NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】撃ち合いが強くなるテクニック・小技!【PC】

f:id:FPSgamer:20200226174114j:image

この記事はこんな人におすすめ

・撃ち合いで勝てない人
・テクニックを知りたい人

こんにちは、にゃーぐるです!

今回は戦闘で役に立つテクニック・小技について詳しく書いていきます!

戦闘系のテクニックを覚えられれば、対面での撃ち合いの勝率が上がったりします。
覚えるのも簡単なので撃ち合いが苦手な初心者や中級者にオススメです!

 

キャラコン系の「ウォールジャンプ」「Dizzy式ジップライン」が知りたい人はここでは紹介していないので、下の記事からどうぞ!

 
 

 

撃ち合いで有利に戦うためには?

f:id:FPSgamer:20200919120012j:image

まず戦闘で有利に戦うには以下のことが重要になってきます。以下の2点です。

・ダメージを計算する
・攻撃のバリエーションを増やす

ダメージを計算する

ダメージを計算すれば、あと一発という時に格闘を使うという選択が出来たり、HPが同じくらいなら回復したりなど選択肢が多くなります。〝駆け引き〟ができるようになれば、この〝駆け引き〟次第で相手にプレッシャーをかけることができます。

プレッシャーをかければ「(本当は)フェニックスキットが使いたいけど詰めてくる可能性を考えてセルにしよう・・・」と相手の選択肢を減らすことができます。

この小さな回復量の差や「HPがマックスじゃない」という心理が勝敗を左右することになるニャ!

 

攻撃のバリエーションを増やす

例えば、戦闘中に左右に揺れたり、しゃがみを入れたり、スライディングをするだけで勝率が棒立ちに比べてかなり上がります。

こういった小さな工夫が差をつけることになります。

この記事ではその小さな工夫を使ったテクニックを紹介していきます。

 

テクニック・小技 

これから紹介していくテクニックは「早いうちに覚えておいた方が良い!」というものから順に書いています。やり方や練習方法などは別の記事で細かく載せているので各テクニックから飛んで読んでください!

レレレ撃ち

レレレ撃ちは左右に動き、回避率を上げながら攻撃するテクニックです。

もはやAPEXでは〝必須〟といっても過言ではないテクニックです。このあと紹介する「屈伸撃ち」と併せて使える「屈伸レレレ」というテクニックも存在するので、基礎だと思ってしっかり覚えましょう!

【Apex Legends 】レレレ撃ちの練習方法と対策!【PC】

 

キメ撃ち

キメ撃ちは敵の出てくるであろう位置に弾を飛ばしておくテクニックです。簡単なイメージとしては〝弾幕〟です。

敵の行動を予測して撃っておくことで(敵が)出てきたとき、先撃ちしたのと同じ状況を作ることができます。先撃ち以外にも、あと1発という緊迫している場面や自分のHPが少ないという劣勢な場面でもよく使います。

 

予測して撃つということからも分かるように〝壁の向かい側〟〝コンテナの裏〟などの見えない敵を狙うことになるのである程度の索敵能力が必要になっています。

【FPS】決め撃ちの意味と使い方解説!使いこなせれば脱初心者!? 

 

スライディング撃ち

スライディングをしながら撃つテクニックです。キメ撃ちが使えることが前提となっています。おもに飛び出す時や敵のキメ撃ち対策に使います。

「走ってくる」という相手の予想を崩すことができるこのテクニックは、被弾率を抑えたり、敵の弾を撃ち切らせたりできます。近距離での戦闘でかなり使うことになるので、しっかり覚えておきましょう。

スライディングが発生する条件を知っておくことで、瞬時にスライディング撃ちを使うことができるようになります。

→スライディングのテクニック記事は作成中

 

屈伸撃ち

屈伸をしながら撃つことにより被弾率を下げるテクニックです。また使用者があまりいないため対策されていません。上級者や猛者には通じないかもしれませんが初心者や中級者には刺さる小技になっています。

「屈伸撃ち」は上下に動くテクニックです。ヘッドショットのラインなどをずらすことができるので、近距離の撃ち合いやヘッドショットを狙うプレイヤーに効果を発揮します。

左右に動く「レレレ撃ち」と組み合わせることで更に強力になります。

【Apex Legends】屈伸レレレのやり方とキーボード設定!【PC】

 

最後に

テクニックを使えば今まで負けていたような場面でも徐々に勝てることが多くなってきます。

特にレレレ撃ちとキメ撃ちが出来るようになると一気に勝率が上がります。すぐ強くなりたいという人はこの2つをしっかり練習してみてください!

 

それではまた他の記事でお会いしましょう! 

普段ツイッターで動画をあげたりテクニックの記事を貼ったりしてるのでぜひチェックしてみてください!!