NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】味方のノックダウンを減らす!「カバー」の重要性について

f:id:FPSgamer:20220626142422j:image

カバーが下手すぎる...できない!

 

という悩みを解決していきます。無駄なところ省けば約5分

 

この記事が向いてる人

・カバーがわからない人
・使い方やカバーの仕方が知りたい人
・カバーにオススメのキャラが知りたい

 

この記事では、中級者になるとよく耳にする「カバー」について解説していきます。


チーム連携が求められるランクマなどでは、かなり差がつくポイントでもあるのでしっかり出来るようになっておきましょう!

 

 
 

オススメのキャラ

この記事の内容にあったキャラを紹介していきます。

・ジブラルタル
・バンガロール
・レイス
・ブラッドハウンド

 

カバーにもいろんな種類存在するので、一個ずつ見ていくと良いでしょう。かなり簡単にまとめているのでサラッと読み切れます。

 

ジブラルタル

f:id:FPSgamer:20210626031736p:plain

戦術アビリティ:『プロテクトドーム』
ULT:『防衛爆撃』

 

この固有のどちらも味方を守るために使えるのが魅力。ドーム中の蘇生が早いことも強み。

ガタイが良すぎて被弾が多いのはたまに傷ですが、中距離戦を得意とするプレイヤーには相性が良いでしょう。

 

バンガロール

戦術アビリティ:『スモークランチャー』
ULT:『ローリングサンダー』

 

ジブラルタルと同じように固有がどちらも味方を守るために使えるのが魅力。

またパッシブの『駆け足』(※攻撃が来ると足が一時的に早くなる)があることで、最後尾を走ってもノックダウンしづらいので単体性能のみで考えるなら、個人的に一番おすすめ。

 

ブラッドハウンド

戦術アビリティ:『全能の目』
ULT:『ハンティングビースト』

 

戦術アビリティの『全能の目』で相手にプレッシャーをかけるカバー方法です。

相手が攻めようとして来るであろう場面で「全能の目」を使うことでカウンターを警戒させ、攻めるタイミングを遅らせるスタイルです。

 

レイス

戦術アビリティ:『虚空へ』
ULT:『ディメンションリフト』

 

『虚空へ』は味方を逃がす為に最後尾を走る際に役立ち、『ディメンションリフト』は味方の救出やリポジなどに使えます。

バンガやジブとは違い、スキル自体に妨害する機能がないのでプレイヤーの能力と掛け合わせることで真価を発揮します。

カバーで意識すること

とにかく覚えておいてほしいことは以下の3つ。

・チームの態勢を整えること
・自分がノックダウンしないこと
・いろんなカバーがあること


ここからはかなり重要になって来るから、真面目に読もう。

 

チームの態勢を整えること

いうまでもなく最終目標です。理由もなくカバーをするやつなんていません。とにかく、味方がノックダウンしないようにするということだけ覚えておこう。

 

自分がノックダウンしないこと

カバーに自己犠牲の精神はいりません。

味方がノックダウンしないようにするのは大切ですが、自分がノックダウンしたら意味がないということを忘れないようにしよう。

 

連携ゲームだからこそ、自分がやばい時は味方にカバーしてもらいましょう。

 

いろんなカバーがあること

カバー方法はいろんな種類があります。一番シンプルなものから順に...

・銃を撃ってヘイトを集める
・グレネードでカバー
・アビリティやアルティメットを使う


細かい使い方などはこの後、解説します。

 

状況に応じてカバー方法が違いますが、一貫して「チームの態勢を整えること」「自分がノックダウンしないこと」は崩していないことを理解しながら読んでみてください。

いろんなカバーの立ち回り

カバーが必要な場面は「仲間の体力が低い時」です。例えば「蘇生中」「蘇生後」「回復中」「激ローで逃げてる時」など。

 

体力が多いのに一番最初に逃げるプレイヤーはよく見かけるので、心当たりのある人は〝絶対に〟カバーを使えるようになっておきましょう。

 

銃を撃ってヘイトを集める

味方に向いてるヘイトを自分側に向けさせることでノックダウンを防ぐ。最もオーソドックスなカバー方法

 

敵の心理は「体力が低いやつを倒し切りたい!」です。こういう時に動きが雑になります。運が良ければノックダウンまで持っていくことも可能なのでガンガン撃っていきましょう。

(※敵が追うのを諦めて撃ち返してきた場合は「味方をノックダウンさせない」という目標が達成できます。)

 

 

先に言っておきますが「ヘイト管理」を使うには「索敵・射線管理」ができないときついです
 


「索敵・射線管理」ができる人は別記事の『戦場を掌握する「ヘイト管理」』をご覧ください。

 

グレネードでのカバー

f:id:FPSgamer:20210626041100p:plain

f:id:FPSgamer:20210626042227p:plain

「狭い道」や「狭い場所」などで使うと効果を発揮する置きグレ。

 

敵に追われているとき、敵が通るであろう位置にグレネードを置いておくことで時間差で攻撃が当たります。走りながら足元に置いておくだけで良いので、使う頻度は高め。

(※当たったらラッキー。当たらなくても足止めになる。)

 

アビリティやアルティメットを使う

アルティメットを使うことで敵を「足止め」「ノックダウン」「警戒」させることが可能です。

 

細かくキャラ別のアビリティやアルティメットのカバー方法が知りたい人は別記事をご覧ください。

最後に(まとめ)

高いランク帯になれば蘇生できずに切り捨てることを視野に入れないといけなくなることもよくあります。

 

だからこそ「カバーが大切」という話でした。

 

以上!『味方を守りきる!「カバー」の重要性について』の解説でした。

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X