にゃーぐる奮闘日記

アイコンの目を見て「ブラックホール」とか「ハナクソ」とか言わないでく

【Apex Legends】チャンピオンになれない人が意外とやってない〝牽制〟のコツ

f:id:FPSgamer:20200720184308j:image

こんにちは、にゃーぐるです。(@FPS_Nyagle

今回は最終局面で使える!不利ポジを作らないための〝牽制〟コツに関しての記事になっています。

有利ポジを最大限活かすためにも〝牽制〟は重要になってきます。しっかりとプレッシャーをかけることで勝率はかなり変わってくるので意識して使ってみましょう!

【Apex Legends】心理的に攻めて勝率を上げよう!勝てない面白くないを解消する戦術でほかの勝率を上げる心理テクニックを載せているのでなかなか勝てなくて悩んでいる人は読んでみてください!

blog.fpsnyagame.com

 

  • 牽制の種類
    • グレネードなどの投擲武器
    • アビリティ
      • コースティック
      • バンガロール
      • レヴナント
    • キメ撃ち(決め撃ち)
  • まとめ

 

牽制の種類

牽制を使うタイミングは2部隊から攻撃を受けたくない場合(挟撃対策)や有利位置などに行かせないようにするために「コソコソ隠れてるけど、俺ら見てるからな?」という意味合いで使ったりすることができます。4種類あるのでどういう場面で使うのがいいかなどもあわせて書いていきます。

グレネードなどの投擲武器

f:id:FPSgamer:20200720183633j:image

牽制として一番使いやすいグレネード・アークスター・テルミット。隠れていそうな位置や敵が来そうな位置に投げておくのが有効的です。敵が来るのを予測するためには経験も必要ですが初めのうちは〝リング収縮のタイミング〟に敵が来そうな位置に投げておくというのがオススメです。ダメージ表記が出たらポータルなどを繋いで一気に畳みかけましょう!

 敵が来そうな位置に関しては【Apex Legends】敵の位置がどこかわからない!抑えるべき索敵のコツ【PS4/PC】で詳しく解説しているので読んでみてください!

blog.fpsnyagame.com

 

アビリティ

アビリティは適当に使うだけでも心理的に攻めづらくなります。投擲系のアビリティを持っているのは以下の三人です。キャラによっては短所も存在するので使う場合はしっかり対策しておきましょう

コースティック

毒の入ってるタルを投げるアビリティです。一番牽制の中で害悪です。少し触れただけで『ダメージを負う+足が遅くなる』になります。当たればこれほど厄介な牽制はないので「敵が来たらいやだな~」と思う位置にあらかじめ幾つか設置しておきましょう!リング収縮のタイミングで自分から起爆させるのもあり

バンガロール

スモークを投げるだけのアビリティです。ただ敵がいそうだなという位置に適当に撃てば「お前らそこにいるのは分かってんだぜ?」という雰囲気も出せるのでもし敵がいたら焦らせて移動させることも可能です。

ただかなりの頻度で敵に利用されます。なんなら利用されて場所を変えられます。なので対策としてデジタルスコープを付けておくとかなり強力です。うまくアタッチメントでカバーしましょう!

レヴナント

最近流行りのレヴナントも投擲系のアビリティです。ただの赤いゴミを投げつけるというだけなのですが、当たるとアビリティやアルティメットが一時的に封印されるというものです。レジェンドをただの兵士にすることが可能というかなり害悪なアビリティなのでキメ撃ちで使ったり牽制で使ったりするのがおすすめ

ただ敵の位置を細かく判断したり「ここにいそうだな」と感じ取れるプレイヤー以外にはオススメできないキャラになっています。

 

キメ撃ち(決め撃ち)

銃を適当に撃ってればOK

弾がなくならないように注意しておきましょう。リング収縮のタイミングでしっかりと当てていくことが勝率を上げるうえで重要になってきます。

決め撃ちがわからない人は別記事で紹介しているので【FPS】決め撃ちの意味と使い方解説!使いこなせれば脱初心者!を参考にしてください。

blog.fpsnyagame.com

 

まとめ

リング収縮が勝敗を分ける!タイミングを逃さないようにしながら敵のいそうな位置や来そうな位置を考えながらプレイしてみましょう!

にゃーぐるはツイッターもやっているので勉強熱心な熱いゲーマーたちよ、集え・・・

 

 

続きを読む

【Apex Legends】心理的に攻めて勝率を上げよう!勝てない面白くないを解消する戦術

f:id:FPSgamer:20200715133641j:image

こんにちは、にゃーぐる(@FPS_Nyagle)です。この記事は約5分ほどで読みきれます。

今回は勝率を上げるために覚えておきたい心理的な戦術の紹介です。上級者の立ち回りを見ても「なにを考えて戦っているのかあんまり解からないなぁ・・・」という人向けになっています。かなり基礎的な内容になりますが少し覚えておくだけでかなり変わってくるので意識してプレイしてみましょう!

 

  • 心理的な戦術を使うとなぜ勝率があがるのか
  • 心理的に有利な戦術紹介
    • 敵より高所を取る
    • 待ち伏せをする
    • 漁夫の利
  •  まとめ

 

心理的な戦術を使うとなぜ勝率があがるのか

f:id:FPSgamer:20200715133925j:image

細かいことを学ぶ前になぜ勝率が上がるのかを話していこうと思います。(※めんどくさかったら飛ばして大丈夫です。)

大きく分けて2つあります。心理的に攻められると

  1. シンプルに気持ちが折れる(萎える)
  2. 逃げるか攻めるかでチームの判断が鈍る

数々の経験や修羅場を超えている猛者なら臨機応変に対応してきますが、ほとんどのプレイヤーは気持ちで負けることが多いです。気持ちで負けたプレイヤーは普段のパフォーマンスを出すことができず負けていきます。なので心理的に有利になる攻め方をすれば勝率に直結するわけです。

 

心理的に有利な戦術紹介

敵より高所を取る

f:id:FPSgamer:20200715134130j:image

よく立ち回りの解説動画でも見かける〝とにかく上をとれ〟というやつです。単純に上から下を撃つと頭から足まで全身が丸見えですが、逆に下から上を撃つと岩などで隠れてほぼ頭しか見えないという状態になります。なので敵より高所をとっていたほうが有利なわけです。

ただイチイチ解説しなくても感覚で大体のプレイヤーは理解しているはずです。この〝理解している〟ということが相手の隙を生みます。「下にいる=不利」というイメージから「ヤバイ!」「まずい!」などの焦りが生まれます。この焦りを何層にも重ねて冷静さを失くさせることを意識しましょう。

 

待ち伏せをする

f:id:FPSgamer:20200715134402j:image

卑怯とは言うまいな・・・

「正々堂々としてない」「汚い」「ゲスい」「人間のクズ」「絶対クラスで友達いない」「根暗」 多くの敵・味方・友達から呼ばれた異名は数知れず・・・〝待ち弾正〟にゃーぐるがオススメする最強戦術

 

 

待 ち 伏 せ

 

 

シンプルに待って懐深く潜り込んできたところを包囲・殲滅することが目的として作られたAPEX最強の陣形。ただ難易度も高いです。地形の把握・統率力の高さ・勝機を見逃さない才能 どれも必要不可欠な要素です。

まぁ、カッコつけて勝機だの統率力だの抜かしましたが実際のところ下の要点を押さえておけばなんとかなります。

 

下の4つを完璧にこなせたなら君も待ち伏せマスターだ。

  1. 敵に待ち伏せしていることを悟らせてはいけない
  2. 小さい範囲で広がるように布陣する
  3. 「高所をとる」と併用する
  4. 仕掛けるタイミングを味方と合わせる

一番重要なのは〝待ち伏せしていることを悟らせてはいけない〟ということです。なので待つときは徹底して待ちましょう。ただ一試合ずっと待っているわけにはいかないのでリング収縮時に狙うのがおすすめです。

f:id:FPSgamer:20200715124535j:image

 例としてはリング収縮の少し前から陣形を整えておくのがベストです。高ランク帯では逆に待たれている可能性があるので気を付けましょう。(青:味方 赤:敵の動き

 

漁夫の利

〝不意打ち〟はバトロワの常とう手段です。【Apex Legends】漁夫のタイミングと対策!成功するか見極めるコツ! で細かいタイミングや成功するかの見極め方に関して書いているので参考にしてみてください!

blog.fpsnyagame.com

 

 まとめ

心理的に攻めるときに意識することは〝焦らせること〟

性格が悪いけど口が悪くない。それが真の猛者なのかもしれない・・・

 

以上!にゃーぐるの心理的に攻める戦い方でした!ゲーマー兄貴たちはよかったらフォローよろしくお願いします! 

 

続きを読む

【Apex Legends】敵の位置がどこかわからない!抑えるべき索敵のコツ【PS4/PC】

f:id:FPSgamer:20200713035521j:image

こんにちは、にゃーぐるです。(@FPS_Nyagle

今回は索敵のコツについての記事になっています。約7分ほどで読むことが可能です。

この記事ではゲームをストレスなくプレイできる環境はあるが敵を見つけるのが下手という人向けの記事になっています。環境のせいかも・・・と思うプレイヤーは【FPS】流行のバトロワで敵が見えない!原因と対策一覧 - にゃーぐる奮闘日記で対策方法など書いているので読んでみてください。

blog.fpsnyagame.com

細かく説明するために複雑だったり長くなりそうな話は別記事に書いたりしている場合があります。なので行ったり来たりするのがめんどくさいという方はブックマークやシェアなどをして数回に分けて見れるようにすることをおすすめします。

 

  • 索敵のコツは可能性を考えること
    • 通り道を見る
    • 痕跡を探す
    • マップを見る
    • 有利ポジションを見る
    • 音を聞いて判断する
  • 組み合わせて索敵に磨きをかけろ!
    • 「マップを見る」+「音を聞く」+「通り道を抑える」
  •  最後に

 

索敵のコツは可能性を考えること

低いランク帯ではお互いが視認しあってからエイム勝負になるのがほとんどですが、高いランク帯になればどのプレイヤーも同等クラスのエイム力を持っているのでよほどのエイム力がない限り正面から撃ち合って百戦錬磨とはいきません。なので高ランク帯では先を読む力が必要不可欠になってきます。無意識でできるようになるにはある程度の経験が必要になってくるので初めのうちは下の内容を〝意識しながら〟やってみましょう!

通り道を見る

「通り道を見ること」は初心者からでもすぐ実践できる索敵術です。

f:id:FPSgamer:20200713151806p:image

画面全体からアリのサイズほどの敵を当たり前のようにポンポンと見つけるのは至難の業です。なので一番通る確率の高い〝道〟を抑えるようにしましょう!

 

痕跡を探す

f:id:FPSgamer:20200713040125j:image

いきなり某狩りのゲームのような表現になりましたが、痕跡を見つけることは重要です。

例えば途中までサプライボックスが開いているのに、そこから先が開いていない場合「もしかしたら誰かが漁っている最中なのかも・・・」という予測をすることが可能です。ただヤミクモに敵を探すより小さな変化に気づいて予測しながら探したほうが簡単に見つけることができます。

 

マップを見る

f:id:FPSgamer:20200713040224j:image

マップに敵の位置が表示されるわけじゃないし見なくても・・・

キルをするにしても接敵しないようにするにしてもマップを見ることはとても重要なんだよ

バトロワでは基本的にリングがあります。このリングを見ることが実は重要になってきます。合流地点になりやすい場所を軽く描いてみました。

f:id:FPSgamer:20200714132517p:image

リングを背中にして挟まれないようにしようとするパーティーがこの合流地点でぶつかることがよくあります。もし「もっと敵と戦いたい!」「キルがとりたい!」という人は積極的にリング際の合流地点に足を運んでみましょう!逆に「戦闘したくない」という人は大きく回って合流地点じゃないところから安置に入りましょう。

point

次リングの際を見よう!

 

合流地点で待ち伏せなどをしていれば心理的にも有利に戦うことができるのでおすすめだよ!

 

心理的に有利な状況を作り出すことができればかなりの確率で勝つことができるので別記事の【Apex Legends】心理的に攻めて勝率を上げよう!勝てない面白くないを解消する戦術 を読んでみてください!blog.fpsnyagame.com

 

有利ポジションを見る

「あそことかいるんじゃね?」くらいの感覚でみるのがコツです。場所によっては2試合に1回は絶対いるというような場所もあるので抑えておきましょう。(これは何度も試合をこなしていればわかるので解説しません。)

個人的に強いポジションの紹介(作成中)

 

音を聞いて判断する

f:id:FPSgamer:20200713040508j:image

今までは〝目で敵を見つける方法〟についてを書いてきましたがバトロワは基本的に〝音で判断して戦う〟のが醍醐味といっても過言ではないゲームです。なのでしっかりと銃声や足音などを細かく聞けるデバイスを選んでおきましょう!

僕の使っているデバイスを軽く紹介しているのでデバイスで選びで悩んでいる人は購入の参考にしてみてください!

 

 サウンド関係のデバイス記事

blog.fpsnyagame.com

 

組み合わせて索敵に磨きをかけろ!

 上の4つは索敵の〝基本〟です。慣れてきたらこれから書く組み合わせ技を試してみよう!「まだ基礎もできてないよ・・・」 というプレイヤーは基礎ができるようになった時もう一回この記事読みに来てね!

 

「マップを見る」+「音を聞く」+「通り道を抑える」

確率を考えながら通り道を抑えます。マップや銃声を頼りにどの位置から入ってくる可能性が一番高いのかを考えましょう。

この時一番重要になってくるのは自分の位置です。どの位置も一望できる完璧でスキのない有利ポジションをとれているなら油断さえしなければ大丈夫です。が、もし「あの位置に来られたら不利になるな・・・」と思う場所がある場合はしっかりと「コースティックの毒ガス」「ワットソンのフェンス」や投げモノなどで対策をしておきましょう。

 詳しい〝牽制〟のコツに関しては【Apex Legends】チャンピオンになれない人が意外とやってない〝牽制〟のコツからどうぞ!

blog.fpsnyagame.com

 

 最後に

ツイッターもやっているので勉強熱心な熱いゲーマーたちよ、集え・・・

 

 

 

 

 

 

続きを読む

【FPS】流行のバトロワで敵が見えない!原因と対策一覧

f:id:FPSgamer:20200706180327j:image

こんにちは、にゃーぐるです。(@FPS_Nyagle

今回はApex LegendsやPUBGなどのバトロワで敵が見つけられないという人向けの記事になっています。Apex内での設定やデバイスに関しての話を主にしていきます。

 

  • 覚えておいたほうが良い専門用語
    • fps(フレーム・パー・セカンドの略)
    • 垂直同期
  • ゲーム内の設定方法
    • 画面モードに関して
    • 解像度
    • 最大fpsの調整
    • デバイス(モニターやケーブルに関して)
    • PCのスペックに関しての話
    • 気持ちの問題と器用さ
  • まとめ

 

覚えておいたほうが良い専門用語

f:id:FPSgamer:20200706181002j:image

fps(フレーム・パー・セカンドの略)

一秒あたりにどれくらい画面が切り替わるかを数字にしてわかりやすくしたもの。(例:144fps)数字が高ければ高いほどヌルヌルになります。

FPS(ファースト・パーソン・シューティング)とは意味が全然違うので混同しないようにするために人によってはフレームレートやリフレッシュレートと呼んだりします。(細かい話をするとフレームレートとリフレッシュレートも少し違うのですがめんどくさいのでここではカットします)

 

垂直同期

どのゲームでも設定画面を開けば大体ある。デバイスとPC性能で発生するタイムラグを減らして画面がゴミにならないようにするという機能です。(※垂直同期をオフでプレイしていると上半分と下半分で画面が割れ、敵が上半身と下半身で分裂しているようにみえたり首から上がないように見えたりする。)

ここ最近はNVIDIA社が開発した「G-SYNC」や「FreeSync」などの自動で画像が割れないように調整してくれるものも存在しています。

 

ゲーム内の設定方法

f:id:FPSgamer:20200706181219j:image

APEXでおすすめの環境設定方法

(作成中)

 

それ以外は下に軽く書いておくので参考にして設定してみてください。

 

画面モードに関して

画面モードは「フルスクリーン」「ウィンドウ画面」「ボーダーレスウィンドウ(枠なし)」などがあります。

フルスクリーンモードが個人的におすすめです。ウィンドウ画面は論外なので設定しないようにしましょう。

 

解像度

  • 1280×720(16:9)
  • 1920×1080(16:9)

などがあります。カッコ内の比率のことをアスペクト比と呼びますが、そんなことはどうでもよくてここでは解像度とはいったい何なのか簡単に話します。

まずどっちのほうがクオリティが高く見えるのかという話ですが1280×720 < 1920×1080です。

クオリティが高い分使用しているPCの性能によってはfps(フレーム・パー・セカンド)が低下することがあります。

1280×720で90fpsを出す1920×1080で60fpsを出すかみたいな感じです。

クオリティを取るかヌルヌル感を取るかという感じになります。

 

Point

敵が見えないという人は解像度を1920×1080に設定してみましょう。もし設定を変更してfpsが下がってしまった人はスペックに問題がある可能性が高いのでゲーミング用のPCを新しく購入することをおすすめします。

 

今までは使えていたのにという場合は熱暴走の可能性があるので注意してみてください。

 

最大fpsの調整

適当にいじったりしていてうっかり最大fpsを下げてしまっていた。ということも捨てきれないのでしっかり確認しておきましょう。

 

デバイス(モニターやケーブルに関して)

f:id:FPSgamer:20200706182135j:image

fpsを出せるスペックのPCを持っているのにカクカクしたりして敵が見えないという人はモニターやケーブルの性能が足りていないGPUの設定などがうまくいっていないことがあります。

  • テレビなどを使っている場合は最大60Hzの場合があるのでゲーミング用の144Hz以上のモニターを購入しましょう。
  • 使っているケーブルが120Hz以上のモノかを確認しましょう。
  • NVIDIAがインストールされているか確認しましょう。

モニターやケーブルのHzが足りていないと仮にPCが144fpsを出せる性能を持っていたとしても60fpsしかでないなどの問題が起きたりするのでしっかり調べることをオススメします。

 

 

PCのスペックに関しての話

スペックが低い場合は垂直同期を試してみるか新しいPCを購入することをおすすめしています。

 

PUBGを30fpsで半年間プレイしていたにゃーぐる(執筆者)がいうことはただ一つ。

 

ゲーミングPCはケチらずちゃんとしたのを買いましょう!!!!!!以上!

 

気持ちの問題と器用さ

なんの問題もないなら気持ちの問題か器用さの問題になってきます。センスがあるプレイヤーは別のゲームなどで培った技術を知らず知らずのうちに使っている可能性があります。索敵する時に意識することなどを簡単にまとめているので【Apex Legends】敵の位置がどこかわからない!抑えるべき索敵のコツを参考にしてみてください。

blog.fpsnyagame.com

APEX以外にも使えるタイミングはあるから読んでみてね

 

まとめ

以上が「敵が見えない」という人によくあることです。自分の中で足りていないものはどれなのか考えてみましょう。

Twitterなどもやっているのでゲーマー兄貴たちはフォローよろしく!

 

 

 

 

続きを読む

【VALORANT】クロスヘア(レティクル)のおすすめ設定

f:id:FPSgamer:20200703064752j:image

こんにちは、にゃーぐるです。(@FPS_Nyagle

今回は『Valorant』のレティクルの設定についてです。

レティクルに正解はないので個人的にオススメの設定をいくつか紹介していきます!気に入ったのがあったら設定してみてね!

 

  • クロスヘア(レティクル)とは
  • クロスヘアの細かい用語解説
    • センタードット
    • インナーライン
    • アウターライン
  • おすすめのクロスヘア(レティクル)紹介
    • まとめ

 

クロスヘア(レティクル)とは

f:id:FPSgamer:20200629083131p:plain

腰撃ち時に画面に中央に表示されているものです。一言で言うなら照準です。『Valorant』ではこのクロスヘアの大きさや形などを自分好みに変更することが可能です。

頭にどっちが先に当てられるかで勝敗が決まってしまうゲームなのでしっかりと設定して最高のパフォーマンスを引き出せるようにしておきましょう!

 

クロスヘアの細かい用語解説

センタードット

センタードットはクロスヘアの中心に存在する点のことを指します。大きさ不透明度などを調整することが可能です。

インナーライン

インナーラインは十字線のことです。主に長さや厚さ、不透明度などを調整することができます。

アウターライン

アウターラインは移動したときの精度を表してくれます。ただどう動いたら精度が落ちずに済むのかなどを理解しているプレイヤーには不必要なラインだと思います。

初心者のプレイヤーはアウターラインをしっかり設定して効率のいい動き方や撃ち方などを学びましょう。

 

おすすめのクロスヘア(レティクル)紹介

f:id:FPSgamer:20200630043615p:plain

基本的なクロスヘアをギュッと小さくした感じ。結構な頻度で見かける。単純に小さいのでしっかりと狙うことが可能です。

【設定方法】

インナーラインの不透明度 1

インナーラインの長さ 8

インナーラインの厚さ 3

インナーラインのオフセット 0

センタードットとアウターラインの不透明度を0にしたら完成します。

 

f:id:FPSgamer:20200703041145p:plain

十字線を細くしてすこし伸ばした型。線が細くスタイリッシュな型なので敵をしっかりと視認しながら戦闘することができます。また輪郭を付けることで周りのテクスチャとメリハリがつき狙いやすくなります。

【設定方法】

輪郭の不透明度 1

輪郭の厚さ 1

インナーラインの不透明度 1

インナーラインの長さ 10

インナーラインの厚さ 3

インナーラインのオフセット 0

こちらもセンタードットとアウターラインの不透明度を0にしたら完成します。

 

f:id:FPSgamer:20200630043611p:plain

ヘッドで仕留めることにロマンを感じる変態やシンプルなデザインが好きだという人におすすめです。

基本的な十字のデザインと比べてかなりシンプルなデザインになっていて画面に1点しか表示されていないため心なしか集中することができます。

ちなみにですが、にゃーぐる(執筆者)はこのクロスヘアを使用しています。

【設定方法】

センタードットをオン

センタードットの不透明度 1

センタードットのサイズ 4

インナーラインとアウターラインの不透明度を0にして完成です。

 

まとめ

冒頭で述べたようにどのレティクルが正解というのはないので気に入ったレティクルを選んで使って見てください。この記事で紹介されたものの中に気に入ったものがなければ自作することもオススメです!

 

お わ り

Twitterなどもやっているのでよければ運営継続のためにもフォローよろしくお願いします!

 

 

続きを読む

【Apex Legends】シーズン5の2000ハンマーの取り方とオススメの武器【PC】

f:id:FPSgamer:20200605234658j:image

こんにちは、にゃーぐる(@FPS_Nyagle)です。

今回は2000ハンマーが取れないと言う人向けの記事になっています。

この記事では初心者の憧れであるハンマーバッジの取り方や立ち回りで意識することやダメージ稼ぎでオススメの武器などを紹介しています。

 

  • ハンマーバッジとは
  • 2000ハンマーを取る立ち回り
    • 戦闘の立ち回り(基本)
    • ダメージ稼ぎのコツ
  • ダメージ稼ぎにオススメの武器
    • R-301
    • トリプルテイク
  • 最後に

 

ハンマーバッジとは

初心者たちの憧れるバッジで、一試合のダメージ数が2000を越えることで取得することが可能です。

とはいえ初心者時代に一試合で2000ダメージを取るのは至難の技です。〝エイム力〟〝立ち回り〟〝決断・判断力〟どれも欠けてはいけないので1つずつ解決していきましょう。

 

2000ハンマーを取る立ち回り

流れを軽く説明しておきます。

  1. 2000ハンマー以外狙いに行きません。
  2. キルはがん無視で、露骨にダメージを稼いで行く方針になっています。

以上!頑張って行きましょう!

戦闘の立ち回り(基本)

戦闘で勝つことは第一前提です。勝てる上でハンマーを狙って行きましょう。

立ち回りをエイム力で補えるくら練習して上手くなれるならいいですが簡単には上手くなりません。なので覚えればすぐ使える立ち回りを優先して覚えることをオススメします。

これさえ覚えておけば勝率が一気に上がると言う初心者向けの立ち回りを  【Apex Legends】初心者必見!絶対に抑えておくべき基本の立ち回りを簡単に解説  に書いているので読んでみてください。

blog.fpsnyagame.com

無意識で立ち回れるようになったら2500・3000ダメージも狙えるよ!

 

ダメージ稼ぎのコツ

大前提の戦闘で勝つための立ち回りを学んだら次はダメージ稼ぎです。

この記事では〝漁夫〟と〝物資〟に気をつけながら近・中距離で戦闘していくのが基本的な立ち回りになっています。

オススメは2チームが戦いあっている所を横からスナイパーを使って嫌がらせする。これがオススメの立ち回りです。

 

ダメージを稼いで行くには〝確殺〟が重要になってきます。(※確殺と言うのはノックダウンした後にトドメをさすことです。)

絶対に勝てる!と確信した時は仲間がノックダウンさせた敵だろうが何だろうが確殺していきましょう。

 

ひとくちpoint

確殺にこだわり過ぎて、漁夫られたりカウンター受けたりしないようにしよう。

 

ダメージ稼ぎにオススメの武器

オススメ武器を紹介しています。基本的にリコイルが難しいものや偏差が難しいものなどは省いているので、強みを理解して使ってください。

R-301

f:id:FPSgamer:20200605234428j:image

安定性があり、初心者から猛者まで幅広いプレイヤーに愛用されているフルオート銃です。1発14ダメージで頭は28ダメージとなっています。この武器の長所は中距離戦です。

基本的にダメージ稼ぎではガンガン攻めることはないのでこの記事での立ち回りと最も相性の良い武器です。

 

ひとくちpoint

2倍スコープをつけると中距離戦の命中率も上がってダメージも伸びやすいからオススメ

 

トリプルテイク

f:id:FPSgamer:20200605234434j:image

3つの弾が飛び出る(消費弾は1)スナイパーライフル。1発が23ダメージで3発当たれば69ダメージという武器です。3発当たらなくても2発で46ダメージを出すことができるのでダメージを稼ぐのには持ってこいの武器です。

トリプルテイクは近・中距離戦で威力を発揮します。横に広がりながら3発飛んで行くので当たりやすく精密な射撃ができないプレイヤーにもオススメできます。

スナイパーは「チャージライフル」や「ロングボウ」などを強いと呼ぶプレイヤーが多いですが、ダメージ稼ぎで一番重要なのは強さじゃないです。何度も言いますが当てることです。

もちろん当てることができるなら別のスナイパーでも問題はありません。むしろ「チャージライフル」「ロングボウ」の方がオススメです。

 

ひとくちpoint

アタッチメントのプレシジョンチョークがあれば遠距離も戦えるようになりますが、個人的にはつけないほうがオススメ(当てづらくチャージの時間も必要とするため)

 

最後に

以上が2000ハンマーの取り方とオススメ武器でした。遠距離からダメージを稼ぐ方法もありますが、シーズン4くらいからは試合のテンポが早いイメージがあるので積極的に戦闘に絡んでいきましょう。

2000ダメージを出すには「開幕からガンガン倒して、2チームが戦ってるところを割って入って・・・」なんてしなくてもしっかり当てさえすれば取れるのでゆっくり堅実に戦ってみてください!以上!Twitterもやっているのでフォローよろしくお願いします!

 

バイバイ

続きを読む

【Apex Legends】にゃーぐるがオススメのデバイスを紹介する【PC】

f:id:FPSgamer:20200523021703j:image

こんにちは、にゃーぐる(@FPS_Nyagle)です。

今回は大人気バトロワ『Apex Legends』で生き残るために重要なデバイスを紹介します。

「Apex Legends」は従来のFPSゲームのように敵の位置がマップに出たりしないので〝足音〟や〝銃声〟を頼りに戦わなければいけません。ヘッドホン→マウス→キーボードと生き残るために重要なデバイスから順に紹介していきます。

嘘偽りなく良いところも悪いところも書いているので誰かのデバイス選びの参考になれば良いと思っています。

 

  • オススメのヘッドホン・イヤホン
    • HyperX Cloud Ⅱ
    • SHURE SE215 Special Edition  
  • オススメのマウス
    • Logicool G Pro Wireless
  • オススメのキーボード
    • Logicool G PRO X

 

オススメのヘッドホン・イヤホン

HyperX Cloud Ⅱ

購入したのがちょうど1年くらい前で当時は14000円くらいで購入したんですがなんか7000円くらいになってますね。なんか購入時より安くなってて悲しくなりました。

買った当時思ったことは「デザインがダサい」です。完全に僕の感性の問題なんですけどね、ゲーミングデバイスといったら黄緑色っぽいのだったり青っぽいイメージを持ってるわけですよ。

それでこれみたとき「あ!ゲーミングヘッドホンっぽい!」って思わなかったわけで、でもプロの使用率も高くて評価もいいみたいだし?と思って購入しました。

世間からは「7.1バーチャルサラウンドサウンドが〜」と色々言われているこの商品ですが音質に関しては

普通に聞きやすいです。

このヘッドホンを買って2ヶ月でPCゲーム自体初心者だった僕が2500ハンマーを取得することになります。WASDなどもあまり馴れていなかったのですが、初心者が一番苦労するであろう敵の位置把握や漁夫などは全く苦労しませんでした。

現在安くなっているので1万円前後でヘッドホンを探していると言う人は購入することを検討してみてほしい。

  

SHURE SE215 Special Edition  

僕は基本的に上で紹介した、 HyperX Cloud Ⅱ をメインで使っているのですが、気分転換などでこのイヤホンを使っています。

最大の問題点は「付け方が分かりづらい」

これだけです。耳の後ろにかける形になっています。馴れてしまえば特に問題なく使用することができますが購入して数日は「えーとどっちが左で、どっちが右だ?」ということがあります。

音質に関しては低音から中音がメインであまり高音は拾わないイメージです。篭りもあまりなく、とても聞きやすいです。

また3ヶ月ほど前に飼っているワンちゃんにイヤピース部分を食べられて分解された経験があるのですが、接合部分が外れてしまうだけで再度付け直したらなんの問題もなく音が聞けました。(※イヤピースはヨダレでびちょびちょになったので付属している予備のイヤピースに変更しました。)

現在はこんな感じ

f:id:FPSgamer:20200522230153j:image

僕と同じように犬に食べられてもこんな感じで替えがついているので安心です。

マイクや音楽を再生するボタンや音量調整ボタンも付いているハンズフリーイヤホンなのでゲーマーにも音楽を楽しみたい人にもオススメのデバイスになっています。

 

オススメのマウス

Logicool G Pro Wireless

ゲーマーなら誰もが知ってるであろう一品。

少し高いが文句が出ないくらい満足いくデバイス。DPIのボタンはマウスの裏についているから試合中変わることもなく、無線なのに遅延もない。充電も100%にすれば2〜4日は保つ(※執筆者は1日10時間ほど使用する)

 

悪いところは無し。

強いていうなら左右対称が仇となって持ちにくい。あとは有線に戻れなくなる。

 

「もっと上手くなってから〜」と言うプレイヤーは多いが妥協して5000円くらいの中途半端なマウス買うなら思い切ってこのマウスを選ぶことをオススメする。

執筆者の家には妥協して購入されたマウスたちが転がっているけどそれを眺めて「これでGpro買えたやん」ってかれこれ半年以上言ってるよ

 

オススメのキーボード

Logicool G PRO X

このキーボードの良いところは何と言ってもテンキー(一番右側についてる数字入力する場所)が付いていないこと。

テンキーが付いていないのでマウスを左にスイングしても干渉することが少ないです。昔は何度も試合中マウスがキーボードにぶつかるという問題に悩まされていたのですがこのデバイスを買ってからはほぼないです。※月に1回くらいはある。

まぁ、ただキーボードに関しては「赤軸が好き」とか「青軸が好き」とか色々あるので、店頭で触った方がいいと個人的に思っています。

 

ある程度デザインとかテンキーレスで探してメモしておこう、それから店舗にまわるのがにゃーぐるのオススメ!

 

 以上!にゃーぐるのオススメデバイス紹介でした!

 

 
続きを読む

【Apex Legends】ウォールジャンプ・壁キックのやり方!【PC】

f:id:FPSgamer:20200515134109j:image

こんにちは、にゃーぐる(@FPS_Nyagle)です。

今回は上級者や猛者・プロと呼ばれる人たちが使いこなすテクニック「ウォールジャンプ」についての記事になっています。

 

  • ウォールジャンプとは
    • 使える場所
      • 壁・塀
      • 棒・柱系 
  • ウォールジャンプのやり方 
    • キーバインド設定 
    • 使うボタン
    • やり方・タイミング 
  • 最後に

 

ウォールジャンプとは

f:id:FPSgamer:20200515133755j:image

壁をジャンプすることで「登りモーション」をカットするテクニックです。逃げにも攻撃にも活用することができます。

ある程度使える場所などは限定されてしまいますが使いこなせたら最強のキャラコンなので挫けずチャレンジし続けましょう!

 

使える場所

やり方を覚える前にどういうところで使えるのかを書いておきます。

壁・塀

f:id:FPSgamer:20200515130227j:plain

f:id:FPSgamer:20200515130245j:plain

棒・柱系 

f:id:FPSgamer:20200515130228j:plain

 

point

「一定の高さがあればOK」と覚えておくことが大切。高さが足りない物でウォールジャンプしようとするとただのクライミングになってしまうので注意しましょう。

 

ウォールジャンプのやり方 

キーバインド設定 

まずはキーバインドを設定します。ウォールジャンプに限った話ではないですがキャラコンを練習する上で一番重要になってくるのがキーバインドの設定です。しっかりと設定しておきましょう!

初期設定のキーバインドを極力崩さないようにしているのでまだ設定していないと言う人は【Apex Legends】キャラコン用のキーバインド・マウス設定【PC】を参考にしてみてください。

blog.fpsnyagame.com

 

使うボタン

  • WASD
  • ダッシュ(Shift)
  • スライディング(Ctrl)
  • ジャンプ(スペース&ホイール)

 

やり方・タイミング 

 まずわかりやすいように一連の流れを説明しておきます。

  1. 走って最高速度まで上げる
  2. 壁の手前でスライディングをしてさらに加速
  3. 勢いを失速させないようにしながらジャンプ(スペース)
  4. 壁と接触した瞬間にもう一度ジャンプ(ホイール)

 

※4だけは補足があるのでしっかり下記の内容を絶対に読んでから練習してみてください。

 

4は壁にぶつかる時「W(前進)」を入力しないこと!

いままでのキャラコンでは「入力しない」ということがないので少しハードルが高いかもしれません。スライディング後は「W」を押さない。これだけ意識して練習してみましょう!

僕はジャンプをホイールに割り振ってるからスライディング後は左手で何も押さないよ!パー!

 

操作に慣れてきたらこんな感じで戦闘中でも使えるようになります。周りのプレイヤーが普段使わないような斬新な戦闘スタイルなので対策されづらく意表をついた動きができれば相手を焦らせ発砲するタイミングを遅らせることも可能です。

この遅らせることができる戦闘テクニックは他に「パスファインダーのグラップルを使った急襲」などがあります。ただアビリティを使わずできる技はウォールジャンプくらいしかないので、もしこの技を極めることができたら周りと圧倒的な差をつけることができます。

 

point

1度目のジャンプはタイミングを気にすることがないのでスペースを使ったジャンプでいいですが、2度目のジャンプはタイミングがシビアなので(スペースを連打してるのと同じ効果のある)ホイールジャンプを使った方が成功率が高いです。 

 

最後に

以上がウォールジャンプのやり方でした!ウォールジャンプは他のキャラコンと比べてもタイミングがシビアで実践で使うのは類い稀なセンスが必要になってきます。

実践で使いこなすためには〝エイム力〟〝空間把握能力〟〝正確なコマンド入力〟〝自信のどれも欠けてはいけません。「ウォールジャンプは問題なくできるのになぁ・・・」と感じている場合は他の3つが出来ていない可能性があるので1つずつ改善していきましょう!

 

ツイッターもよく更新するのでフォローしてくれると嬉しいです!

バイバイ!

続きを読む