【Apex Legends】プラチナ4から勝てない人必見の立ち回り方!ランクマ徹底攻略

f:id:FPSgamer:20200516015057j:plain

この記事はこんな人におすすめ

・プラチナから勝てない
・ダイヤに昇格できない

プラチナから全然あがれない・・・

こんにちは、にゃーぐる(@FPS_Nyagle)です!

プラチナ帯は初心者と中級者が混ざることで有名なランク帯です。初心者の大半はここで躓くことになると思います。まずはよくある要因から説明します。

ランクがあがらない主な理由としては以下の3つがあげられます。

  1. 「降下場所が悪い」
  2. 「撃ち合いが弱い」
  3. 「ヤケクソになる」

降下場所(立ち回り)、撃ち合い(エイム力)、そしてヤケクソにならない精神力(意志)が重要になってきます。特にゴールドまではエンジョイでやっている人も多いと思うので「ヤケクソになる」がもっとも多いと思います。

どれも重要な話なので最後まで読んでみてください!

「カジュアルはカジュアル、ランクはランク」心構えとして覚えておくニャ!

(※この記事ではダイヤになるために必要な知識を書いています。ブロンズ帯~ゴールド帯の人は【Apex Legends】初心者向けのランクマッチ解説!効率良くポイントを稼ぐコツ!を読んでみてください!)

 

 

プラチナ帯での立ち回り

ランクマッチでもっとも重要なのは降下です。初動で物資を十分に集められないと短期決戦に持ち込むしかなくなって戦略の幅が一気に減ってしまいます。なので競争率が低く物資がある程度揃いそうな場所を選んでいきましょう。

降下場所を選ぶ

f:id:FPSgamer:20200329153829j:plain

どういうところを狙って降下すればいいの?

「1部隊と被るかも・・・」くらいの位置を選んでいくのがおすすめニャ!

カジュアルマッチのような感覚で激戦区に降りると実力というより運の要素が強くなってしまうので基本的に過疎のポジションを狙いましょう。

ただ競争率が低いだけのことがあって装備が完璧になることはありません。なので漁りを早くして小さい集落を2~3個漁ることを基本としましょう。

この時意識することは

  1. 自分の降りようとしている場所に別チームがいないかを探す(安全の確保)
  2. 自分の降りる場所にピンを指してチーム全体の漁る速度を上昇させる
  3. 周りの集落に何チームいるかを見ておく(漁夫対策)
  4. 上の3つをした後、次に進む集落・町を決める

 

この記事を読んだ人が野良なら率先してチームを引っ張っていく気持ちが必要です。リーダーがいないチームは各々が強くない限り確実に負けます。ボイスチャットをするなりピンを指すなり連携に重きを置きましょう。

 

プラチナ帯での戦闘時のコツ

f:id:FPSgamer:20200820225026j:plain

 プラチナ帯になってくるとどのプレイヤーも無駄がなくエイムもある程度あります。周りと差をつけるためにエイム力を上げる練習をおこたらないようにしましょう。

ただこの記事ではエイム力をつける方法を説明しません。エイムの練習は時間がかかるうえなかなか向上しません。なのでプラチナ帯で差をつけるために戦闘で使える「小技・テクニック」を紹介しようと思います。

 

テクニックで差をつける

プラチナ帯は初心者と中級者がまとまっているランク帯です。周りのプレイヤーがエイム力や立ち回りに力を入れているからこそ小技やテクニックで差をつけることができます。

『レレレ撃ち』

誰もが知ってるであろう基礎中の基礎・APEXでは必須のスキル『レレレ撃ち』

プラチナまで上がっているのでレレレ撃ちはマスターしていると思いますが、念のため紹介しておきます。

左右に揺れながら発砲することで被弾率を下げるテクニック。勝率を上げるために必要なのは〝敵にあてること〟と〝あたらないこと〟です。まだ使いこなせていないと思う人は【Apex Legends 】レレレ撃ちの練習方法と対策!【PC】を読んでみてください!

 

『決め撃ち』

初心者から中級者にあがるのに必須のスキル『決め撃ち』

敵の位置を把握したり、敵の動きを予測しないと使用できないテクニックなのでデバイス選びなどが鍵になってきたりします。これから先、撃ち合いで勝つためには絶対に必要不可欠なテクニックなので抑えておくことがおすすめです。

 

『屈伸撃ち・屈伸レレレ』

レレレ撃ちのところでも書いたように1対1で撃ち合うとき必要なのは〝敵にあてること〟と〝あたらないこと〟です。左右の動きに上下の動き(屈伸)を足すことでさらに被弾率を下げることができます。

縦にうごくという戦闘スタイルに慣れていないプラチナ帯のプレイヤーにはかなり刺さるテクニックになっています。細かいやり方やコツに関しては【Apex Legends】屈伸レレレのやり方とキーボード設定!【PC】で書いているので参考にしてみてください。

 

所詮は〝付焼刃(つけやきば)〟

ダイヤ以上では大した差にはなりません。なのでテクニックに頼りすぎず、地道な練習をすることが大切です。

 

言い方が少し厳しかったかもしれないニャ・・・ただ依存しすぎると後半厳しくなることは事実ニャ・・・

簡単に手に入るということは誰でも簡単に使えるという裏付けにもなってしまう。そのことをしっかり理解して日々の地道な練習を頑張ろう!

 

牽制のコツ

ゴールド帯まではほとんどの人が使っていない『牽制』

『牽制』をかけることで相手の動きを制限したりすることができます。自分が不利ポジションにならないようにするために使ったりします。これからダイヤ・マスター・プレデターを目指すなら必須のスキルなので早いうちに使い慣れておきましょう!

 

戦略的な陰キャムーブ

時には陰キャムーブを使ったほうがいい場合もあります。

使ったほうがいい場面

  1. 味方の2人が確殺されて蘇生の見込みがない時
  2. 3部隊以上の乱戦時

味方が確殺されてソロ(蘇生もできない状態)になってしまった場合相当な実力がない限り1v3は無理なので陰キャムーブをしましょう。これで怒ってくるプレイヤーもたまにいますが関係ないです。

死人に口なし・・・

 

チームプレイに固執しすぎない

プラチナ帯からダイヤ以上になろうとするとプレイヤーの意識を大きく変える必要があります。プラチナ帯の強さは本当にピンからキリまでいるので切り捨てるということも視野に入れましょう。

意図的に見捨てるというわけではありません。ただ無謀ともいえる立ち回りをしたりヤケクソになったりするプレイヤーは一定数いるので流されないようにするのがベストです。

 

最後に

f:id:FPSgamer:20200309035240j:plain

キルを狙いに行かなくとも最後まで生きていれば3キル(アシスト含めて)はできるので堅実なプレイを心がけていきましょう。

ランクマッチはキャラを選ぶところから試合が始まっています。ランクでオススメのキャラは別記事の【Apex Legends】ランクマッチでおすすめキャラクター&弱いサーバー紹介で紹介しているのでよければ読んで見てください!

blog.fpsnyagame.com 

 

普段ツイッターでは動画などをあげたりテクニックの記事を貼ったりしているのでチェックしてみてください!ツイッターのフォローやシェアは運営継続の励みになるのでどうかよろしくお願いします!