NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】牽制ができると味方のノックダウンが減る!?やり方とコツ【まわりと差がつく】

f:id:FPSgamer:20220620123519j:image

体力の低い味方を助けるにはどうすればいいの!

そんな悩みを抱えている人向けの記事になっています。

 

今回は中級者が覚えるべき地味テク〝牽制〟について話していきます。

 

牽制のやり方やコツが覚えられれば、高ランク帯でも「なかなかノックダウンしない粘り強いチーム」を作ることができるようになります。

中級者以上の人にオススメだニャ!

 

 

牽制とは

f:id:FPSgamer:20220311160157p:plain

牽制とは...敵側に発砲して威圧することです。

覚えておいてほしいことは「威圧する」という行為がもたらす効果が絶大ということです。

 

「牽制する」=「威圧する」→「(敵が)攻めるか悩む」という状況を作ることが出来ます。これが出来れば味方をゆっくり蘇生することもできますし、敵が攻めるのをあきらめたりするようになります。

 

1人でカジュアルに入ればわかると思いますが、APEXは個人プレーだけでは勝ちづらいゲームです。だからこそ、チームプレーの基礎だと思って、牽制を学んでみると良いでしょう。

 

牽制をする理由と使う場面

f:id:FPSgamer:20220220072234j:plain

  1.  「味方を守るため」
  2.  「有利なポジションを守るため」

使う場面はこんな感じです。細かい解説については後ほど。

 

牽制をする理由は共通して「相手の動きを制限する」ということです。

簡単な例を挙げるなら「有利なポジションに移動させないために〜」とか「敵が攻めてこないように〜」とかです。

 

牽制を使うタイミング

f:id:FPSgamer:20210225181757j:plain

上で紹介した2つの場面を詳しく解説していきます。

 

「味方を守るため」

f:id:FPSgamer:20210717185308p:plain

味方が逃げられるようにするためだったり、ノックダウンした味方を蘇生する時に使います。(別名:カバー)

 

体力に余裕があるプレイヤーが敵に向かって発砲するのが理想です。

攻撃が当たれば当たるほど敵も回復の手間が増えるので「キルをする」というより「怪我をさせる」ということを目標にすると良いでしょう。

 

「有利なポジションを守るため」

f:id:FPSgamer:20210204194734p:plain

ランクマッチなどでは強いポジションをとることで試合の展開を有利に進めることができます。当然強いポジションなので他のチームも狙ってきます。そういう時にも牽制が使えます。

 

・ 自分たちの場所に近づかせない

・ 自分たちより有利な位置に行かせない

 

という感じでかなり使います。実力にそこまで差が生まれないランクマッチだからこそ、有利なポジションを作るためにも牽制は使えるということも覚えておくと良いでしょう。

 

f:id:FPSgamer:20220306090440p:plain

 

ランクマッチで意識することについては別の記事を参考にしてみてください(※記事作成中 3/11)

 

牽制のやり方とコツ

f:id:FPSgamer:20220311193231j:image

牽制をするうえでポイントになるのは序盤に話した通り「威圧すること」です。なので極力、ビビらせる努力をすることが大切です。

 

また、牽制は威圧することが目的なので...

最悪、弾が当たらなくても良いです。

 

敵のいる位置に適当に撃っておきましょう。(※極力当てる努力はすべき)

牽制時の注意点は「被弾し過ぎないこと」「ノックダウンしないこと」です。同じ位置から何度も発砲していると敵の3人に集中砲火されて即落ちする可能性が高いので注意が必要です。

 

まとめ

f:id:FPSgamer:20211017034835j:plain

牽制は中級者以上にオススメのテクニックで、取得優先度は極めて低いです。初心者プレイヤーは「射線管理」「索敵」「立ち回り」等の基礎ができるようになってから、練習しましょう。

 

以上!「牽制ができると味方のノックダウンが減る!?やり方とコツ」についてでした。

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X