NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【Apex Legends】逃げる時にノックダウンしてしまう人必見!逃げ切るコツ

f:id:FPSgamer:20210720163321j:plain

逃げる時にノックダウンしちゃう...

そんな悩みを解決していきます。

 

この記事では、敵から逃げる時に被弾を減らす動き方についての解説をしていきます。

 

 

敵の位置を把握すること

f:id:FPSgamer:20210404154956j:plain

『Apex Legends』において「音が聞こえない」「位置が分からない」というのは致命的です。索敵関係は目で見るだけではなく音をしっかりと聞き取ることも大切になってきます。

 

この記事のキーワードは〝逃げる〟なので、敵に背を向けることが前提となります。背中に目がついているわけではないので半強制的に〝音〟を頼りにしなくてはいけません。

 

なので少し厳しいかもしれませんが「音は聞こえるけど、方向がつかめない。」という人は逃げ切るのが非常に難しいはずです。方向がつかめるデバイスを購入することをお勧めします。

(オススメのデバイスが知りたい人は一番下の『Nyagleの使用デバイス』を参考にしてみてください。)

 

被弾を減らすには

f:id:FPSgamer:20210711145725p:plain

逃げ切るために意識することは「視界に入らない」「当てづらい動きをする」という2点です。視界に入らないようにするためのコツを解説した後、当てづらい動き方について解説します。

 

射線管理

f:id:FPSgamer:20210720162544p:plain

逃げ切るために最も重要なのがこの〝射線管理〟です。「あ、これは撃たれない」「あ、これは抜かれる」と自分で気づけるくらいになれば、ほぼ完成です。

(射線が通る位置を把握しているプレイヤーは上のように自分で気づけるようになります。)

 

正直これに関しては経験です。

本当に解説のしようがないので、申し訳ないですが省きます。 

 

ただ冒頭でも話した通り、「音が聞こえない」とか「方向が分からない」というのは経験どうこうの話ではないのでデバイスに問題がある場合は早めに改善した方が良いと思います。

 

アビリティ ULT

f:id:FPSgamer:20210705115630p:plain

 基本的には「射線管理」を使って温存出来るようにしましょう。

 

じゃあどういう時に使うの??

 「開けた場所を走る時」や「着地後の硬直」など。射線が通るタイミングや隙が生まれるタイミングで使うのが好ましいです。

 

個人的におすすめのキャラはレイスです。アビリティの『虚空』が強いのは言わずもがなですが、足の速さが上がったりするのも魅力的です。索敵能力が高く音だけで射線を管理できるプレイヤーと相性が良いです。

 

(レイスの記事は現在作成中)

 

※他のキャラも使えますが、解説できるほど使いこなせていないのでレイスのみ記事にしています。

 

ウォールジャンプ

 戦闘中に使う場合は壁を蹴ってエイム外すテクニックですが、逃げる時は「クライミングモーション」をカットするために使います。

 

クライミングは結構隙が多いので大ダメージを受けやすいです。そんな場面で『ウォールジャンプ』を使えば無駄な被弾を減らすことが出来ます。

 

タップストレイフ

空中で方向を変えるテクニックで逃げる時に使えば、まっすぐ走るより被弾を抑えられます。これは冒頭で話した「当てづらい動きをする」に当てはまります。

上の動画では180度方向を変えていますが、使い方によっては右や左に移動することも可能です。

 

↓右曲がりの動画

 

 使いこなせれば撃ち合いでも強くなれるテクニックなので、覚えていない人は下記の記事を参考に練習してみてください!

 

ジグザグに走る

f:id:FPSgamer:20210720151927j:plain

ジグザグに走るだけです。「どうしても開けた場所を走らなければならない」そんな時に使います。

中距離や遠距離から撃たれている時に使うと非常に当てづらく厄介なため、嫌がらせだと思ってジグザグ走ってみましょう。

 

上で紹介した『タップストレイフ』と併せて使うと更に当てづらいです。

 

 

以上!「逃げる時のコツ」についてでした!

普段ツイッターでは「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X