NYA-GAME

ゲームと生きているのだ

【APEX】バンガロールの使い方と立ち回り【初心者向け】

バンガロールの立ち回りがわからない....

 

という初心者向けの記事になってます。かなり分かりやすく書いてるので約5分で読めます。

 

この記事が向いてる人

・バンガの特徴を知りたい人
・バンガのスキルの使い方が知りたい人
・バンガの立ち回り方が知りたい人

 

 
 

 

  • この記事が向いてる人
  • バンガロールについて
    • パッシブ 『駆け足』
    • 戦術アビリティ 『スモークランチャー』
    • ULT『ローリングサンダー』
  • スモークランチャーの使い方・立ち回り
    • 金デジを使って戦う
    • カバーとして使う
    • 味方の蘇生時
  • ローリングサンダーの使い方・立ち回り
    • 足止めとして使う
    • リングが狭くなったら使う
  • 最後に(まとめ)

バンガロールについて

足止めや援護などのサポーターからアサルターまで幅広い守備範囲を持つ万能キャラ。なんやかんやで結構使いやすくてオススメ。

まずはキャラの固有能力から解説するニャ!

パッシブ 『駆け足』

パッシブは生きている間ずっと発動している能力。

 

バンガロールのパッシブは「被弾すると足の速さが上がる」って感じです。自分のタイミングで足を速くできるわけではないので注意。

 

ちなみに変則的に移動速度が変わることでかなり当てづらいです。また、この後解説するスモークランチャーも併用できれば、ゴキブリ並みの生命力を誇るバンガと化します。

キャラコンも合わせて覚えるとさらに強力...!

 

戦術アビリティ 『スモークランチャー』

戦術アビリティは「Q」を押して発動する小技。

 

『スモークランチャー』は煙を出して射線を切るスキルです。自分の身を守ったり味方を助けるために使ったりします。

 

ULT『ローリングサンダー』

ULT(アルティメット)は大技。必殺技。

 

『ローリングサンダー』は自分の投げたマーカーの上空から広い範囲に爆撃が落ちてくるスキルです。あたった敵プレイヤーはダメージ+足が遅くなる(スタン状態)になります。

※味方の場合はスタンのみ。

 

ちょっとでも当たれば意外と長い間動けなくなるので、ダメージを稼ぐというより時間を稼ぐというイメージを持つことが大切。

詳しいことは立ち回りはこの後話すニャ!

スモークランチャーの使い方・立ち回り

基本的には自分を守るため・味方を守るために使います。

 

自分の足元にスモークを焚いて逃げたり、敵側に向けて撃ってリポジションさせたりといろんな使い方が出来るのでかなり便利な能力です。

 

金デジを使って戦う

敵も味方もスモークがあるだけで、まともに狙うことが難しくなります。そんな時に役に立つのが金デジです。

 

上の画像のように敵が透けて見えるので、スモークを焚くときに味方全員が金デジをつけていると一方的に攻撃をすることが可能です。一個の戦略として覚えておくと良いでしょう。

 

カバーとして使う

自分に余裕がある時は味方を逃すために使ってあげましょう。

 

別記事でバンガロールの細かいカバー方法について解説しているので、そちらをご覧ください。

 

味方の蘇生時

味方を蘇生する時にも使えます。味方のところにスモークを展開することで射線が通りづらくなるので、蘇生成功率が上がります。

 

スモークを展開するだけでも敵によっては「蘇生する!」と勘違いして詰めてきてくれることもあるため、駆け引きとしても使えます。

 

ローリングサンダーの使い方・立ち回り

基本的に「ローリングサンダー」は攻める時には使うのはNG。

 

前述した通り、効果的にダメージを稼ぐというより時間を稼ぐというイメージが強いULTです。

 

なので、攻める時に使うと自分達が爆撃範囲に入ってしまい、爆発まで待たないといけない状態になります。

態勢を立て直したい時に使う!それを覚えておくにゃ。

 

足止めとして使う

「ローリングサンダー」は広範囲に展開される爆撃です。また着弾してから爆発まで少し時間があるのも特徴です。

 

(※ダメージは1発40前後で当たると走れなくなる)

とにかく敵にカスれば動きが鈍くなるので、敵を撒いたりカウンターしたりと次の選択肢が増えます。

 

リングが狭くなったら使う

広範囲の爆撃なのでダメ稼ぎとスタン狙いで使いましょう。

 

ただ自分たちも当たったらスタン状態になるということを考えて爆撃が当たらない位置から使ったり、アビリティを使って回避するのがおすすめです。

 

最後に(まとめ)

バンガロールは本当に万能なキャラでキャラコンなどを極めれば、なかなか倒しきれないしぶといキャラと化します。

 

以上が『バンガロールの使い方・立ち回り』の解説でした。

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいっす。

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【APEX】ジブラルタルの使い方と立ち回り【初心者向け】

ジブラルタルの立ち回り難しい....

 

という初心者向けの記事になってます。かなり分かりやすく書いてるので約5分で読めます。目次長いけど文は短い。

 

この記事が向いてる人

・ジブの特徴を知りたい人
・ジブのスキルの使い方が知りたい人
・ジブの立ち回り方が知りたい人

 

 
 

 

  • この記事が向いてる人
  • ジブラルタルについて
    • パッシブ 『ガンシールド』
    • 戦術アビリティ 『プロテクトドーム』
    • ULT『防衛爆撃』
  • プロテクトドームを使い方
    • ひらけた場所で使用
    • 隙のできるタイミングで使用
    • 味方の蘇生時
  • 防衛爆撃の使い方
    • ドームと併用して蘇生
    • 高所の敵に向けて使う
    • リングが狭くなったら使う
  • 最後に(まとめ)

ジブラルタルについて

蘇生や援護などのサポーターとしての活躍がメインになるキャラ。とはいえ攻める時も援護が可能なため、完全に守りだけのキャラではないです。

まずはキャラの固有能力から解説するニャ!

 

パッシブ 『ガンシールド』

パッシブは生きている間ずっと発動している能力。

 

ジブラルタルのパッシブは「ADS時(エイム時)にシールドが出て、被ダメを減らせる」って感じです。対面での撃ち合いはずば抜けて強い。

 

なので、基本的にはADSで戦闘できるようになっておきましょう。ちなみに耐久(※50ダメで壊れる)もあるので注意。

ガンシールドは時間で復活するから安心ニャ!

 

戦術アビリティ 『プロテクトドーム』

戦術アビリティは「Q」を押して発動する小技。

 

『プロテクトドーム』は障害物を作り出して射線を切るスキルです。攻める時やカバーする際によく使います。

 

また、ジブラルタルがドーム内で蘇生すると蘇生時間が短くなる点も魅力的です。

 

ULT『防衛爆撃』

ULT(アルティメット)は大技。必殺技。

 

『防衛爆撃』は自分の投げたマーカーの上空からピンポイントに爆撃が落ちてくるスキルです。

 

自分たちを守るために使う爆撃から確殺まで幅広い運用方法があります。使える幅が多いため、臨機応変に使いこなしていきましょう。

詳しいことは立ち回りはこの後話すニャ!

プロテクトドームを使い方

基本はチーム全体の進行方向に出す

 

敵側に攻めてる(前進してる)時は前置き。逆に押されてる時は後ろ置き。これができないと敵に使われたり、腐ったりすることになるので注意

 

ひらけた場所で使用

一番シンプルです。遮蔽物がない時などに使います。ドームが消えるまでは背後からの射線を切ることができる。

 

隙のできるタイミングで使用

f:id:FPSgamer:20220706161815j:image

「落下硬直」「レイスポータルの出口」「クライミング時」などの隙ができる場所にドームを展開します。そうすることでカウンターを未然に防ぐことができます。

 

味方の蘇生時

味方を蘇生する時に使います。意外とドーム内蘇生の場合は蘇生音が聞こえづらいので「ドーム」→「蘇生」の流れはできるようになっておくと良いでしょう。

(※金バックがあるとかなり強い)

防衛爆撃の使い方

よく使うものをピックアップしました。基礎的なものから順に並べてみました。知ってるやつは無視してOK。

 

ドームと併用して蘇生

「防衛爆撃」→「ドーム」→「蘇生」の順で使います。防衛爆撃がカバー役として機能する事で蘇生時に敵がドームに入って来づらくします。

(※防衛爆撃とドームは逆でもOK。敵との距離によって順番が変わってくる。)

 

高所の敵に向けて使う

ジブラルタルの『防衛爆撃』は序盤で説明した通り、投げたマーカーを中心に〝上空から〟援護爆撃が来ます。

 

そのため、自分たちのいる建物の上を別チームが取っていたり、有利ポジ(高所)の敵目がけて使うとブッ刺さるのでオススメです。

 

リングが狭くなったら使う

ランクマッチなどの後半で使います。後半の安置は比較的狭いので、かなり刺さります。

 

こんな感じで全員巻き込んでダメージを与えておくことで最後の乱戦を有利に進めることが可能です。

最後に(まとめ)

f:id:FPSgamer:20220617221058j:image

ジブラルタルはヒットボックスが大きいこともあり、集中的に狙われがちです。

 

だからこそ、堅実な動きが求められます。

射線管理やヘイト管理で自身の被弾を減らすことを意識すると生存率が上がりますよ!

 

以上が『ジブラルタルの能力と使い方・立ち回り』の解説でした。

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいっす。

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】キャラ別のカバー方法と立ち回り

キャラ別の立ち回り方が知りたい!

 

今回はそんな悩みを解決していきます。目次をタップすればキャラのとこまで飛べるよ!

 

この記事が向いてる人

・キャラ別のカバー方法を知りたい
・スキルを使って態勢を整えたい
・スキルの使いどころが知りたい

 

 

今回はアビリティやULTを使ったカバー方法を解説していきます。


アビリティやアルティメットを使わないカバーについてはこれ読んでちょ。

 

 

  • この記事が向いてる人
  • いろんなタイプのカバー
  • キャラ別のタイプ解説
    • ジブラルタル
      • 1⃣ 「プロテクトドーム」のカバー
      • 2⃣「 防衛爆撃」のカバー
    • バンガロール
      • 1⃣ 「スモークランチャー」のカバー
      • 2⃣ 「ローリングサンダー」のカバー
    • ブラッドハウンド
      • 「全能の目」のカバー
    • レイス/ パスなどの逃げキャラ
      • 逃げスキルを使ったカバー
  • 最後に(まとめ)

いろんなタイプのカバー

カバーと言ってもいろんな種類があります。各キャラの能力でも何タイプなのかを見極めることで立ち回りを見直すことにもつながります。

 

長所を生かしていくニャ!

・援護タイプ
・足止めタイプ
・威圧タイプ
・妨害タイプ


この4つが基本です。キャラによっては攻撃としても使用できる「攻撃タイプ」もありますが、今回はカバーなので守り以上の話はしません。

 

攻撃としての運用方法や各キャラの詳しい立ち回りも知りたいという人は、各キャラの下にキャラ別の解説記事のリンクを貼っておくのでそちらをご覧ください。

キャラ別のタイプ解説

キャラには固有のスキルがあります。その固有を生かしたカバー方法をここでは解説していきます。

 

ジブラルタル

ジブラルタルは即座に遮蔽物を作り出す『プロテクトドーム』をはじめ、攻守共に使えるULT『防衛爆撃』などを持っています。

またドーム内では蘇生が早くなるので、まさに「守りの専門家」と言った感じです。

 

1⃣ 「プロテクトドーム」のカバー

『プロテクトドーム』は援護タイプ

 

「味方が逃げられなさそう」「射線が通り過ぎてる」と感じた時に使うことでノックダウンを防ぐことが可能なアビリティです。この時、『ドームファイト』ができるようになっておくと最高です。

 

(ドームファイトの記事は作成中...)

 

ドームの中に敵が入ってくるというのはよくあるので「ドームを出して終わり」ではなく味方を守りぬくことが最終目標ということを忘れないように。

 

2⃣「 防衛爆撃」のカバー

『防衛爆撃』は威圧タイプ/ 足止めタイプ

 

カバーで使う際は相手に当てるというイメージではなく、自分たちの周りに落として攻めさせないという使い方がオススメです。

 

また蘇生時にドームと併用することで、〝援護〟〝威圧〟〝蘇生〟の3つを同時に行えるのでピンチの際は併用することも視野に入れておきましょう。

 

バンガロール

バンガロールは広範囲にミサイルが落ち、時間差で爆発する『ローリングサンダー』や即席で敵の視界を妨害する煙幕を焚ける『スモークランチャー』が魅力のキャラ。

 

1⃣ 「スモークランチャー」のカバー

『スモークランチャー』は妨害タイプ

 

割と飛距離があるため、自分以外を守るためにも使うことができるのが利点です。味方が逃げる先を予測してスモークを焚いてあげると、敵からの射線が通りづらくなり逃げ切りやすくなります。

 

2⃣ 「ローリングサンダー」のカバー
『ローリングサンダー』は足止めタイプ

 

ジブラルタルの『防衛爆撃』ほどピンポイントに落ちないので、攻撃として使うには火力不足ですが、広範囲攻撃のため妨害するのに使うにはもってこいです。

 

こんな感じでアルティメットは展開されるので、自分の足元で使うか敵側に投げるかは追ってきてる敵との距離によって変わってきます。

 

ブラッドハウンド

ブラッドハウンドは広範囲に広がるソナー『全能の目』で敵を索敵するキャラ。またULTを使えば、アビリティのクールタイムも短くできるので戦闘中に連発可能。

 

「全能の目」のカバー

『全能の目』は威圧タイプ

 

「敵が詰めてくる!」と気づいた時が使いどころです。索敵範囲に入るとカウンターを警戒して敵も詰めるに詰めれません。また、エイム力があればより威圧としての効力を発揮します。

 

エイム力があればあるほど効果アリ。
(※Nyagleもよくビビる。猛者のブラハにスキャンされたら迂闊に攻めれない。)

 

レイス/ パスなどの逃げキャラ

逃げるのが得意なキャラクターであれば、なんでもアリです。(※オクタンやバンガロールなども可)

 

逃げスキルを使ったカバー

逃げスキルを使ったカバーは援護タイプ

 

「味方が逃げ切れるように時間稼ぎする時」に使います。自分の体力が余ってる場合は、迫ってくる敵に牽制をかけて敵チーム全体の侵攻速度を下げてあげましょう。

 

大ダメージを与えられれば、敵も回復するために足が止まります。これが狙いです。キルするのが目的ではないということだけは覚えておいてください。

最後に(まとめ)

味方が不利な状況の時はカバー。態勢が整ったら攻めることを視野にいれる。

これを味方全員が雰囲気で把握できるようになるとチームの足並みが自然と揃うようになります。

 

気を配れるようになるには。慣れと経験。

 

 

以上!『キャラ別のカバー方法と立ち回り』の解説でした。

ツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しています!フォローしてくれると嬉しいです!

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】戦場を掌握する「ヘイト管理」【中級者向け】

ヘイト管理ってなに?やり方は?

 

今回は射線管理と同じくらい大切な「ヘイト管理」についての解説をしていきます。約5分ほどで読み切れます。

 

この記事が向いてる人

・最後のひとりになりやすい人
・ヘイト管理がわからない人

・戦闘中なにをすればよいかわからない

 

「ヘイト管理」ができるとこんなメリットが!

 

 

 

  • この記事が向いてる人
  • ヘイト管理ってなに?
  • ヘイト管理のやり方
    • ヘイトを集める
    • ヘイトを仲間に移す
    • フリーな状態
  • カバーについて
  • 最後に(まとめ)

ヘイト管理ってなに?

ヘイト管理とは「敵が誰を狙っているのか」を把握しながら戦うことです。

正直、ちゃんと音を聞いて分析できれば、すぐに使えるようになります。

 

初めのうちは自分がフリー(自由に動ける状態)かどうかを見極められるようになりましょう。

 

ヘイト管理のやり方

  1. ヘイトを集める
  2. ヘイトを仲間に移す
  3. フリーな状態

 

おぼえておいてほしい流れはこの3つをループさせることです。どこが起点でも構いません。ということで少し細かく説明します。

 

ヘイトを集める

味方の体力が低い状態の時によく使います。

少し考えてみてほしいですが、「味方の体力が低い」というのは言い換えるなら「(味方が)ヘイトを集めていた」と同じ意味になります。

 

ここで自分が銃を撃つこと(ヘイトを集めること)で、体力の低い味方はノックダウンしづらくなります。

 

ヘイトを仲間に移す

仲間にヘイトを移します。

上手いプレイヤーなら察してヘイトを買ってくれますが、野良でやる場合は仲間にヘイトを向けさせるくらいの気持ちでやろう。

 

基本的には味方の後ろまで退けばOK。

 

フリーな状態

f:id:FPSgamer:20220622111736j:image

味方がヘイトを買ってくれてる(押し売り)ので、「体力が低いなら回復」「体力が多いなら戦闘に参加」というのが基本的な動きです。

 

自分はノーマークなので体力に余裕があるなら、別位置から攻めて敵の陣形を崩すのもあり。

カバーについて

ただの「ヘイト管理」の応用だと思ってください。大した差はありません。

 

・「ヘイト管理」+「グレ」
・「ヘイト管理」+「アルティメット」
・「ヘイト管理」+「牽制」

 

といった感じで、合体させてるだけです。

最後に(まとめ)

野良でプレーする場合は、ヘイト管理ループに無理やり持っていくということが大切になります。

 

フルパの場合は3人ともヘイト管理が出来るとストレスなく、短期間での早期決着が可能になるので友達にも教えてあげてね。以上『ヘイト管理』の解説でした。

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいっす。

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【APEX】レイスの能力と使い方・立ち回り【初心者向け】

レイスってどういうキャラ?

 

という初心者向けの記事になってます。かなり分かりやすく書いてるので約5分で読めます。目次長いけど文は短けぇ。

 

この記事が向いてる人

・レイスの特徴を知りたい人
・レイスの使い方が知りたい人
・レイスの立ち回り方が知りたい人

 

 

 

  • この記事が向いてる人
  • レイスについて
    • パッシブ 『虚空からの声』
    • 戦術アビリティ 『虚空へ』
    • ULT『ディメンションリフト』
  • レイスの立ち回り方(基本)
    • 先頭を走る
    • 別動隊として展開する
  • ポータルの使い方
    • 退きポータル
    • 攻めポータル
    • 救出ポータル
    • ロングポータル
  • 最後に(まとめ)

レイスについて

異次元に入ることで無敵状態になれるキャラ。サポート~攻める時のキッカケ作り役と幅広い場面で活躍します。

まずはキャラの固有能力から解説するニャ!

 

パッシブ 『虚空からの声』

パッシブは生きている間ずっと発動している能力。

 

レイスのパッシブは「敵に見られたかどうか分かる」って感じです。主に不意打ちの対策になったりします。

 

こんな感じでパッシブが発動した時はセリフが出るので見逃さないようにしましょう。

 

戦術アビリティ 『虚空へ』

戦術アビリティは「Q」を押して発動する小技。

 

『虚空へ』は異次元に移動して実体を消す技です。当然、弾などもすり抜けるため非常に強力です。

クールタイムがそれなりにあるため、極力温存して戦うことを意識すると良いでしょう。

 

ULT『ディメンションリフト』

ULT(アルティメット)は大技。必殺技。

 

『ディメンションリフト』はレイスが作成した入口と出口の2点をすばやくワープすることができる技です。

f:id:FPSgamer:20220617221220j:image

味方も敵も使用することができるため、味方に使う場合は救助を目的とし、敵に使う場合はカウンターを目的とすることが多いです。

レイスの立ち回り方(基本)

レイスは『虚空へ』を使えば、味方と少し離れて動いても無傷で合流できるキャラです。その特徴を戦闘で生かしていくのが基本。

 

先頭を走る

パッシブ『虚空からの声』が発動することで、敵からの不意打ちや待ち伏せを防ぐことが可能。防げなくても『虚空へ』で逃げれる。

 

別動隊として展開する

味方と2人と1人(レイス)に分かれて展開する戦闘方法です。レイスが別動隊として機能することで相手の射線管理が難しくなります。

 

敵3人が突っ込んでくる場合、展開すると味方2人が瞬殺されるので注意が必要。

ポータルの使い方

f:id:FPSgamer:20220617221025j:image

よく使うものをピックアップしました。基礎的なものから順に並べてみました。知ってるやつは無視してOK。

 

退きポータル

f:id:FPSgamer:20220617221029j:image

撤退する時に使うポータル。部隊が壊滅しそうだと思ったらポータルを引いてあげよう。

(※ちなみに早くポータルを引きすぎると「ビビり過ぎ」「お前が逃げなきゃ勝ててた」とかクソヤジが飛んでくるから注意。地味に戦況を把握する能力が求められる。)

 

攻めポータル

完全にリスク管理。「緊急脱出用の逃げ口として置いておくだけ。」くらいの気持ちで使うのが正解。

(※「お前ULT使ってる?」とか煽られたら無言で攻めポを使おう。)

 

救出ポータル

味方を救出するためのポータル。慣れないうちは自分が安全な位置(高所や建物中)を確保してからポータルを引くのがオススメ。

 

ちなみに仮にポータルに入ってきたとしても音をしっかり聞いていれば、カウンターすることが可能です。

 

ロングポータル

ランクマッチなどの最終リング時にパルス内と安置を繋いでいったり来たりして時間を稼ぐポータルです。

 

f:id:FPSgamer:20220617213046j:image

高いランク帯になれば最終リングで7人くらいがゴチャゴチャするのでそれを回避するためにもレイス使いは覚えておくと良いでしょう。

最後に(まとめ)

f:id:FPSgamer:20220617221058j:image

以上が『レイスの能力と使い方・立ち回り』の解説でした。

パスファインダーなどの解説もしているので、興味がある人は読んでみてください!

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいっす。

 

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

 
ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

 

続きを読む

【Apex Legends】ハンマーバッジの取り方とダメ稼ぎのコツ

f:id:FPSgamer:20220522123432j:image

ハンマーバッジが欲しい....

 

という人向けの記事になってます。目次をタップすれば自分の読みたいところまで飛べます。無駄なところ読まなきゃ4分。

 

この記事が向いてる人

・ハンマーについて楽しく知りたい人
・ハンマーバッジを取ってみたい人
・ダメージの稼ぎ方が知りたい人

 

 

 

  • この記事が向いてる人
  • ハンマーバッジってなに?
  • 取り方・戦い方
    • 確キルについて
    • 近距離が苦手な人へ
  • 3000/ 4000ハンマー
  • まとめ

ハンマーバッジってなに?

ハンマーバッジとはキャラごとに存在するバッジで、一試合に与えたダメージが一定の数値を越えることで取得できます

存在するハンマーは下の画像を参考にしてみてください。

ハンマーの前に書いてある数値より高いダメージを一回でも出せば、取得可能です。(※カジュアル/ランクのどちらでも取得可)

 

全キャラにハンマーを付けたい場合は、各キャラでダメージを出す必要があるから注意

取り方・戦い方

f:id:FPSgamer:20220516092222j:image

基本的には近距離~中距離での戦闘がおすすめです。おすすめの理由としてはこんな感じです。

・前線にいることで連戦できる
・確キルを狙ってダメ稼ぎ出来る
・将来のためになる

 

えー、初手で核心に迫ります。

f:id:FPSgamer:20220518120533j:image

たくさん戦えば自然とダメージは増えます。それが真理。近距離戦で強くなりたいならこれ読んでくれ。

 

確キルについて

確キルとは、ノックダウンしている敵にとどめを刺すこと。


ここでは何故トドメさすことがハンマーと関係するのかについてをサラッと解説していきやす。

 

f:id:FPSgamer:20220516092215j:image


こちらは画質ごわごわレヴナントくんたちです。こうなってる敵がいたらダメ稼ぎチャンスです。実はこの状態(ノックダウン時)の敵にもちゃんとダメが入ります。

 

この無抵抗なプレイヤーを倒すだけで最大100ダメ稼げるってわけ。

 

なんか....お得。

 

近距離が苦手な人へ

「エイム力がない」「足音がわからない」という問題を抱えていることで近距離が苦手な人もいると思うので、そういう人はスナイパーで頑張りましょう。

 

たんたんと強ポジでダメージを稼ぐ。

 

とはいえ、偏差撃ちとか激ムズです。

最近(2022/5月上旬)のAPEXのランクマッチは仕様が変わったことで、中距離戦がなんとなく増えた気がします。なので、この機に中距離戦で稼いでみても良いかも。

3000/ 4000ハンマー

f:id:FPSgamer:20220518115801j:image

基本的な戦い方は変わりません。ただ、3000や4000を出すには初動での戦闘やどれくらい接敵できるかなどが大切になってきます。

 

見つけて瞬殺する。これが重要です。

 

漁夫がうますぎると逆に4キル200ダメみたいになってハンマーが取りづらいので、体力フルの敵を倒すことを心がけましょう。(※イメージとしては横槍/ 奇襲)

 

・強すぎる友達とやらない
・激戦区降り
・ジャンプタワーを活用

・ヴァルキリーで索敵

・終盤はバッテリーを使わせる

 

ほかにも高いダメージを出すために意識していることをピックアップしておいたので、参考にしてみてね。

まとめ

ここまでの内容ができれば取れると思いますが、終盤まで生き残ることが必須です。

なので「野良で組むのか」「フルパで組むのか」で武器の構成や立ち回りを変えてみるのがオススメです。(※安定性が違うため)

 

なにごともトライ&エラーの精神が大切です。あきらめずに何度もチャレンジしよう!

 

以上!『ハンマーの取り方とダメ稼ぎについて』でした!

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】被弾を抑える技術「ピーク撃ち」の解説【中級者向け】

少ない体力での撃ち合いで絶対勝てない!

そんな人向けの内容になっています。大体3分くらいで読み切れます。

 

この記事が向いてる人

・ピークについて知りたい人
・少ない体力で敵に勝ちたい人
・タイマンでの戦い方を知りたい人

 

 

今回は食らうダメージを減らす技術「ピーク撃ち」の解説をしていきます。

 
 
 

 

  • この記事が向いてる人
  • 「ピーク撃ち」とは?
  • ピークを使うための前提条件
  • やり方と使い方
  • ピーク時に意識すること・注意点
    • 同じところから何度も出ない
    • 一定のリズムでピークしない
    • 一瞬だけ出るを極める
  • まとめ

「ピーク撃ち」とは?

岩やコンテナなどの遮蔽物から一瞬だけ身体を出して射撃するテクニックです。ピーク(Peek)というのは英語で「ちらっと見る」「覗きみる」という意味があります。

 

『レレレ撃ち』は隠れる場所がなかったり時に使う〝足掻き〟みたいなものです。まぁ、棒立ちよりはマシ理論です。『ピーク撃ち』は逆に隠れる場所がないと使えないテクニックです。もっとも堅実で特殊部隊を彷彿させるスタイルと言えるでしょう。

 

ちなみに余談ですが、一瞬だけ身体を出すという戦闘スタイルから瞬間火力の高い「ショットガン」「ウィングマン」などが相性の良い武器になっています。

ピークを使うための前提条件

f:id:FPSgamer:20220410134751p:plain

まず一番最初に押さえておかないといけない点は...敵の位置を知ることです。

 

敵の位置を知ることは「立ち回り」や「撃ち合い」に大きく影響します。

ここだけは絶対に無視しないでほしいニャ!

 

言うまでもないですが、先に撃たれると不利です。また、撃たれた位置も悪いと地の利もなく、体力もないという状況に陥ります。この状況から巻き返すのはかなりしんどいので、そうならないように前提として『索敵』『射線管理』はできるようになっておきましょう。

やり方と使い方

f:id:FPSgamer:20220407044406p:plain

まずは足音などで敵の位置を把握します。エイムを敵のいるであろう位置に置いて、身体を出して撃ちます。

 

f:id:FPSgamer:20220408145919p:plain

ほんの一瞬だけ顔を出して撃ちます。発砲後は元の位置に戻ります。

 

これだけです。

 

被弾を減らすためには〝相手に見られてる時間を減らすこと〟が大切です。非常にシンプルですが、結構使うのでスムーズに出来るように反復練習しておきましょう。

ピーク時に意識すること・注意点

f:id:FPSgamer:20220804155018j:image

何度も同じ敵に「ピーク撃ち」を使っていると相手もタイミングを合わせてくるので、食らうダメージが増えてしまいます。

 

なので、ここではタイミングを合わせられないようにする方法をサラッと解説します。

・同じところから何度も出ない
・一定のリズムでピークしない
・一瞬だけ出るを極める

 

同じところから何度も出ない

同じところから何度も出ないというのを心がけるのが大切です。これは『ピーク撃ち』に限った話ではなく、普段も意識してみると大ダメージを食らう回数が減ります。

 

f:id:FPSgamer:20220409101059p:plain

例をあげるならこんな感じ。何回かは右側から出て『ピーク撃ち』します。

 

f:id:FPSgamer:20220409101102p:plain

その後、クライムしたり左側から出たりして、少し別の位置から撃ちます。

 

少し出る位置をずらすだけでも、反応が少し遅れます。その一瞬で単発銃を使って40~50ダメくらい与えられれば、「理想」のピークと言えるでしょう。

ちょっと工夫して動くのが大切だニャ〜

 

一定のリズムでピークしない

f:id:FPSgamer:20220804161107j:image

上で話した「同じところから出ない」と理屈は同じです。大ダメージを食らう原因は決まって〝シンプルで予想しやすい動き〟です。

同じところから何度も出てくるモグラたたきほど簡単なものはなく、さらに同じリズムで出てくるとなると3歳児ですら100点を出すことができるヌルゲーと化します。

 

f:id:FPSgamer:20220804214309j:image

ならどうすれば良いかですが、出る場所をちょこちょこ変えながらリズムをずらせばよいだけです。そうすればモグラは叩かれづらく、プレイヤーはダメージを食らいづらくなる。

 

ランダム要素だにゃ。

 

一瞬だけ出るを極める

ピークは一瞬だけ身体を出して攻撃するチクチク攻撃がベースの戦闘スタイルです。大ダメージを狙うに越したことはないですが、被弾しないなら10ダメ与えるだけでも良いわけです。(ダメージトレード的に)

 

なので、ジャンプしたりしながら使うと非常に強力です。身体もほとんど出ないので被弾を限りなく少なくすることが可能です。

※ジャンプを使う際も先述した通り、「同じところから出ない」を意識することを忘れずに。

まとめ

f:id:FPSgamer:20220220072234j:plain

ピーク撃ちはシングル系の銃がオススメです。(※ウィングマンやショットガンなど)

理由としては「一瞬だけ身体を出す」という撃ち方と非常に相性が良いからです。特にショットガンなどは〝一瞬で〟90ダメ前後でます。相性が良い武器とだけ覚えておきましょう。

 

フルオートを使うなら3〜5発くらいで隠れるのがちょうどいい。

 

以上!被弾を抑える技術「ピーク撃ち」の解説【中級者向け】でした!

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む

【Apex Legends】攻めるタイミングと攻め方【初心者講座】

f:id:FPSgamer:20220320145150j:image

攻めたいけど...いつも最初に撃たれる....攻めるの怖い。

そんな悩みを解決していきます。

 

今回は攻めるタイミングと攻め方の解説をしていきます。

 

 

  • 見られているかを確かめる
  • 攻める位置を決める
    • 細かい工夫例
      • ① リポジション
      • ② 味方に合わせる
  • 攻めるタイミング
  • まとめ

見られているかを確かめる

f:id:FPSgamer:20220311193231j:plain

ステップ1は自分が見られているかを理解することです。

この見極め方は非常に簡単で自分が「撃たれているか」「撃たれていないか」だけで判断できます。

 

「自分を撃ってくる」すなわち「敵が視認している」ということになります。そんな位置から攻めれば、大ダメージを受けるのは当然です。

 

警戒されてない位置から攻めるのが定石。

 

このことを覚えておくだけでも、攻める時に大ダメージを食らいづらくなります。基礎の基礎ですが大切なことなのでしっかり覚えておきましょう。

攻める位置を決める

f:id:FPSgamer:20210815065840p:plain

ステップ2はステップ1の結果をもとに攻める位置を決めることです。上でも話した通り〝警戒されてない位置から攻める〟というのが基本になります。

 

撃たれている」
   ↓
「視認されている」
   ↓
「その位置から攻めない」

 

この考え方が当たり前のようにできるようになると攻める時の場所に悩まなくなります。

 

相手が警戒しているから銃の弾がこちらに飛んでくるわけで、その警戒されている場所から攻めれば的になってしまいます。なのでステップ1で「撃たれている」場合は場所を変える等の工夫が必要になるわけです。

 

細かい工夫例

f:id:FPSgamer:20220320121831j:image

① リポジション

相手が警戒している位置から別の位置に移動することです。※極力相手にバレないように移動するのが良い)

 

警戒している場所から攻めないというだけでも被弾を減らせます。さらにバレずに移動すれば無警戒の位置から攻撃を通すことも可能になるので、有利な場面を作りやすくなります。

 

② 味方に合わせる

f:id:FPSgamer:20220109162146p:plain

味方が別位置から近距離戦闘に持ち込んでくれたら、警戒が解けるはずです。状況によってはリポジションをせずに突っ込んでよいです。

 

「リポジション」を使うにしても「味方に合わせる」にしても警戒されていない位置から攻めるということが共通になります。そのことを見極めるポイントにしてみましょう!

 

攻めるタイミング

f:id:FPSgamer:20211213171635j:plain

話がかなり変わりますが、「Apex Legends」をやっていると戦況がこう着することがたまにあります。(にらみ合い)

 

こういう時の攻め方についても軽く解説しておきます。攻める時はスタートが肝心なので、覚えておいて損はないでしょう。

 

「キッカケを作る」

 

これに限ります。

グレネードを投げる。アルティメットを使う。アビリティを使う。どんなことでもいいので、急に攻めるのではなく〝なにかしらのアクションを起こす〟ことを意識しましょう。

 

このアクションを起こした時に大ダメージが入れば体力有利が取れるので、その流れで攻めたりするのが堅実です。

 

まとめ

f:id:FPSgamer:20220320122052j:plain

みんなで足並みを揃えて「よし!攻めよう!」となった時に大ダメージを食らうのは正直、戦犯です。

不意打ちなら仕方ないですが、隠れる場所がないところを突っ切たりして大ダメージを食らうのは〝動きがあまい〟と言われても仕方ないです。射線管理などもしっかりできるようになっておきましょう。

 

この記事で覚えた知識を戦場でも生かしてみてください!以上!攻めるタイミングと攻め方【初心者講座】でした!

 

普段はツイッターで「テクニックの記事」や「初心者講座」などを不定期で投稿しているので、フォローしてくれると嬉しいです。

Nyagle の使用デバイス

(※リンク先はすべてAmazonに飛びます)

ヘッドホンHyperX Cloud Ⅱ
イヤホン   →SHURE SE215
マウス       →Logicool G Pro Wireless
キーボードLogicool G PRO X

 

 

続きを読む