NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】カバーとスイッチのやり方を覚えて強いチームを作ろう!

f:id:FPSgamer:20210704030918j:image

「カバー」とか「スイッチ」の仕方がわからない...

そんな悩みを解決していきます。

 

この記事では、中級者になるとよく耳にする「カバー」や「スイッチ」についての解説をしていきます。

 

チーム連携が求められる『Apex Legends』でかなり差がつくポイントでもあるのでしっかり出来るようになっておきましょう!

 

 

目次のせいで長そうに見えますが、7分くらいで読み切れます。

 

オススメのキャラ

この記事の内容にあったキャラを紹介していきます。(使いやすいキャラから順に書いています。)

  1.  レイス
  2.  ジブラルタル
  3.  オクタン・パスファインダー

 

レイス 

f:id:FPSgamer:20210626031720p:plain

今回話す内容の「カバー」「スイッチ」のどちらとも相性良いキャラです。カバーをした後は最後尾になりやすいので、レイスのアビリティ「虚空」を活用して逃げきります。スイッチでも同様「虚空」が刺さります。(※詳しいことは後で説明します。)

 

ジブラルタル

f:id:FPSgamer:20210626031736p:plain

「カバー」と相性の良いキャラです。「プロテクトドーム」を使えば体力が低い味方が射線を切ることができます。ジブラルタルは移動速度が上昇する能力を持っていないので、最後尾にいすぎるとオクタンやパスファインダーなどの餌食になるので注意。

 

オクタン・パスファインダー

f:id:FPSgamer:20210626031738p:plain

「カバー」と相性の良いキャラです。どちらも「足の速さ」が強みです。ただ、レイスのように実体がなくなる等の能力ではないのでプレイヤー自身のスキルや経験が求められます。

パスファインダー使いなら「グラップルのテクニック」を抑えておくと良いでしょう

 

注意

「カバー」「スイッチ」は基本的にどのキャラでも使えます。「どのキャラを使えばいいか分からない」という人は上記のキャラを使ってみましょう。

 

カバーのやり方

f:id:FPSgamer:20210704014623j:plain

カバーは「体力の多いプレイヤーが体力の少ないプレイヤーを援護し、ノックダウンを防ぐ連携術」です。

 

主に蘇生中や蘇生後敵に追われている場面に使います。体力が多いのに一番最初に逃げるプレイヤーはプラチナ帯でもよく見かけるので、心当たりのある人は〝絶対に〟できるようになっておきましょう。

 

カバーで意識すること

f:id:FPSgamer:20210308170833j:plain

カバーの最終目標は「味方の態勢を立て直すこと」です。

 

敵の体力をかなり削ったからと言って、回復中の味方を放ったらかしにして単体で攻めたりしないようにしましょう。1人で戦うより2人で連携して戦った方が強いです。

3人1組の場合「2人が回復中→残りの1人で守り」「1人が回復中→残りの2人でこう着状態を作る」「誰も被弾してない→GO」 目安としてはこんな感じです。

 

 

よく使うカバーは以下の3つです。 

  1.  射線を通してタゲ取り
  2.  グレネードで時間稼ぎ
  3.  アビリティやULTなどによるカバー

それじゃ!1つずつ解説していくニャ!

 

射線を通してタゲ取り

f:id:FPSgamer:20210623105931p:plain

逃げる時、先頭・真ん中・最後尾の3つのポジションが存在します。「先頭」もしくは「真ん中」で体力が最後尾のプレイヤーより多い時は追ってきている敵に攻撃して最後尾のプレイヤーが逃げ切れるように援護しよう。

(先頭のプレイヤーと2人でカバーするのも有り。)

 

この時「敵に攻めさせないようにすること」が大切です。

 

追っている側も反撃されれば追うのを一旦諦めなくてはいけません。その間に弱っているプレイヤーを回復させましょう。

 

f:id:FPSgamer:20210623105521p:plain

注意

カバーしたプレイヤーが思いっきり被弾してしまうと一気に攻めてきてしまうので、上の画像のように射線管理を徹底して戦いましょう。 

※無防備に詰めてきたならノックダウンを狙ってOK

 

グレネードで時間稼ぎ

f:id:FPSgamer:20210626041100p:plain

f:id:FPSgamer:20210626042227p:plain

通称:置きグレ。自分自身が逃げる時にも使うことが出来るので使うタイミングなどを学んでおくと良いでしょう。

 

「狭い場所」「出口が1つしかない場所」まで誘導して使うと非常に効果的です。敵の動きなどを予想して投げておくだけでも意外と刺さります。

チームメイトとボイスを繋いでる場合は敵の位置情報を話しあって逃げてるプレイヤーの代わりに「置きグレ」してあげると喜ばれると思います。

 

※ちなみに上の画像では、2階でノックダウンしている味方の蘇生のためにグレネードで時間稼ぎをしてます。

 

アビリティやULTなどによるカバー

f:id:FPSgamer:20210623111108p:plain

『ジブラルタルのドーム』や『バンガロールのスモーク』などを使っておくだけで射線管理がしやすくなりノックダウンが大幅に減ります。

 

背後から迫ってくる敵の足を止めさせることを考えながらULTやアビリティを使ってみましょう。 

 ※『コースティックのULT』は狭い道で使う、『ジブラルタルのULT』は背後の敵との距離を考えて後ろに投げる(足元に投げる)、などの工夫があると良い◎

 

スイッチのやり方

f:id:FPSgamer:20210704003220p:plain

スイッチは 「前衛と後衛を交互に切り替えてノックダウンを減らす連携術」 です。

 

ただカバーと大きく違うのは「近距離での戦闘中に使う」ということです。回復せずにずっと攻めてれば体力不利でいずれ負けます。回復する時間を作ってあげれば、長期戦や連戦にも対応できるようになります。(ノックダウンしなければ漁夫対策になる。)

 

攻める時にも守る時にも使えるテクニックなので高みを目指すプレイヤーは押さえておくと良いでしょう。

 

スイッチで意識すること

f:id:FPSgamer:20210308170833j:plain

スイッチもカバーと同じく「味方の態勢を立て直すこと」が最終目標です。

 

カバーと違う点は近距離での戦闘時に使うことが多い点です。まずは下の画像を見てください。

 

f:id:FPSgamer:20210627122420p:plain

f:id:FPSgamer:20210627123244p:plain

こんな感じで前にいるプレイヤー(ワットソン)と交代します。味方が体力を回復するためにも自分が代わりに前に出てあげましょう。

 

スイッチした時に意識する点はこんな感じです。(※自分が前衛と入れ替わる場合を想定しています。)

  1. ノックダウンしない
  2.  味方の回復する時間を稼ぐ
  3.  1対 複数になる場合は「カバー」

 

ノックダウンしない

f:id:FPSgamer:20210627132640p:plain

上記の中で一番大切になってくるのは「ノックダウンしない」です。

理由は単純ですが、味方がノックダウンしないようにスイッチしたのに、自分がノックダウンしてしまっては意味がないからです。なのでスイッチした時は瞬殺されないように頑張りましょう。粘り方などについては下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

『1秒でも時間を稼ぐことが大切な理由と粘るコツ』

 

味方の回復する時間を稼ぐ

f:id:FPSgamer:20201231205146p:plain

自分の身を守れるようになったら次は「味方の回復する時間を稼ぐこと」 を意識してみましょう。グレネードやピーク撃ちなどを使って大ダメージを避けながらうまく時間を稼ぎましょう。この内容も上のリンクで解説しています。

 

デュオや2人の場合は少し立ち回りが違うので、デュオ時の立ち回りに関しては別の記事を参考にしてみてください。(※近いうちに作成予定)

 

1対 複数になる場合は「カバー」

f:id:FPSgamer:20210627131926p:plain

逃げている味方の後ろに敵全員がついてきているパターンがあります。この時にスイッチをすると瞬殺されることになるので気をつけましょう。

味方からの報告をしっかりと聞いてからスイッチするか、カバーするかを決めましょう。ただボイチャなどでの連携が必須になるため、ボイス無しでプレーする人は無難にカバーが良いかもしれせん。

 

 最後に

f:id:FPSgamer:20210107162244j:plain

正直言うと今回のスイッチとカバーは「ガチ勢」寄りの連携術です。エンジョイ勢には馴染みがないかも知れません。

『Apex Legends』と言うゲームは基本的にエイムが全てではないです。「エイム力がそこそこあるのにランクが上がらない」と言う悩みを持っている人やより強いチームを作りたいと思っている人は、これを機に連携に力を注いでみると良いでしょう。

連携を使いこなすには〝視野の広さが非常に重要〟になってくるので「APEXで使える索敵術」も時間がある方は是非読んでみてください。

 

 

以上!カバーとスイッチについての解説でした!

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X