が知りたい人は別記事をご覧ください。

最後に(まとめ)

高いランク帯になれば蘇生できずに切り捨てることを視野に入れないといけなくなることもよくあります。

 

だからこそ「カバーが大切」という話でした。

 

以上!『味方を守りきる!「カバー」の重要性について』の解説でした。

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】人数不利を覆す!1人で敵チーム3人に勝つ戦い方!

人数不利でも勝つ方法教えてほしい...

 

という悩みを解決する記事になってます。大体3分くらいで読めます。

 

この記事が向いてる人

・複数人との戦い方が知りたい人
・最後の一人になると勝てなくなる人
・1v3クラッチしたい人

 

 

この記事では人数不利で勝つために意識することについて話しています。

普段の3 対 3でも役にたつ知識や意識することなども書いてあるので最後まで読んでみてください。

 

 

 

  • この記事が向いてる人
  • 意識することは〝各個撃破〟
    • 敵の位置を把握する
    • 敵を分断する
    • ノックダウンを狙う
  • オススメの武器と戦い方
  • まとめ(最後に)

意識することは〝各個撃破〟

まず、複数人の戦闘でもっとも意識すべきことは〝各個撃破〟です。複数人を相手にする場合、1対1の状況を何度も作り、繰り返します。

 

流れはこんな感じ。

  1.  敵の位置を把握する
  2.  敵を分断する
  3.  ノックダウンを狙う
  4.  1~4を繰り返す


これを繰り返して、1人ずつノックダウンさせるのが定石です。あとは短時間での戦闘を意識しましょう。

 

敵の位置を把握する

これは当サイトでよく話す内容ですが、APEXでは〝必須条件〟です。


敵の位置がつかめなければ、1対1の状況を作れません。当然、各個撃破もできません。

 

敵の位置を把握できるヘッドホンやイヤホンを持っていれば、まず問題ないはずです。

索敵が苦手な人は、別記事『索敵が下手な人必見!敵の見つけ方とコツ!』を読んでみてね。

 

敵を分断する

敵を分断するには「走り回って足並みを乱す」「アビリティやアルティメットを使って分断する」といった方法がいくつかあります。結局のところ、敵の攻撃タイミングが合わなければタイマンに持ち込めるので....

 

タイミングをずらす意識。

 

ノックダウンを狙う

タイマンに持ち込めたら、ノックダウンを狙いましょう。ここで一人ノックダウンできるかが1v3クラッチ成功のカギです。逆にノックダウンできないと詰みます。

 

長期戦になれば物資も枯渇しますし、アビリティやアルティメットも使い切ってしまう形になってどんどん不利になっていきます。

 

分断できたら絶対に仕留めるニャ!

オススメの武器と戦い方

まず戦い方ですが、被弾しないように戦う『ピーク撃ち』を使うのが定石です。

特に複数人と戦闘する場合は体力の合計値が倍違うので、極力ダメージを受けないように戦うのが大切になってくるわけです。

 

ピーク撃ちってなに?

『ピーク撃ち』というのは一瞬だけ身体を出して攻撃するテクニックです。撃った後にすぐ隠れるのでダメージを食らいづらいのが特徴。

 

(※詳しい使い方の解説は別記事をご覧ください。)

 

オススメの武器に関しては『ピーク撃ち』を採用する以上、『ピーク撃ち』と相性の良い単発銃を最低1本持っておくことが大切になります。

※個人的には安定性のあるショットガンを採用することをオススメしています。

 

とはいえ、この武器編成は好みだと思うのでスナイパーやウィングマンを採用するのも一つの手と言えるでしょう。

まとめ(最後に)

1v3クラッチするのに大切なのは、「1対1の状況を作ってノックダウンできるか」だけです。あとは絶対に負けないという自信をもって緊張しないこと。

 

以上!「人数不利を覆す!1人で複数人に勝つ戦い方」についてでした!

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

また!別の記事で会おう!

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む