NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】撃ち合いで勝てない人が意識することと戦い方【初心者〜中級者向け】

f:id:FPSgamer:20210225195025j:image

どうしても撃ち合いで負ける...

こんな悩みを解決していきます。

 

この記事では撃ち合いで勝てるようになるための立ち回りや意識すること・戦闘で使えるテクニックについて話しています。

 

撃ち合いで勝つためには「被弾をどれだけ減らせるか」が重要になってきます。被弾を減らすには最低限「敵の位置を知ること(索敵)」や「有利な状況を作る力(立ち回り)」が求められます。

ここでは、それらの解説はしません。もし「できないなぁ...」と思う人は下に各記事のリンクを貼っておくのでそちらをご覧ください。

▶︎敵の見つけ方と索敵のコツ!
▶︎射線の切り方・射線管理のコツ!
▶︎立ち回りの基本を徹底解説! 

 

 

じゃあこの記事ではなにを話すの?

撃ち合いで役にたつ戦い方や意識することを紹介・解説していきます。

被弾を減らすためによくやる動作や戦い方などをピックアップしました。読めばすぐ使えるテクニックばかり紹介しているので、参考にしてみてください。

 

 

 

被弾率を下げる戦い方

以下の点が意識できれば、撃ち合いが劇的に変わります。

・単調な動きをしない
・手数を増やす
・ドアを使う
・アーマー早着替え
・戦闘テクニック

 

単調な動きをしない

f:id:FPSgamer:20210225184743p:plain

単調な動きは比較的予測しやすいので、大きなダメージを食らう原因になりがちです。どんな場面でも単純な動きをしないように心掛けてみましょう。

(例:「後ろから狙われてる時はまっすぐ走らない」「棒立ちしない」など...)

 

戦闘中でよくある単調な動きは「何度も同じところから顔を出す」です。

近・中距離戦の話ですが、何度も同じ場所から顔を出すのはNG。相手のレベルが高ければ高いほど、1回目に体を出した時より多くのダメージを食らうことになります。

 

僕の場合は、2回くらい出たら場所を変えたりします。

 

でも身体出さないと敵が見えないじゃん。

そんな時はジャンプして確認しましょう。被弾を抑えるためには長く身体を出さないことが重要です。(※大きく身体を出さないことも同じくらい重要)

一瞬しか見えないという難点こそありますが、そうそう大きなダメージを食らうことはないので何度もジャンプして敵の位置を把握しましょう。

f:id:FPSgamer:20210220071642p:plain

f:id:FPSgamer:20210220071647p:plain

こんな感じです。複数回ジャンプする場合は、置きエイムスナイパーを警戒して、ちょっと場所をズラすのがオススメ。

f:id:FPSgamer:20210220071948p:plain

f:id:FPSgamer:20210220071953p:plain

 

手数を増やす

f:id:FPSgamer:20210225181757j:image

複数の部隊との乱戦でない限り、手数を増やしながら戦うように意識しましょう。

手数が多ければ多いほど敵を翻弄することができ、敵の足並みを崩すことができます。射線管理だけじゃなく、グレの管理やアルティメットの把握をするのは、そこそこのやり手でなければ困難です。相手を容量オーバーにさせて畳みかけるのも、一つの戦略と覚えておきましょう。

 

【例:グレを活用しているシーン】

①味方が2人で敵が3人という人数不利からの戦闘での例です。ここでは戦車の左側から攻撃をしました。

f:id:FPSgamer:20210225074531p:plain

②戦車で射線を切りながら、グレを投げました。(この時、射線管理が非常に重要です。)

f:id:FPSgamer:20210225071941p:plain

f:id:FPSgamer:20210225072106p:plain

③グレを投げた後、戦車の右側から攻撃をしてグレの爆発とR-301で1人ノックダウンさせました。(「単調な動きをしない」で話した通り、同じところから攻めないように意識しています。)

f:id:FPSgamer:20210225072010p:plain

④ノックダウンさせても攻撃の手を緩めず戦います。ここではホライゾンのアビリティを使って〝索敵〟と〝確キル〟の両方行っています。

f:id:FPSgamer:20210225075330p:plain

ここまでほんの数秒ですが、スムーズに動けるようになるだけでかなり一方的な戦いができます。人数不利でも敵の足並みを崩して〝各個撃破〟することができれば全然勝ち筋があります。

 

ちょっと先のことを考えながら戦えるのがコツだにゃ

 

ドアを使う

上手いプレイヤーはよくドアを使います。

透明な部分から中の様子を見たり、敵の攻撃を防いだりできるドアは結構な頻度で使うので使いこなせるようになると良いでしょう。

 

まずは、下の画像をご覧ください。

f:id:FPSgamer:20210220071609p:plain

1対3でアーマーがなくなっている状態での戦闘です。セルを使う選択肢もある場面ですが、正面のランパートの射線管理が甘かったため扉を開けて攻撃しました。

f:id:FPSgamer:20210220071610p:plain

f:id:FPSgamer:20210220071557p:plain

気付かれていなければ、こんな感じで一瞬だけ一方的に撃てます。こちらの体力が少ない場合は欲をかかず「ちょっと攻撃を当てる」→「ドアを閉めて被弾しないようにする」を繰り返して体力不利から互角まで持っていけるよう意識しましょう。

 

ドアは好きなタイミングで開け閉めできるので、駆け引きに最適です。

 

自分のタイミングで遮蔽物を作れたり、ドアを押さえておけば数秒時間を稼ぐこともできます。数秒時間を稼ぐだけでも、回復やアビリティのクールタイムを縮めたりといろんなことに使えるので有効的に使いましょう。

 

アーマー早着替え

f:id:FPSgamer:20210225070056p:plain

近距離での戦闘ではアーマーを素早く着替えるテクニックが強力です。勝ちに固執するなら、「レベルの高いアーマーを着てても、0になった瞬間捨てる」という柔軟な発想ができなくてはいけません。

紫アーマーや赤アーマーは確かに強いですが、アーマーの体力が0の紫(赤)アーマーは白アーマーに負けます。命より大切なアイテムはありません。あとのことを考えるよりまずは戦闘で生き残ることに重点を置こう。

 

注意

アーマーを着替えることに意識が向きすぎると撃ち合いで負けやすくなるので「運よく拾えたら拾う」くらいを心がけよう。

 

撃ち合いで使える戦闘テクニック

ここでは地味なテクニックから派手なテクニックまで紹介しています。意表を突けば一瞬隙が生まれます。その隙を作るために役立つのが戦闘テクニックです。

「ウォールジャンプ」はまさに意表を突いたテクニックです。相手の予想を超えた動きができるのが魅力です。戦闘で使うにはかなり難易度が高いテクニックなので、優先順位としてはかなり低いです。

(※下に貼ってある記事『撃ち合いが強くなるテクニック・小技』では、上級テクニックの「ウォールジャンプ」を解説していません。興味のある方は『ウォールジャンプ』のやり方と簡単にする設定方法!【PC】をご覧ください。)

 

チームの連携

f:id:FPSgamer:20210218010050j:image

最後はチームワークです。チーム戦が苦手という人向けです。

APEXは1人で戦うゲームではありません。1対1 で負けやすいという人は個人で戦わず連携をとって戦うことがオススメです。

 

せっかく仲間いるのに一緒に戦わない手はないです。

 

下の記事では味方を活かす立ち回り方や陣形についての解説をしています。自分が動くことで野良とでも「クロス」を組めるようになったりします。「自分を守れるようになったプレイヤー」や「1人では勝てないというプレイヤー」にオススメの記事になっています。

【現在作成中。完成次第Twitterに投稿します。】

 

 

以上!「撃ち合いで勝てない人が意識することと戦い方」についてでした!

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

「今回話した内容が難しいな」と思った人は下の『初心者が上手くなるために知っておくべき〝本当の基礎〟』を読むと自分の弱点が見つかると思います。ぜひ読んでみてください!